ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

by BITTIMES

英紙デーリー・メール(Daily Mail)は29日、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)のトレーダーの自宅に強盗が押し入り、ビットコインの送金を強要される事件が発生したと報じました。こうした事件が起こるのは初めてだということです。

報道の内容は、事件はイングランド南部モールスフォード(Moulsford)で22日に発生。目だし帽を被った強盗4人がトレーダーのダニー・アストン(Danny Aston)さんと妻のエイミー・ジェイ(Amy Jay)さんの家に押し入った。強盗らはジェイさんを拘束した後、アストンさんを銃で脅して送金操作を強要したとみられます。

アストンさんは仮想通貨業界で名の知れた方で、アストン・デジタル・カレンシー(Aston Digital Currencies)という仮想通貨を専門とする会社の取締役を務めているそうです。名の知れたアストンさんが強盗に狙われたとみられています。現在までに逮捕者は出ていないとのことです。

またアストンさんはこれまでに、偽名を使って1万6375人と10万件以上の取引を行ってきたそうで、一部で実名が使われたことがきっかけで、強盗に身元を特定された可能性があるとのことです。

いくら暗号通貨でも、こういった物理的な攻撃を受けると半ば諦めざるを得ないですよね。現金と違うところといえば、秘密鍵を絶対に言わないことができれば大丈夫という点ですが、今回の事件のような状況で口を割らない自信があるか?と言われると、全くありません。
今後こういったトラブルが増えて行くのは避けていきたいですね
2025年からきた未来人が語ったような未来に一歩近づいた気がしました。

2025年からきた未来人の記事はこちら
>>ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン470億円相当を購入した謎の人物とは?

ビットコイン470億円相当を購入した謎の人物とは?

ビットバンク(bitbank)が顧客資産の運用体制について公表

ビットバンク(bitbank)が顧客資産の運用体制について公表

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

ビットコイン価格は10ヶ月以内に110万円を超える「元ヘッジファンドマネージャーが発言」

ビットコイン価格は10ヶ月以内に110万円を超える「元ヘッジファンドマネージャーが発言」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

コインチェックをマネックスグループが買収?

コインチェックをマネックスグループが買収?

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す