DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)の分析サイト「DAPP.com」が2019年4月9日に発表したレポートによると、開発者からの人気が高いのはイーサリアム(Ethereum/ETH)であるものの、トロン(TRON/TRX)をベースとしたDAppのユーザー数が急増していることが示されています。

こちらから読む:カードゲームやMMORPGなど多数紹介「DApps」関連ニュース

TRONのDAppsユーザー数「年初から50%増加」

現在、注目を集めているブロックチェーン技術を用いたアプリケーション「分散型アプリケーション(DApps)」の世界では、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
トロン(TRON/TRX)
イオス(EOS)
などの有望なプロジェクトが競合しています。

以前はイーサリアムベースの開発が主流だったDApps市場ですが「DAPP.com」が発表した「2019年第一四半期:DAppsマーケットレポート」では、TRONベースのアプリケーションがDAppユーザーの間で人気となっており、急成長を遂げていることが示されています。

DAppのアクティブユーザー数は、
1位:トロン(303,747)
2位:イオス(262,450)
3位:イーサリアム(186,544)
とトロンが30万人を超えており、今年第一四半期に作成されたトロンのウォレット数のうち15%がDAppユーザーによるものとされています。これはトロンのDAppsを利用するユーザー数が年初から比べると50%も増加している事を意味します。

2019年第一四半期DAppsマーケット概要(画像:dapp.com)2019年第一四半期DAppsマーケット概要(画像:dapp.com)

イーサリアム(ETH)とトロン(TRX)の競争に注目

イーサリアムベースのDAppユーザー数は昨年と比較して4%減少しているものの、総ユーザー数では未だ1位の「1,151,657人」となっています。今年の第一四半期には504個ものDAppが追加されたと報告されていますが、その半分以上がイーサリアムベースのものとなっているため「イーサリアムが依然として開発者たちの主要なプラットフォームである」ということがわかります。

人気のプラットフォームであるにも関わらず、ユーザー数が伸び悩んでいることの原因としては「現在のイーサリアムにはスケーラビリティ問題が立ちはだかっている」ということが一因であるとされています。DAppsのプラットフォームとして広く利用されるようになるためには「多くのトランザクションを迅速に処理する事」が必要とされますが、スケーラビリティの問題が残されていることによって「処理時間の遅延」や「高額な手数料」といった問題が発生します。

一方、トロンは手数料も低額でトランザクション処理にかかる時間も高速となっています。また、DAppユーザーの間ではギャンブル系アプリが人気を博しており、トロンは特に多くのギャンブル系DAppゲームを提供しているため、このようなこともアクティブユーザー数の増加を後押ししていると考えられます。

しかし、イーサリアムの問題点を解決するための研究開発も進められているため、既存の問題点が解決されれば今後は再びイーサリアムベースのDAppsが大きく成長する可能性もあると予想されます。DApps市場で続いているシェア獲得の競争には今後も注目が集まります。

>>「DAPP.com」が公開したレポートはこちら

2019年4月17日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)は、2019年4月17日の時点で時価総額11位に位置付けられています。市場の暴落に釣られトロンも下落したもののその後は横ばいの状態が続いており、記事執筆時点では「1TRX=2.95円」で取引されています。TRONは5月下旬にセカンドレイヤーである「サン・ネットワーク/Sun Network)」のテストネットも計画しているため、今後の成長にも期待が高まります。

2019年3月18日〜2019年4月17日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月18日〜2019年4月17日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

バスケ業界を代表する「仮想通貨投資家」|NBA選手Spencer Dinwiddie

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

リップル(XRP)を世界共通の「決済通貨」に!話題のスタートアップ企業が提案募集

リップル(XRP)を世界共通の「決済通貨」に!話題のスタートアップ企業が提案募集

注目度の高い仮想通貨ニュース

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

財務省・金融庁・日銀 :仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する連絡会を設置

財務省・金融庁・日銀 :仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する連絡会を設置

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す