適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の時価総額は徐々に高まってきていますが、BTCの将来を信じている人々はこの新しい資産は「まだまだ過小評価されている」と考えています。米国の大手仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏は『ビットコインは時価総額が7兆ドル(約760兆円)に達するまでは過小評価されていると言える』との考えを語っています。

こちらから読む:格付け開始以来"初の最高評価"獲得「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインは「金2.0」

仮想通貨ビットコイン(BTC)はこの数年間で急速に存在感を強めており、世界的にも広く認知される資産クラスの一つとなっています。ビットコインの最大供給量はあらかじめ「2,100万BTC」と決められているため、市場に参加する人が増えれば増えるほどその価値は高まり続けており、今やBTC価格は100万円を超えるほどにまで高まっています。

このような特徴を持つビットコインは"価値の保存手段"として最適な資産の一つとも見なされており一部の人々はビットコインを「デジタルゴールド」と呼んでいます。

仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏も同様の考えを持つ人物の一人であり、最近「CNBC」と行われたインタビューでは「ビットコインは"次世代の"になるものであるため、時価総額が金と同様の7兆ドル(約760兆円)に達するまでは"過小評価された資産"である」との考えを語っています。

私たちの学説においてビットコインは「金2.0」にあたるものなので、ビットコインは時価総額が金と同じ「7兆ドル」に達するまでは"過小評価された資産"だと言えます。おそらく人々はそのことに気付いているでしょう。

デジタルゴールドは「1枚=4,470万円」

仮想通貨データサイトである「CoinMarketCap」の情報によると、記事執筆時点のビットコイン時価総額は約24兆円となっているため、金の時価総額に達するためには今の30倍以上にまで時価総額が高まる必要があることがわかります。

また、ビットコインの時価総額が「760兆円」に達した時に、ビットコインの流通量が「2,100万BTC」だったと仮定すると、単純計算で「1BTC=約3,600万円」で取引されていることになります。

しかし、過去には「秘密鍵の紛失などによって、すでに400万BTCがアクセス不能な状態になっている」ということも報告されているため、これらのビットコインが永久に利用できないと考えると、最終的に利用できるビットコインの数は多くても「1,700万BTC」になると考えられます。

この数字を適用して「時価総額760兆円」の場合を想定すると、ビットコインの価格は「1BTC=約4,470万円」ということになります。1,000万円超えのビットコイン価格予想は、まだ一般的には受け入れられていない印象がありますが、ビットコインが「デジタルゴールド」なのだとすれば「1BTC=1,000万円」はまだまだ安い価格なのだと考えられます。

2019年7月11日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日10日に141万円近くまで回復したものの、その後大幅に下落したことによって、2019年7月11日時点では「1BTC=1,288,380円」で取引されています。

2019年6月4日〜2019年7月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月4日〜2019年7月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

テレグラム:110%払い戻しの延期提案「米国の投資家」には適用できず

豪州の新聞販売所でビットコインとイーサリアムが購入可能に

豪州の新聞販売所でビットコインとイーサリアムが購入可能に

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す