注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

by BITTIMES

仮想通貨業界ではビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は1万ドル(約108万円)に到達する前に一度大きく下落する可能性があるとも言われていましたが、本日21日の午前9時頃には再び2019年の最高値を更新し、記事執筆時点では105万円台にまで回復しています。業界に詳しい専門家の多くは、現在目前に迫っている108万円のラインは非常に重要であると語っているため、今後の値動きには注目が集まります。

こちらから読む:Libra共同製作者は"BTCの大ファン"「ビットコイン」関連ニュース

108万円越えれば「160万円突破」の可能性も

ビットコイン(BTC)の価格は、本日21日の午前9時ごろに2019年の最高値を更新し、記事執筆時点では105万円近くまで上昇しています。

仮想通貨業界で注目が集まっている1万ドル(約108万円)のラインは目前に迫ってきていますが、この価格帯を突破することを重要視している専門家は非常に多く、米国の大手仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏も先日Twitter上で「1万ドルを突破することができれば、1万5,000ドル(約160万円)突破も可能だ」と発言しています。

もしビットコインが10,000ドルを破れたならば、きっと15,000ドルを破ることもできるでしょう...👍🏻🚀

BTC価格「1万ドル突破」を予想する専門家たち

米国の調査会社である「Weiss Ratings」などは、ビットコインは1万ドルに到達する前に大幅に下落する可能性があると語っていましたが、ビットコイン強気派として知られるThomas Lee(トーマス・リー)氏は「ビットコインは過去最高値を"簡単に"たたき出すことができる」と発言しています。

多くの専門家達は、ビットコイン価格が1万ドルを突破すればFOMO(市場の流れに取り残されることに対する恐れ)の感情によってこれまで"買いのタイミング"を見計らっていた投資家たちが急速にビットコイン買いを始める可能性があると語っています。

一部ではFacebook(フェイスブック)の独自通貨「Libra(リブラ)」の発表はビットコインにとって"悪いニュース"だという意見も出ていましたが、Libraの共同制作者であるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏は、先日のツイートで「ビットコインとリブラは目的が異なる」ということをはっきりと説明しているため、Libraの発行がビットコイン価格を下げる可能性は低いと考えられます。

逆に「Libraの発表によって仮想通貨が正当化されるため、それらのニュースはビットコインにとってプラスになる」と語っている専門家も多く、仮想通貨決済技術会社「Circle (サークル)」のCEOであるJeremy Allaire(ジェレミー・アレール)氏も「Libraの発表によって、ビットコイン価格は6月中に1万ドルを超える可能性がある」と語っています。

現在は105万円付近での停滞が続いているものの、108万円に到達する時は目前に迫っていると予想されるため、ビットコインの今後の値動きには注目が集まります。

2019年6月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日21日の早朝から再び上昇し始めており、2019年6月21日12時時点では「1BTC=1,041,077円」で取引されています。

2019年6月7日〜2019年6月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月7日〜2019年6月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

Mt.Gox再生管財人「債権者の弁済手続き」に関する案内メール送付|弁済受領に近づく

Mt.Gox再生管財人「債権者の弁済手続き」に関する案内メール送付|弁済受領に近づく

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

ビットバンク「ポルカドット・ドージコイン」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク「ポルカドット・ドージコイン」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

【重要】Liquid by FTX「QASHをFTTに交換サービス」8月12日に終了

【重要】Liquid by FTX「QASHをFTTに交換サービス」8月12日に終了

コインチェック:Othersideにメタバース都市「Oasis MARS」制作へ

コインチェック:Othersideにメタバース都市「Oasis MARS」制作へ

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

Coinbase Wallet「日本語」でのサービス提供開始

Coinbase Wallet「日本語」でのサービス提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す