データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

by BITTIMES

米国の大手自動車メーカーであるゼネラルモーターズ(GM)の金融部門である「GM Financial」は、データセキュリティを強化するためにブロックチェーンスタートアップ「Spring Labs」のパートナープログラムに参加したことを2019年2月11日に発表しました。

こちらから読む:GMがセキュリティ強化に活用する「ブロックチェーン技術」とは

自動車金融業界の「データ管理標準」向上を推進

General Motors Financial Company(GM Financial)は、Spring Labsの「Spring Founding Industry Partners(SPIF)」と呼ばれるプログラムに参加します。

記事執筆時点で20社が参加しているこのプログラムでは「金融機関/データ提供者/技術パートナー」が協力して、同社のブロックチェーン・ネットワークである「Spring Protocol」の研究、開発、実装を共同で行っています。

このネットワークは、共同研究を通じてデータ共有に関する問題に対処し、安全かつ効率的にグローバルな情報共有を行えるように設計されており、GM Financialはこのプログラムへの参加を通じて「身元確認や身元詐欺などの自動車金融業界の重大な問題に対処するためのデータ管理標準の向上を推進する」と説明しています。

GM Financialの最高戦略責任者であるMike Kanarios(マイク・カナリオス)氏は、プレスリリースの中で次のように述べています。

General Motors専属の金融部門、そして世界最大の自動車金融プロバイダーの1社として、当社はお客様やディーラーにより良いサービスを提供し、保護するために「不正の防止・検知能力」を常に革新し進化させています。

今回の発表は、これらの取り組みを推進するという当社のコミットメントと投資を強調するものであり、SPIFプログラムのメンバーとしてSpring Labsと協力できることを大変嬉しく感じています。

ブロックチェーン技術開発を進める「General Motors」

General Motors(ゼネラルモーターズ)は近年、ブロックチェーン技術の研究開発に積極的に取り組む姿勢を強めています。GM Financialは、2017年末にオープンソースのエンタープライズプロックチェーンプロジェクトである「Hyperledger(ハイパーレジャー)」のメンバーにもなっています。

またその後はその他複数の大手自動車メーカーと共に独自のブロックチェーン団体「MOBI」も立ち上げており、昨年12月には自動運転車両から送信されたデータをブロックチェーン技術を用いて管理する特許出願書類を米国特許商標庁に提出しています。

自動車業界で進む、その他数多くのブロックチェーン・プロジェクトと共に「General Motors」の今後の取り組みにも注目が集まります。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

ブロックチェーン業界における「教育・ロビー活動」の重要性を主張:NY州議員

ブロックチェーン業界における「教育・ロビー活動」の重要性を主張:NY州議員

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨禁止の中国で「イーサリアムが使えるホテル」がオープン ー 以太酒店(ETH HOTEL)

仮想通貨禁止の中国で「イーサリアムが使えるホテル」がオープン ー 以太酒店(ETH HOTEL)

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す