「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

by 伊良部   

「Facebookのメッセンジャーを使って拡散している不正マイニングマルウェア( Google Chrome 拡張機能)感染被害が拡散しているのでご注意を。」
上記の注意喚起を呼びかけているのは、東京に本社を置くトレンドマイクロ株式会社です。
同社の米国版トレンドマイクロ・ラボ・ブログで発表された注意喚起は、
「Facebook のメッセンジャーで不審なビデオファイルを開くと、仮想通貨モネロをマイニングする Chrome 拡張機能ファイルがダウンロードされる。」
というものです。

仮想通貨モネロを不正マイニングする「DIgmine」

仮想通貨モネロマルウェアdigmineの仕組み
利用者の意図とは関係なく、不正に仮想通貨モネロをマイニングする Google Chrome の拡張機能を「 Digmine(ディグマイン)」とトレンドマイクロ社は名付けています。
この Digmine は、Facebookのメッセンジャーを媒介として、広がっている新種のマルウェアです。
メッセンジャー上で、ビデオファイルの URL リンクを送信し、リンクを踏むと感染します。
この Digmine に感染すると、感染者が開いている Google Chrome ブラウザが再起動され、Chromeの拡張機能を強制的にダウンロード、モネロのマイニングが長期にわたって行われます。
すでに韓国・ベトナム・アゼルバイジャン・ウクライナ・ベトナム・フィリピン・タイ・ベネゼエラなど、複数の国で感染が確認されています。
このマルウェアの厄介な部分は、
「あなたの Facebook フレンドに、あなたの Facebook アカウントを使って、勝手にビデオファイルの URL を送信する。」
ことです。
あなたと Facebookで繋がっている全てのフレンドにマルウェアを感染させる可能性があるということです。
この機能がより感染を拡大させているとトレンドマイクロ社は見ているようです。
ちなみに感染するにはいくつかの条件があり、
「 Google Chrome で Facebook メッセンジャーをログイン状態で利用している人」
にのみ感染します。
現在のところモバイルアプリで利用している方の感染は確認されていないようなので、感染の勢いはそこまで大きいものではないでしょうが、
「 Facebook アカウントの乗っ取り」に近いものですので、その他様々な危険を孕んでいます。注意をしてください。
あなたの SNS などで拡散・注意喚起をしていただければ被害を最小限に食い止めることができますので、可能であれば、拡散をしていただければと思います。
ソース:TrendmicroLabs SECURITY INTELLGENCE Blog 「Digmine Cryptocurrency Miner Spreading via Facebook Messenger」より
 
関連記事
>>「仮想通貨マイニングスキャンダル「全米3大ニュースサイトCBSでも」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す