ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月13日頃から下落の勢いを増しており、本日15日の12時頃には再び1万ドル(約106万円)のラインを下回りました。その後も下落傾向は衰えておらず、記事執筆時点では「1BTC=約103万円」付近にまで落ち込んでいます。

こちらから読む:NBAチームが"BTC決済"に対応「ビットコイン」関連ニュース

下落続くビットコイン「1万ドル」割り込む

ビットコイン(BTC)の価格は今月13日頃までは120万円前後での推移を続けていましたが、その後は下落傾向が続いており、本日15日には再び1万ドル(約106万円)のラインを下回りました。

主要なサポートラインでの"買い"を支持する意見も出ていましたが、今のところそれらのサポートラインで大きな反発は見られておらず、先月中頃からサポートを維持し続けてきた100万円のラインも下回る可能性があるとの意見が増えてきています。

2019年6月1日〜2019年8月15日 BTC/JPYの4時間足チャート(画像:bitbank)2019年6月1日〜2019年8月15日 BTC/JPYの4時間足チャート(画像:bitbank)

完全な「安全資産」ではない可能性|Travis Kling

仮想通貨ファンド「Ikigai Asset Management」の創設者であるTravis Kling(トラビス・クリング)氏は、現在のビットコイン市場を見た上で『ビットコインは小規模なリスクに対しては強いものの、大規模なリスクに対応するほどの力はないようだ』との見解を語り、具体的に恐怖指数(VIX)が12〜17である時は"安全資産"として機能する可能性はあるものの、恐怖指数が17を超えると"リスク"になる可能性があると語っています(記事執筆時点のVIXは22)。

現在のBTCはプールで泳ぐのには強いものの、海で泳ぐにはまだ早いようです。

BTCは、VIXが12〜17になったときには"安全な避難場所"として機能する可能性がありますが、17を超えるとリスクになります。

おそらく、BTCは米中貿易戦争による関税の引き上げに対してはゴールドと相関して上昇するものの、国際的に景気が後退している場合はそのように上昇の勢いを保つことはできないようです。

また、ビットコイン懐疑派としても知られる投資家のPeter Schiff(ピーター・シフ)氏は、今回ビットコイン価格が下落している一方で、金は上昇を続けていることをあげ、『ビットコインが安全資産ではないことが証明された』と語っています。

70万円台突入の可能性も?BTCの今後に対する見解

ここ最近で語られている「ビットコインの今後」に対する予想としては、
・7,500ドル〜8,500ドル(約79万〜90万円)まで下落する
・9,000ドル〜12,000ドル(約95万〜127万円)付近での蓄積が続く
・下落はすぐに終わり、近いうちに13,500ドル(約143万円)まで回復する
・短期的な蓄積期間の後に10万ドル(約1,060万円)まで高騰する
といったものがあります。

前回の100万円からの反発で2019年の最高値に到達できなかったことを考えると、100万円以下に下落する可能性は高いと予想されますが、長期的な予想としては依然として強気な意見が多く「今後も複数の要因によってビットコインに資金が流入することになる」といった意見も多数見られています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格上昇は「2019年最初の6ヶ月」ー Michael Novogratz

ビットコイン価格上昇は「2019年最初の6ヶ月」ー Michael Novogratz

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年5月31日〜6月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年5月31日〜6月6日

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

注目度の高い仮想通貨ニュース

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す