イーサリアム(ETH)時価総額ランキングでリップル(XRP)から「2位」を奪還

by BITTIMES

仮想通貨時価総額ランキングでは、イーサリアム(Ethereum/ETH)とリップル(Ripple/XRP)のランキング争いが続いています。2018年11月半ばには、XRPがETHを追い抜き2位の座を保っていましたが、2019年1月2日にはイーサリアムが再び「2位」を獲得しました。

こちらから読む:2018年11月16日「XRP」がETHの時価総額を超えた日

イーサリアム(ETH)過去2週間で「44.4%」上昇

仮想通貨の時価総額ランキングではビットコイン(BTC)が依然として不動の1位を確立していますが、2位、3位に関してはイーサリアム(Ethereum/ETH)リップル(Ripple/XRP)がほぼ互角の状態で競い合いを続けています。

少し前までは「イーサリアム」が2位として長く君臨していましたが、Ripple(リップル)社とエックスアールピー(XRP)が昨年急速な成長を続けたことなどによって、2018年11月半ばからは「XRP」がETHを上回っていました。

2018年の終わりまでは「XRP」が2位を維持していましたが、2019年1月2日時点では再び「ETH」が2位の座を取り戻したことが報告されています。

2019年1月3日 仮想通貨時価総額ランキングトップ3(画像:coinmarketcap.com)2019年1月3日 仮想通貨時価総額ランキングトップ3(画像:coinmarketcap.com

記事執筆時点では、ETHとXRPの時価総額の差は「約1,000億円」となっています。過去24時間の変化は「ETHが8.74%」「XRPが1.98%」となっています。XRPの価格にはそれほど大きな変化はみられていないものの、ETHの価格は上昇を続けており、過去2週間では「44.4%」の回復を見せています。

Ethereum:価格回復の「要因」は?

イーサリアム(ETH)の価格上昇の要因としては、主に以下のようなことが関係しているとみられています。

迫るハードフォーク「コンスタンチノープル」

イーサリアムは近い将来に、重要なアップデートである「Constantinople(コンスタンチノープル)」を控えています。イーサリアムはもともと全部で合計4段階のアップデートを計画しており、第一、第二段階のハードフォークはすでに完了しています。

3回目のアップデート「メトロポリス(Metropolice)」は、「ビザンチウム(Byzantium)」と「コンスタンチノープル(Constantinople)」の2回に分けられており、今回のコンスタンチノープルが完了することによって、正式にメトロポリスのアップデートが完了することになります。

コンスタンチノープルは「マイニング報酬の減額」「データ保存のコスト変更」など複数の変更が含まれた「"イーサリアムキラー"と呼ばれる複数のアプリケーションに対抗するための重要なアップデート」であり、価格への影響も大きいとされてきました。本来の予定では2018年11月に完了する予定となっていましたが、開発者たちがバグを発見したことなどの影響から「2019年1月頃」にまで延期されることが発表されていました。コンスタンチノープルは価格上昇を招く重要な要因の一つであると言えるでしょう。

2018年の「売られ過ぎ」

イーサリアムは2018年に「売られ過ぎ」として度々指摘されてきました。昨年の下落率はビットコインが「85.5%減」だったのに対して、イーサリアムは「95%」近く下落しており、複数の専門家が"過剰な売り"を指摘をしていました。しかしイーサリアムの技術を活用したプロジェクトは世界中で順調に進められており、開発者の数も増加していることなども報告されているため、「価格が回復するのは当然のことである」といった見方も出ています。

複数の専門家の強気予想

このような理由などから、仮想通貨やブロックチェーン技術に詳しい複数の専門家たちは以前からイーサリアムの将来に楽観的な意見を語っていました。

イーサリアムの共同設立者でありブロックチェーン企業ConsenSys(コンセンシス)の創設者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は昨年12月にイーサリアムのインフラを支える3つの主要製品のユーザー数が順調に増加していることをあげ、イーサリアムの"真の価値"は時価総額以上だと語っていました。

またGoogle(グーグル)の元CEOであるEric Emerson Schmidt(エリック・エマーソン・シュミット)氏もイーサリアムを非常に高く評価していることを語っており、この他にも非常に多くの著名人たちがイーサリアムを賞賛しています。

世界中の仮想通貨プロジェクトを支えているイーサリアムは、このような圧倒的な信頼に支えられているため、アップデート前の安値で購入しようとしている投資家も多いと予想されます。現時点での時価総額はXRPと比べると大きな差は付いていないため、今後も競い合いが続くと考えられます。2019年はETHのXRPの成長にも注目です。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2019年1月3日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、2018年12月28日以降上昇を続けており、2019年1月3日時点では「1ETH=16,443円」となっています。

2018年11月27日〜2019年1月3日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月27日〜2019年1月3日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TAOTAO:2,000円がもらえる「リップル(XRP)100円台回復記念キャンペーン」開始

TAOTAO:2,000円がもらえる「リップル(XRP)100円台回復記念キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

Google Finance「暗号資産価格・ニュース」などの情報掲載開始|BTC・ETHなど4銘柄

Google Finance「暗号資産価格・ニュース」などの情報掲載開始|BTC・ETHなど4銘柄

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月18日〜24日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

イラン政府:禁止されていた仮想通貨マイニングの「再開」を許可

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す