適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の時価総額は徐々に高まってきていますが、BTCの将来を信じている人々はこの新しい資産は「まだまだ過小評価されている」と考えています。米国の大手仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏は『ビットコインは時価総額が7兆ドル(約760兆円)に達するまでは過小評価されていると言える』との考えを語っています。

こちらから読む:格付け開始以来"初の最高評価"獲得「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインは「金2.0」

仮想通貨ビットコイン(BTC)はこの数年間で急速に存在感を強めており、世界的にも広く認知される資産クラスの一つとなっています。ビットコインの最大供給量はあらかじめ「2,100万BTC」と決められているため、市場に参加する人が増えれば増えるほどその価値は高まり続けており、今やBTC価格は100万円を超えるほどにまで高まっています。

このような特徴を持つビットコインは"価値の保存手段"として最適な資産の一つとも見なされており一部の人々はビットコインを「デジタルゴールド」と呼んでいます。

仮想通貨取引所「Gemini(ジェミナイ)」のCEOであるTyler Winklevoss(タイラー・ウィンクルボス)氏も同様の考えを持つ人物の一人であり、最近「CNBC」と行われたインタビューでは「ビットコインは"次世代の"になるものであるため、時価総額が金と同様の7兆ドル(約760兆円)に達するまでは"過小評価された資産"である」との考えを語っています。

私たちの学説においてビットコインは「金2.0」にあたるものなので、ビットコインは時価総額が金と同じ「7兆ドル」に達するまでは"過小評価された資産"だと言えます。おそらく人々はそのことに気付いているでしょう。

デジタルゴールドは「1枚=4,470万円」

仮想通貨データサイトである「CoinMarketCap」の情報によると、記事執筆時点のビットコイン時価総額は約24兆円となっているため、金の時価総額に達するためには今の30倍以上にまで時価総額が高まる必要があることがわかります。

また、ビットコインの時価総額が「760兆円」に達した時に、ビットコインの流通量が「2,100万BTC」だったと仮定すると、単純計算で「1BTC=約3,600万円」で取引されていることになります。

しかし、過去には「秘密鍵の紛失などによって、すでに400万BTCがアクセス不能な状態になっている」ということも報告されているため、これらのビットコインが永久に利用できないと考えると、最終的に利用できるビットコインの数は多くても「1,700万BTC」になると考えられます。

この数字を適用して「時価総額760兆円」の場合を想定すると、ビットコインの価格は「1BTC=約4,470万円」ということになります。1,000万円超えのビットコイン価格予想は、まだ一般的には受け入れられていない印象がありますが、ビットコインが「デジタルゴールド」なのだとすれば「1BTC=1,000万円」はまだまだ安い価格なのだと考えられます。

2019年7月11日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日10日に141万円近くまで回復したものの、その後大幅に下落したことによって、2019年7月11日時点では「1BTC=1,288,380円」で取引されています。

2019年6月4日〜2019年7月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月4日〜2019年7月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

BitPay CCO:ビットコイン価格は2019年に「2万ドル」を取り戻す

BitPay CCO:ビットコイン価格は2019年に「2万ドル」を取り戻す

ASローマ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」と提携

ASローマ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」と提携

ビットコイン買うなら今?「下落相場は素晴らしい投資機会」Charlie Lee

ビットコイン買うなら今?「下落相場は素晴らしい投資機会」Charlie Lee

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

英暗号資産取引所EXMOで「DDoS攻撃」の被害発生|2ヶ月間で2度標的に

英暗号資産取引所EXMOで「DDoS攻撃」の被害発生|2ヶ月間で2度標的に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

Chiliz&Socios:ブラジルeスポーツ初「MIBR」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルeスポーツ初「MIBR」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す