仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

by BITTIMES

オランダの仮想通貨企業である「Libereum(ライベレアム)」は、スペインのサッカークラブである「Elche CF(エルチェCF)」を430万ユーロ(約5億4,000万円)で買収したことを2018年12月26日に発表しました。同社は自社で発行しているERC20トークン「LIBER」をスタジアム内での決済手段として利用していくことを計画しています。

こちらから読む:仮想通貨発行や買収の報告が相次ぐ「サッカー業界」関連ニュース

Libereum(LIBER)とは

Libereum(ライベレアム)はオランダを拠点とする仮想通貨企業です。同社はスポーツ業界でユーザーネットワークを構築することを目指しており、イーサリアム(Ethereum/ETH)の技術に基づいたERC20トークンである「Libereum(LIBER)」を発行しています。

同社は以前からサッカークラブを買収することを目標の一つとして掲げており、長期的な目標としては「時価総額トップ10の仮想通貨」になることを目指しています。具体的な取り組みとしては、買収を行なったサッカークラブに関わりのある様々な場面での支払いに「LIBER」を使用できるようにすると説明されています。

今回の買収は、同社がこれまで行なってきた取り組みの中でも"特に重要なステップ"であり、今後はさらなる事業拡大に向けた活動が行われていく予定だと伝えられています。

仮想通貨で「エルチェCF」を1部リーグに

Elche-CF

Elche CF(エルチェCF)は、スペイン2部リーグに所属するサッカークラブです。1923年に創設されたエルチェCFは、約38,750人を収容できる「Estadio Manuel Martínez Valero」をホームスタジアムとしています。1部リーグに所属していた期間も長いエルチェCFは、税金の未払いや不透明な経営体制が指摘され、2015年に1部リーグから降格させられていました。

Libereumは、公式発表の中で「LIBERトークン」を上手く活用してエルチェCFを2〜3シーズン中に再びスペイン1部リーグに返り咲かせることを目標にしていると語っており、チケットやグッズの販売やスタジアム内での飲食物の購入で「LIBERトークン」を使用できるようにすることなどを計画していると説明しています。

同社は以前、オランダのサッカークラブである「Roda JC Kerkrade(ローダJCケルクラーデ)」の買収も計画していたものの、最終的に"買収は失敗した"と報告されています。しかし今回の発表では、エルチェCFの買収のために430万ユーロ(約5億4,000万円)を内金として準備していると説明しており、確実に買収できることになったと説明されています。

Libereumに関する詳しい情報は以下のリンクをどうぞ
>Libereumの公式サイトはこちら

スポーツの分野の中でもサッカー業界は特に仮想通貨との関わりが強く、2018年だけでも非常に多くのサッカークラブが仮想通貨関連の発表を行なっています。最近の報道ではブラジルのプロサッカークラブであるAtlético Mineiro(アトレチコ・ミネイロ)が「ガロコイン(GaloCoin/GLC)」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行することを発表しています。仮想通貨を活用しているサッカーチームがこれからどのように発展していくのかには注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ユヴェントスFC「公式トークン」発行へ|ブロックチェーン投票でファン参加型のチーム運営

ユヴェントスFC「公式トークン」発行へ|ブロックチェーン投票でファン参加型のチーム運営

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

米Krakenにシバイヌ上場か|BINANCEは「SHIB/DOGE」取引ペアを本日追加

米Krakenにシバイヌ上場か|BINANCEは「SHIB/DOGE」取引ペアを本日追加

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

Bitget「KCGIプリカーニバル」正式スタート!50,000USDTなどの賞品を提供

Bitget「KCGIプリカーニバル」正式スタート!50,000USDTなどの賞品を提供

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

クラーケン独自のNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」ベータ版公開

クラーケン独自のNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」ベータ版公開

新たなミームコイン「ビッグアイズ」はシバイヌとドージコインを冗長化させるか?

新たなミームコイン「ビッグアイズ」はシバイヌとドージコインを冗長化させるか?

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す