Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

by BITTIMES

イオス(Eos/EOS)の親会社である「Block.one(ブロックワン)」は、2019年6月1日にEOSのブロックチェーン上に構築されたソーシャルメディアプラットフォーム「Voice(ボイス)」を発表しました。

こちらから読む:フィンテック専門家は"700%"上昇と予想「イオス(EOS)」関連ニュース

分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」

Voice-logo

イオス(Eos/EOS)を開発している「Block.one(ブロックワン)」は、2019年6月1日にEOSのブロックチェーン技術を用いた分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「Voice(ボイス)」を発表しました。

EOSのブロックチェーン上に構築されているこのプラットフォームは、従来のソーシャルメディアとは違い「公平で透明性の高いものになっている」と伝えられています。

「Block.one」によると、このプラットフォームは「隠されたアルゴリズム」や「ユーザーが意識していないコンテンツプッシュメカニズム」を使用していないとされており、EOSブロックチェーンを使用することによって動作方法に透明性がもたらされていると説明されています。

Block.oneのCEOであるBrendan Blumer(ブレンダン・ブルマー)氏は、従来のソーシャルメディアプラットフォームと「Voice」の違いについて次のように説明しています。

本当のことを言えば、従来のソーシャルメディアはユーザーを利用するように設計されています。ビジネスモデルを見てください。「私たちのコンテンツ・私たちのデータ・私たちの関心」これら全ては非常に貴重なものです。しかし今のところそれによって報酬を得ているのはユーザーではなくプラットフォームです。

ユーザーの行動に「Voiceトークン」を付与

Voice

「Voice」のプラットフォームでは、プラットフォームとユーザーの両方がコンテンツの作成・集約・共有を通して恩恵を受けることができるとされています。このプラットフォームはユーザーにとって平等に設計されており、隠された意図などは無いと説明されています。

ユーザーは、プラットフォームを使用することによって「Voiceトークン」を得ることができるようになっており、獲得したトークンは自分のコンテンツやコメントの露出を増やすためなどに使用することができるとのことです。

従来のソーシャルメディアプラットフォームで「社会的影響」を与えるためにはそれだけのフォロワーを有している必要がありましたが、「Voice」のプラットフォームではそのような点で大きな違いがあるとされています。またこのプラットフォームでは「フェイクアカウント」や「なりすまし」などを防止するための対策も取られるとのことです。

最近では、世界最大のSNSとして知られるFacebook(フェイスブック)が発行を予定しているとされる独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」なども注目を集めており、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したSNSサービスが増加してきています。数年後には一般の人々にも広く利用されることになると予想されるこれらの仮想通貨には期待が高まります。

>>「Voice」の公式サイトはこちら

2019年6月2日|イオス(EOS)の価格

イオス(EOS)の価格は、今回の発表が行われた6月1日時点で一時的に「929円」まで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年6月2日時点では「1EOS=864.14円」で取引されています。

EOSを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年5月26日〜2019年6月2日 EOSのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月26日〜2019年6月2日 EOSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

英取引所Coinfloor:イーサリアム「取り扱い終了」へ|上場廃止の理由とは?

英取引所Coinfloor:イーサリアム「取り扱い終了」へ|上場廃止の理由とは?

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す