Kava Labs:リップル(XRP)活用したステーブルコイン「USDX」の開発に着手

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の技術を活用した製品を開発している「Kava Labs(カヴァ・ラボス)」は、エックスアールピー(XRP)を活用したステーブルコインである「USDX」の開発に取り組んでいます。この安定仮想通貨は米ドル(USD)の価格と連動するように設定されており「Cosmos Zone(コスモスゾーン)」と呼ばれるブロックチェーンも使用されていると伝えられています。

こちらから読む:XRPプレゼントキャンペーン開催中「Ripple/XRP」関連ニュース

XRPに基づいたステーブルコイン「USDX」

ブロックチェーンウォレット取引所の相互運用性と流動性を実現するRipple社の「Interledger(インターレジャー)」を活用したソリューションを開発している「Kava Labs(カヴァ・ラボス)」は、XRPに基づいたステーブルコイン「USDX」を開発していると伝えられています。

「USDX」は米ドル(USD)の価格と価値が連動している安定通貨となっており、USDX自体も「XRS」と呼ばれるネイティブトークンを持っているとのことです。このXRSトークンはネットワークの検証を行う人々がガバナンスの問題に投票するために使用されると説明されています。

報道によると、このプロジェクトではより多くの相互運用性を実現するために「Cosmos Zone(コスモスゾーン)」と呼ばれるブロックチェーンも使用されており、USDXは基本的に「Cosmos Zone」のブロックチェーンに実装されると伝えられています。

Kava Labsの共同創設者兼COOであるBrian Kerr氏は「このプロジェクトは今のところ単なるアイデアであり、開発チームはプロジェクト全体の可能性を検討している段階である」と語っており、このプロジェクトがXRP元帳上で開発されている主な理由の1つとしては「XRP元帳が"最も流動性が高く、高速なブロックチェーン"の一つであるから」だと説明しています。

Ripple社の技術活用に取り組む「Kava Labs」

USDXの開発が進められていることをTwitter上で報告した「Crypto Invest(@GermanCryptoInv)」氏のツイートには、すでに複数の投稿が寄せられています。「USDX」は、現時点ではまだ開発段階であるため、専門的な内容の用語も多く使用されているものの、XRPコミュニティの人々はこの新しいステーブルコインに関心を寄せています。

しかし「Kava Labs」が現時点で最も焦点を当てて開発に取り組んでいるのは「Switch(スイッチ)」と呼ばれるアプリケーションです。このアプリケーションは今年4月にアメリカ・サンフランシスコで開催された「ILP Summit 2019」で発表されたものであり、「インターレジャープロトコル(ILP)」を用いて異なるブロックチェーンの相互運用性を向上させ、異なるブロックチェーンの仮想通貨を分散化された状態で瞬時に交換することができる技術だと伝えられています。

今回明らかになった「USDX」が正式に発表される時期がいつになるかは不明であるものの、これら複数のプロジェクトに取り組んでいる「Kava Labs」は今後の発表に注目が集まる重要な企業の一つであると言えるでしょう。

2019年5月18日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先日16日に52円近くまで回復したものの、その後大きく下落したことによって、2019年5月18日時点では「1XRP=41.59円」で取引されています。

2019年5月4日〜2019年5月18日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月4日〜2019年5月18日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

BINANCE独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」始動|BNBは最高値を更新

BINANCE独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」始動|BNBは最高値を更新

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

Ripple(リップル):中国市場へのサービス拡大を計画|13億人の利用者獲得なるか

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

注目度の高い仮想通貨ニュース

「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

仮想通貨取引所コインチェック:セキュリティ強化に向け「Sumo Logic」を採用

仮想通貨取引所コインチェック:セキュリティ強化に向け「Sumo Logic」を採用

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

仮想通貨禁止で「匿名通貨」需要増加の可能性|インドの新法案に言及:BINANCE CEO

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

ブロックチェーン活用で「食料品の売上増加」スーパーマーケット大手:カルフール

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す