Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者であり、イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者でもあるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が、ブロックチェーン技術と人工知能(AI)を用いた予測分析会社エンドール(Endor/EDR)に参加する予定であることが2019年2月4日に明らかになりました。

こちらから読む:仮想通貨業界の重要人物「Charles Hoskinson」関連ニュース

未来予測を多くの人々に|Endor

エンドール(Endor/EDR)は、ブロックチェーン技術人口知能(AI)を基盤とした予測分析プラットフォームを開発しているイスラエルの企業です。2014年に設立された同社はトークンプレセールで4,500万ドル(約50億円)を調達しており、
・Coca-Cola(コカ・コーラ)
・Walmart(ウォルマート)
・Mastercard(マスターカード)
などの大手企業と協力してプロジェクトに取り組んでいます、

Endor社が開発を進めている未来予測のプラットフォームは「Endor.coinプロトコル」と呼ばれるものであり、最先端の情報科学技術を一般企業や個人でも利用できるのが最大の特徴です。

「未来予測のプラットフォーム」とは、膨大なデータを分析することによって、将来的に起こる可能性の兆候を事前に高い精度で予測するための、様々なサービスを支える基盤となるものです。Endor社は、現在約500社の大手企業の独占状態となっている情報科学の分野を民主化することを目的としており、ユーザーからの複雑な質問に対して、高品質な予測結果を数分で提供することができる世界初の「自動セルフサービス型予測プラットフォーム」の開発に取り組んでいます。

Endor(EDR)に関する詳しい情報はこちら

新たな「戦略的プロジェクト」を主導

Cointelegraph(コインテレグラフ)の情報によると、ホスキンソン氏はEndor社に上級顧問として参加し、
・仮想通貨業界
・分散化
・ブロックチェーン戦略
に関する指導と助言を行うと説明されています。また、詳細は明らかにされていないものの、ホスキンソン氏は新しい戦略的プロジェクトを主導する予定であるとも伝えられています。

Cointelegraphは、プレスリリースの中で「Endor」のCEO兼共同設立者であるYaniv Altshuler(ヤニブ・アルトシュラー)氏は「Cardano」や「Ethereum」に関する研究を通して培われたホスキンソン氏の専門知識を強調していると説明しており、今後のプロジェクトにホスキンソン氏が関与することについても概説されていると報じています。

ホスキンソン氏は最近、仮想通貨市場が2017年の最高値を突破するには『11年かかる可能性がある』と語っており、その時には"今とは全く違うエコシステム"になっていると語っています。さらに同氏は、今後の仮想通貨業界を発展させるためには機関投資家の参入を促し、より安定した市場を作っていくことが重要であるとも語っています。

天才数学者としても知られるホスキンソン氏が加わるEndor社がこれから展開していく新たなプロジェクトには期待が高まります。

2019年2月5日|エンドール(Endor/EDR)の価格

エンドールプロコトル(Endor Protocol Token/EDR)の価格は、過去30日間に渡って4円前後での推移を続けています。今回の報道による大きな価格変動は見られておらず、2019年2月5日時点のEDR価格は「1EDR=3.27円」となっています。

2019年1月6日〜2019年2月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月6日〜2019年2月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す