DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)の分析サイト「DAPP.com」が2019年4月9日に発表したレポートによると、開発者からの人気が高いのはイーサリアム(Ethereum/ETH)であるものの、トロン(TRON/TRX)をベースとしたDAppのユーザー数が急増していることが示されています。

こちらから読む:カードゲームやMMORPGなど多数紹介「DApps」関連ニュース

TRONのDAppsユーザー数「年初から50%増加」

現在、注目を集めているブロックチェーン技術を用いたアプリケーション「分散型アプリケーション(DApps)」の世界では、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
トロン(TRON/TRX)
イオス(EOS)
などの有望なプロジェクトが競合しています。

以前はイーサリアムベースの開発が主流だったDApps市場ですが「DAPP.com」が発表した「2019年第一四半期:DAppsマーケットレポート」では、TRONベースのアプリケーションがDAppユーザーの間で人気となっており、急成長を遂げていることが示されています。

DAppのアクティブユーザー数は、
1位:トロン(303,747)
2位:イオス(262,450)
3位:イーサリアム(186,544)
とトロンが30万人を超えており、今年第一四半期に作成されたトロンのウォレット数のうち15%がDAppユーザーによるものとされています。これはトロンのDAppsを利用するユーザー数が年初から比べると50%も増加している事を意味します。

2019年第一四半期DAppsマーケット概要(画像:dapp.com)2019年第一四半期DAppsマーケット概要(画像:dapp.com)

イーサリアム(ETH)とトロン(TRX)の競争に注目

イーサリアムベースのDAppユーザー数は昨年と比較して4%減少しているものの、総ユーザー数では未だ1位の「1,151,657人」となっています。今年の第一四半期には504個ものDAppが追加されたと報告されていますが、その半分以上がイーサリアムベースのものとなっているため「イーサリアムが依然として開発者たちの主要なプラットフォームである」ということがわかります。

人気のプラットフォームであるにも関わらず、ユーザー数が伸び悩んでいることの原因としては「現在のイーサリアムにはスケーラビリティ問題が立ちはだかっている」ということが一因であるとされています。DAppsのプラットフォームとして広く利用されるようになるためには「多くのトランザクションを迅速に処理する事」が必要とされますが、スケーラビリティの問題が残されていることによって「処理時間の遅延」や「高額な手数料」といった問題が発生します。

一方、トロンは手数料も低額でトランザクション処理にかかる時間も高速となっています。また、DAppユーザーの間ではギャンブル系アプリが人気を博しており、トロンは特に多くのギャンブル系DAppゲームを提供しているため、このようなこともアクティブユーザー数の増加を後押ししていると考えられます。

しかし、イーサリアムの問題点を解決するための研究開発も進められているため、既存の問題点が解決されれば今後は再びイーサリアムベースのDAppsが大きく成長する可能性もあると予想されます。DApps市場で続いているシェア獲得の競争には今後も注目が集まります。

>>「DAPP.com」が公開したレポートはこちら

2019年4月17日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)は、2019年4月17日の時点で時価総額11位に位置付けられています。市場の暴落に釣られトロンも下落したもののその後は横ばいの状態が続いており、記事執筆時点では「1TRX=2.95円」で取引されています。TRONは5月下旬にセカンドレイヤーである「サン・ネットワーク/Sun Network)」のテストネットも計画しているため、今後の成長にも期待が高まります。

2019年3月18日〜2019年4月17日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月18日〜2019年4月17日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ビットコイン急落で一時「100万円割れ」専門家・アナリストの見解は?

ビットコイン急落で一時「100万円割れ」専門家・アナリストの見解は?

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す