仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

by BITTIMES

V20サミットで話し合いが行われた結果、仮想通貨(暗号資産)に関する"国際的な"規制枠組みなどを作成していくための「グローバルな規制団体」を設立する決定がなされたことが「コインテレグラフ」の報道で明らかになりました。仮想通貨業界では、マネーロンダリングやテロ資金供与などの問題に対処するために国境を越えて協力していくことが求められていたため、今回の決定によって国際的な規制が明確化されていくと期待されます。

こちらから読む:Facebook独自通貨は"仮想通貨"じゃない?「規制」関連ニュース

世界各国の仮想通貨業界関係者が業界の規制や問題点などについて話し合いを行うサミット「V20」で議論が行われた結果、仮想通貨サービス事業者(VASP)の国際的な規制団体を設立することで合意したことが「コインテレグラフ」の報道で明らかになりました。

グローバルな規制団体を設立することは決定したものの「団体の名称」や「仮想通貨規制に関する具体的な内容」などは決まっていないため、1年以内には形にできるように議論を深めていく予定だと伝えられています。

規制団体設立に関する覚書に署名したのは、
・日本ブロックチェーン協会(JBA)
・韓国ブロックチェーン協会(KBA)
・香港ブロックチェーン協会(HKBA)
・オーストラリアデジタルコマース協会(ADCA)
・シンガポール仮想通貨・ブロックチェーン産業協会(ACCESS)
・台湾議員連盟
とされており、立会人を務めたのはマネロン・テロ資金対策などに関する国際的な指導を行っている「金融活動作業部会(FATF)」で代表を務めていた経歴を持つRoger Wilkins(ロジャー・ウィルキンス)氏だとされています。

仮想通貨業界は急速に発展してきているため、現在の仮想通貨規制は国によってその内容が大きく異なります。しかし、規制内容に大きな違いが残されていては、マネーロンダリングなどの問題に適切な対応をとることは難しくなるため、ここ最近では国際的に協力して連携を図っていくことが重要であると考えられています。

今回新しく設立することが決定された規制団体には、各国のブロックチェーン企業や仮想通貨サービス事業者が参加すると説明されているため、今後は国際的な明確化された規制が定められていくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

マイクリ開発企業:ブロックチェーンゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」公開

マイクリ開発企業:ブロックチェーンゲーム間送集客ネットワーク「MCH+ADX」公開

ビットコイン、100万円到達目前で急落|再度「大幅な下落」が起こる可能性も

ビットコイン、100万円到達目前で急落|再度「大幅な下落」が起こる可能性も

Braveが「E-1サッカー選手権2019決勝大会」公式ブラウザに|限定コンテンツを提供

Braveが「E-1サッカー選手権2019決勝大会」公式ブラウザに|限定コンテンツを提供

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

BINANCE:ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)の「トークンセール」開催へ

BINANCE:ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)の「トークンセール」開催へ

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

BINANCE:カヴァ(KAVA)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カヴァ(KAVA)の「永久先物取引」提供へ

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す