ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

by BITTIMES

英紙デーリー・メール(Daily Mail)は29日、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)のトレーダーの自宅に強盗が押し入り、ビットコインの送金を強要される事件が発生したと報じました。こうした事件が起こるのは初めてだということです。

報道の内容は、事件はイングランド南部モールスフォード(Moulsford)で22日に発生。目だし帽を被った強盗4人がトレーダーのダニー・アストン(Danny Aston)さんと妻のエイミー・ジェイ(Amy Jay)さんの家に押し入った。強盗らはジェイさんを拘束した後、アストンさんを銃で脅して送金操作を強要したとみられます。

アストンさんは仮想通貨業界で名の知れた方で、アストン・デジタル・カレンシー(Aston Digital Currencies)という仮想通貨を専門とする会社の取締役を務めているそうです。名の知れたアストンさんが強盗に狙われたとみられています。現在までに逮捕者は出ていないとのことです。

またアストンさんはこれまでに、偽名を使って1万6375人と10万件以上の取引を行ってきたそうで、一部で実名が使われたことがきっかけで、強盗に身元を特定された可能性があるとのことです。

いくら暗号通貨でも、こういった物理的な攻撃を受けると半ば諦めざるを得ないですよね。現金と違うところといえば、秘密鍵を絶対に言わないことができれば大丈夫という点ですが、今回の事件のような状況で口を割らない自信があるか?と言われると、全くありません。
今後こういったトラブルが増えて行くのは避けていきたいですね
2025年からきた未来人が語ったような未来に一歩近づいた気がしました。

2025年からきた未来人の記事はこちら
>>ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

SBI VCトレード:2021年9月16日に「新規2銘柄」取扱いへ

SBI VCトレード:2021年9月16日に「新規2銘柄」取扱いへ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す