Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

by BITTIMES   

アマゾン(Amazon)と仮想通貨に関する話題は数年前から数多く取り上げられてきましたが、依然として同社から「仮想通貨関連サービスを提供する」といった発表は行われていません。しかし、最近行われたアンケート調査では、アマゾンに暗号資産の取り扱いを希望する声が確実に高まっていることが明らかにされています。

こちらから読む:株価チャートが"ビットコイン"と類似している?「Amazon」関連ニュース

アマゾンに「仮想通貨の販売」を希望する消費者

「Investing.com」が最近公開した調査報告書では、Amazon(アマゾン)の利用者たちは仮想通貨を含む様々な商品を購入したいと考えていることが明らかにされています。

この調査は、Amazonの買い物客「1,013人」を対象にアンケートを行ったものであり、回答者の45%が男性、55%が女性であったと報告されています。参加者の年齢は18歳〜84歳まで様々であり、平均年齢は37歳だと報告されています。

このアンケートでは「Amazonでどのような製品を購入したいと思うか」という質問に対して、回答者の12.7%が"仮想通貨"と回答しています。

Amazonで販売されていないその他の製品としては、
・コンピューター:72.9%
・ヘルスケア:15.3%
・医療用大麻:13.5%
・クーポン・お得商品:10.6%
・処方薬:9.3%
などが含まれています。

この調査では、回答者の3人に1人が「Amazon」で毎月何かしらの商品を購入していることが報告されており、調査に参加した人に43%は「ショッピングモールでは買い物しない」と回答しています。

Amazonで毎月使用する金額に関しては、
ベビーブーマー世代(*1)は、約102.14ドル(約11,200円)
ジェネレーションX世代(*2)は、約118.78ドル(約13,000円)
ミレニアル世代(*3)は、約123.49ドル(約13,500円)
を使用すると回答しています。
(*1)ベビーブーマー世代:1946年〜1964年頃までに生まれた世代
(*2)ジェネレーションX世代:1960年代初頭〜1970年代に生まれた世代
(*3)ミレニアル世代:1980年代〜2000年代初頭に生まれた世代

仮想通貨発行はいずれ現実に:BINANCE CEO

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao/CZ(ジャオ・チャンポン)氏は、先日『Amazonは遅かれ早かれ仮想通貨を発行することになるだろう』と語っています。

同氏は仮想通貨決済の利点について「従来の決済システムよりも遥かに簡単に導入することができ、迅速かつ安値に支払いを処理しつつ、事務処理も減らすことができる。幅広い年齢層にアプローチすることができるし、場所も問わない」と説明しており、なぜインターネットベースのビジネスで仮想通貨決済を導入しないのかがわからないと語っています。

また最近では、Amazonの販売業者が頻繁に利用している送金会社「WorldFirst社」が急遽米国内での事業を撤退することを発表したため、このような影響などからAmazonが仮想通貨を採用する可能性が高まっているとの意見も見られています。

Amazonは2018年11月に、
・Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)
・Amazon Managed Blockchain
という2つのブロックチェーン関連サービスを発表しています。また同社は、2017年の時点で仮想通貨関連のドメインを取得していることも明らかになっているため、仮想通貨関連サービスの提供を開始することはそれほど難しいことではないと予想されます。

ユーザーからの「仮想通貨関連サービスを求める声」が今後さらに高まれば、Amazonで仮想通貨を購入したり、使用したりできる日が訪れる可能性もあると考えられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す