仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

by BITTIMES

2018年1月24日、米大手の「格付け機関 Weiss Ratings」は世界で初めて仮想通貨(Cryptocurrency)の格付けを発表しました。

ビットコイン(BTC)/ イーサリアム(ETH)/ リップル(XRP)/ ネム(NEM)など 74種の仮想通貨(アルトコイン)が対象となった今回の格付けは「Weiss Cryptocurrency Ratings」と命名され、投資家の意志決定を支援する目的で実施されており、世界中の仮想通貨ホルダーが注目するものとなりました。

この格付けは "通貨の値上がり" を期待して評価されるものではないのですが、大手格付け機関が高く評価した通貨ともなると人気になる可能性があることなどから、ウォールストリート街(世界の金融センター)だけでなく一般投資家も大きな関心を示す格付けとなったようです。

仮想通貨(Cryptocurrency)格付け

今回 Weiss Ratings が公表した仮想通貨の格付けは A,B,C,D,E の 5段階評価となっており、それぞれの解説もされています。

  1. A = Excellent(素晴らしい)
  2. B = Good(良い)
  3. C = Fair(まずまず)
  4. D = Weak(弱い)
  5. E = Very Weak(非常に弱い)

同社の格付け方法によると
【A】もしくは【B】は「買い」に値する投資評価として解釈され
【C】の格付けは、投資家が過度に警戒すべきで評価ではなく
【C+】は平均よりやや高評価であり
【C】は投資家にとってホールド(Hold)しても良いという合格点評価となり
【D】と【E】は「売り」が勧められる銘柄であるとのことです。

また、この格付けは従来の【AAA】から【C】を用いた格付けとは異なり「たとえ【B】であっても投機的要素の強い銘柄を意味することはない。」とも説明されています。

仮想通貨格付け基準は 4つの主要指標

今回の格付けは 4つの主要指標の概要により行われました。

リスクインデックス(Cryptocurrency Risk Index)

  • 複数の時間枠にわたる相対的および絶対的な価格変動
  • 頻度および規模に関するピークからの低下
  • 市場のバイアス、アップまたはダウン
および、その他の要因。

リワードインデックス(Cryptocurrency Reward Index)

  • 移動平均と比較したリターン
  • ベンチマークと比較した絶対リターン
  • スムーズなリターン
および、その他の要因。

テクノロジーインデックス(Cryptocurrency Technology Index)
公開されているホワイトペーパー・パブリックディスカッションフォーラム、またはアナウンスの手動分析によって計算されたサブインデックスの合成、および各暗号通貨の根底にあるプロトコルを評価するためのオープンソースコード。

考慮すべき要因には

  • 匿名性レベル
  • 金融政策の高度化
  • ガバナンス能力
  • コードを改善する能力または柔軟性
  • エネルギー効率
  • スケーリングソリューション
  • 他のブロックチェーンとの相互運用性
  • アップグレード能力
など、その他の技術的な長所や短所。

ファンダメンタルインデックス(Cryptocurrency Fundamental Index)

  • トランザクションの速度とスケーラビリティ
  • 市場への浸透度
  • ネットワークセキュリティ
  • ブロック生産の分散化
  • ネットワーク容量
  • 開発者の参加
  • 一般の受け入れ
また、その他の主要要因

以上 4つの主要指標が今回の格付け評価の対象になりました。

ビットコイン・その他暗号通貨の評価結果は?

今回の格付けで【A】の評価を獲得した仮想通貨はありませんでした。

代表的な通貨の格付けとしては

  • Bitcoin(BTC)/【C+】
  • Ethereum(ETH)/【B】
  • Steem(STEEM)/【B-】
  • Dogecoin(DOGE)/【C】
  • NEM(XEM)/【C+】
のような評価となっています。

Bitcoin が【C+】という厳しい評価になったことから "なぜ Bitcoin に【A】が与えられなかったのか?" という質問に「同社の評価基準に従って評価すればセキュリティや普及率の面では優れているが、現在直面しているスケーラビリティ問題による遅延や高いトランザクションコスト、エネルギー消費やガバナンス体制などの弱点を考えるとマイナス評価だ」と述べている。

時価総額ランキング 2位の Ethereum は、いくつかのボトルネックはあるもののアップグレードが容易なテクノロジーベースのメリットから、bitcoin よりも高評価の【B】という頷ける評価になっています。

Steem は Bitcoin を上回る【B-】という評価で、ソーシャルネットワークの特徴に沿って考慮されていることが高評価の要因となり、Bitcoin Cash(BCH)Zcash(ZEC)DASH を合わせてもかなわない使用率が評価された Dogecoin が【C】という興味深い結果となった。 Weiss Ratings の格付けの画像Weiss Ratings による格付けの画像

今回 74種の仮想通貨が格付けされた「Weiss Cryptocurrency Ratings」の完全なリストや、それぞれの評価に対する詳しい解説は「Weiss Ratings 公式サイト」にサインアップして定期購読することで確認することができますので、詳しく知りたい方は公式サイトからご覧ください。

米大手格付け機関「Weiss Ratings」の公式ホームページはこちら
>>「Weiss Ratings

仮想通貨取引所 Zaif の画像【B】評価を受けた Ethereum が購入できる仮想通貨取引所 Zaif はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

あなたのビットコインを守る保険が次々と誕生中

あなたのビットコインを守る保険が次々と誕生中

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム「ガス価格」問題は解決できる|Vitalik Buterin

イーサリアム「ガス価格」問題は解決できる|Vitalik Buterin

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

日本初!仮想通貨を

日本初!仮想通貨を"差し押さえ"られた駐車金違反の男性

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

ビットコインキャッシュがロンドン最大の総合格闘技イベントのスポンサーに

ビットコインキャッシュがロンドン最大の総合格闘技イベントのスポンサーに

「仮想通貨関連の調査で金融庁に圧力」疑惑の真相|野田聖子総務相

「仮想通貨関連の調査で金融庁に圧力」疑惑の真相|野田聖子総務相

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す