Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

by BITTIMES

イオス(Eos/EOS)の親会社である「Block.one(ブロックワン)」は、2019年6月1日にEOSのブロックチェーン上に構築されたソーシャルメディアプラットフォーム「Voice(ボイス)」を発表しました。

こちらから読む:フィンテック専門家は"700%"上昇と予想「イオス(EOS)」関連ニュース

分散型ソーシャルメディア「Voice(ボイス)」

Voice-logo

イオス(Eos/EOS)を開発している「Block.one(ブロックワン)」は、2019年6月1日にEOSのブロックチェーン技術を用いた分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「Voice(ボイス)」を発表しました。

EOSのブロックチェーン上に構築されているこのプラットフォームは、従来のソーシャルメディアとは違い「公平で透明性の高いものになっている」と伝えられています。

「Block.one」によると、このプラットフォームは「隠されたアルゴリズム」や「ユーザーが意識していないコンテンツプッシュメカニズム」を使用していないとされており、EOSブロックチェーンを使用することによって動作方法に透明性がもたらされていると説明されています。

Block.oneのCEOであるBrendan Blumer(ブレンダン・ブルマー)氏は、従来のソーシャルメディアプラットフォームと「Voice」の違いについて次のように説明しています。

本当のことを言えば、従来のソーシャルメディアはユーザーを利用するように設計されています。ビジネスモデルを見てください。「私たちのコンテンツ・私たちのデータ・私たちの関心」これら全ては非常に貴重なものです。しかし今のところそれによって報酬を得ているのはユーザーではなくプラットフォームです。

ユーザーの行動に「Voiceトークン」を付与

Voice

「Voice」のプラットフォームでは、プラットフォームとユーザーの両方がコンテンツの作成・集約・共有を通して恩恵を受けることができるとされています。このプラットフォームはユーザーにとって平等に設計されており、隠された意図などは無いと説明されています。

ユーザーは、プラットフォームを使用することによって「Voiceトークン」を得ることができるようになっており、獲得したトークンは自分のコンテンツやコメントの露出を増やすためなどに使用することができるとのことです。

従来のソーシャルメディアプラットフォームで「社会的影響」を与えるためにはそれだけのフォロワーを有している必要がありましたが、「Voice」のプラットフォームではそのような点で大きな違いがあるとされています。またこのプラットフォームでは「フェイクアカウント」や「なりすまし」などを防止するための対策も取られるとのことです。

最近では、世界最大のSNSとして知られるFacebook(フェイスブック)が発行を予定しているとされる独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」なども注目を集めており、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したSNSサービスが増加してきています。数年後には一般の人々にも広く利用されることになると予想されるこれらの仮想通貨には期待が高まります。

>>「Voice」の公式サイトはこちら

2019年6月2日|イオス(EOS)の価格

イオス(EOS)の価格は、今回の発表が行われた6月1日時点で一時的に「929円」まで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年6月2日時点では「1EOS=864.14円」で取引されています。

EOSを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年5月26日〜2019年6月2日 EOSのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月26日〜2019年6月2日 EOSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

運用資産7兆円規模の資産管理会社「Pendal Group」ビットコイン投資を開始

運用資産7兆円規模の資産管理会社「Pendal Group」ビットコイン投資を開始

インドの仮想通貨取引所「Enlte」リップル(Ripple/XRP)取り扱いへ

インドの仮想通貨取引所「Enlte」リップル(Ripple/XRP)取り扱いへ

Octagon Networks「バランスシート全体をビットコインに変換」サイバーセキュリティ企業初

Octagon Networks「バランスシート全体をビットコインに変換」サイバーセキュリティ企業初

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

Everdome(DOME)メタバース上の土地マップ「LAND Map」公開

Everdome(DOME)メタバース上の土地マップ「LAND Map」公開

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

Web3メタバースXANA:人気テレビ番組「逃走中」をNFTゲーム化へ

Web3メタバースXANA:人気テレビ番組「逃走中」をNFTゲーム化へ

FTX Japan「顧客資産の管理状況」について詳細報告|各暗号資産の余剰資金も開示

FTX Japan「顧客資産の管理状況」について詳細報告|各暗号資産の余剰資金も開示

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す