「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

by BITTIMES   

NASADAQ(ナスダック)メディアチームのバイスプレジデントであるJoseph Christinat(ジョセフ・クリスティナット)氏は、以前から噂されていた「ビットコイン先物取引」の提供開始予定時期を"2019年前半"に予定していることを正式に明かしました。同氏は実際にサービスを開始するためには米商品先物取引委員会(CFTC)からの承認を得ることが条件となっていること語っています。

こちらから読む:以前から話題の重要ニュース|NASDAQの「ビットコイン先物取引」計画

先物取引「2019年上半期」に開始予定

bitcoin

世界における証券取引所の時価総額ランキングで2位に位置付けられている「NASDAQ(ナスダック)」は、仮想通貨業界で以前から注目を集めていました。ナスダックの「ビットコイン先物取引計画」に関する情報は2017年11月や先月末にも報じられており、2019年第1四半期には正式に提供が開始される可能性があるとして話題となっていましたが、これは正式な発表ではなかったため、半信半疑なものでもありました。しかし今回の発表は、NASADAQ(ナスダック)メディアチームのバイスプレジデントであるJoseph Christinat(ジョセフ・クリスティナット)氏からの公式発表だと伝えられています。

このことを報じた英国メディア「The EXPRESS」は、同氏が2019年前半には「ビットコイン先物取引」を開始することを語ったと報じています。クリスティナット氏は、実際に先物取引を開始するためには米商品先物取引委員会(CFTC)からの承認を得る必要があるとも語っていますが、ナスダックは5年も前からブロックチェーン関連の取り組みを続けてきており、最善の努力を尽くしてきているため、来年にはサービス開始が実現するだろうとの考えを語っています。

ビットコイン先物取引は、来年の上半期に開始する予定です。現時点では米商品先物取引委員会(CFTC)からの承認を待っている段階ですが、私たちはそれを論理的な水準まで引き上げれるよう努力を続けてきました。

市場ではNASDAQの取り組みについて様々な憶測や噂が行き交っていますが、私たちにその確認を取ろうと考える人々はいないようなので、ここではっきりと伝えておきます。私たちはビットコイン先物取引のサービス開始に向けた取り組みを行なっており、それは実現します。

当社はビットコイン先物取引を実現するために膨大な資金と労力を長期間に渡って費やしてきました。私たちは仮想通貨市場が混乱し始めるよりもずっと前からこれらの取り組みを続けてきているため、仮想通貨市場の混乱が先物取引の公開時期に影響を与えることはありません。たとえ何が起きようとも引き下がるつもりはありません。

Bakkt「複数の仮想通貨」提供との報道も

bakkt

ビットコイン先物取引の開始に向けた取り組みを行なっているのはNASDAQだけではありません。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)を中心として、Microsoft(マイクロソフト)やStarbacks(スターバックス)などの大手企業が協力して立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」も2019年1月24日にビットコイン先物取引の開始を予定しています。

また、同じく米国最大級の金融サービス会社である「Fidelity Investments」も仮想通貨関連会社を設立し、機関投資家向けのサービス提供に向けた取り組みを行なっていると発表しています。

これらの金融機関の多くは、当初2018年内のサービス開始を予定しているとも語っていたため、現在はサービス開始のための準備もほぼ整ってきている状態であると考えられます。最近の報道では、Bakktはビットコインだけでなく、その他複数の仮想通貨を取り扱う可能性があるとも報じられています。2018年の仮想通貨市場は下落が続いていましたが、来年、米商品先物取引委員会からの正式な承認がおりてこれらのサービスが開始されれば、仮想通貨市場は再び大きな回復を遂げる可能性があります。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月5日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、11月29日に50万円近くまで上昇しましたが、その後は再び下落しており、2018年12月5日時点では「1BTC=約438,000円」で取引されています。

ビットコイン価格については、今後さらに22万円近くまで下落するとの予想も出ているため、来年のビットコイン先物取引開始までの期間でさらに価格が下落する可能性があるとも考えられます。

2018年11月21日〜12月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月21日〜12月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨「GHOST」発行へ|PoS採用でプライバシーも保護

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

仮想通貨が使える旅行代理店「More Stamps Global」対応銘柄は40種類以上

仮想通貨が使える旅行代理店「More Stamps Global」対応銘柄は40種類以上

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す