アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、過去数日間に渡って急激な上昇を見せていましたが、本日13日時点ではその勢いも収まり、一時的に75万円近くまで下落しました。一部の専門家は「80万円台の壁」を超えるのは簡単ではないと語っていますが、米国大統領候補者でもある仮想通貨の伝道師John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は『ビットコインの価格上昇を止めることはできない』と主張しています。

こちらから読む:HTCが新型ブロックチェーンスマホを発表「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン「価格上昇はもう止まらない」

ビットコイン(BTC)の価格はここ数日間で大幅に上昇し、先日12日時点では一時的に「80万円台」を記録しました。しかし現在はやや下落しており、記事執筆時点では77万円前後で取引されています。

BTC価格がこれまで通りにすぐ上昇し始めるか、一定の価格まで下落するかについては意見が分かれていますが、ビットコイン強気派のJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏はビットコインの価格上昇を止めることはできないと語っています。

7,000ドル突破。全ての否定的なアナリストが語る価格の壁は、空売りをしている人々の単なる夢にすぎません。

私が予測したように、この上昇は止まらないでしょう。

マカフィー氏は以前から「ビットコイン価格は2020年末までに1億円に達する」との予想を語っており、最近はその時までビットコイン価格を1億円以下に抑えることは"数学的に無理"とまで語っています。

現在の仮想通貨市場では、複数のトレーダーによる「自動取引システム」が大量に稼働しているため、価格の動きにもある程度の規則性が見られます。特にビットコインは「総発行枚数」や「半減期が訪れる時期」などといった、重要となる要素やその数値を事前に把握することができるため、マカフィー氏のような人物であれば、ある程度の値動きまでは予想できるとも考えられます。

マカフィー氏は、仮想通貨が誕生して間もない商品であるという事実は仮想通貨の付加的な利点であると述べており、伝統的な株式市場で使用されていた数式は仮想通貨市場には適用できないと説明しています。

ビットコイン価格があと2年ほどで1億円に達すると確信しているマカフィー氏は、「ビットコインがいくらかの壁にぶつかる」という意見は"空売り"をしている人々による投資家を混乱させるための主張であるしており、ビットコインはすでに重要となる7,000ドル(約77万円)の抵抗線を破っているため、価格上昇は止まらないと主張しています。

「1BTC=100,000,000円」予想はクレイジーか?

「2020年末にビットコインが1億円に達しなければ、自分のペニスを食べる」というマカフィー氏の主張に対しては、"頭がおかしい"という意見も出ていますが、最近では同様の考えを語る専門家も増えてきており、IBMのブロックチェーン・ソリューション責任者であるJesse Lund(ジェシー・ルンド)氏も『ビットコイン価格が将来1億円に達する可能性がある』と語っています。

また、ロシアの経済学者であるVladislav Ginko(ウラジスラフ・ギンコ)氏は、2019年末に2億円に達するという衝撃的な価格予想を語っているため「1BTC=1億円」という価格予想は徐々に"やや一般的な考え方"にもなってきています。

「年末2億円」という価格予想に賛成している専門家はほぼいませんが、多くのアナリストや専門家たちは、ビットコインは一定の価格まで下落したとしても再び回復してさらなる高値を更新すると予想しています。

2019年5月13日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日12日に記録した83万円からやや下落しており、2019年5月13日時点では「1BTC=770,228円」で取引されています。

マカフィー氏の「2020年末に1億円」という予想をベースにして、この予想を的中させるために必要と考えられる適正価格などを可視化しているウェブサイト「bitcoin.top」のデータでは、2019年5月13日時点の適正価格は「55,513ドル(約608万円)」となっています。

ジョン・マカフィー氏のために作られた特設WEBサイト(画像:bitcoin.top)ジョン・マカフィー氏のために作られた特設WEBサイト(画像:bitcoin.top

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ビットコイン価格「95万円」まで回復|アルトコイン売りでさらなる上昇の可能性も

ビットコイン価格「95万円」まで回復|アルトコイン売りでさらなる上昇の可能性も

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

仮想通貨の伝道師「ジョン・マカフィー氏」スペインの獄内で死去

仮想通貨の伝道師「ジョン・マカフィー氏」スペインの獄内で死去

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す