ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月13日頃から下落の勢いを増しており、本日15日の12時頃には再び1万ドル(約106万円)のラインを下回りました。その後も下落傾向は衰えておらず、記事執筆時点では「1BTC=約103万円」付近にまで落ち込んでいます。

こちらから読む:NBAチームが"BTC決済"に対応「ビットコイン」関連ニュース

下落続くビットコイン「1万ドル」割り込む

ビットコイン(BTC)の価格は今月13日頃までは120万円前後での推移を続けていましたが、その後は下落傾向が続いており、本日15日には再び1万ドル(約106万円)のラインを下回りました。

主要なサポートラインでの"買い"を支持する意見も出ていましたが、今のところそれらのサポートラインで大きな反発は見られておらず、先月中頃からサポートを維持し続けてきた100万円のラインも下回る可能性があるとの意見が増えてきています。

2019年6月1日〜2019年8月15日 BTC/JPYの4時間足チャート(画像:bitbank)2019年6月1日〜2019年8月15日 BTC/JPYの4時間足チャート(画像:bitbank)

完全な「安全資産」ではない可能性|Travis Kling

仮想通貨ファンド「Ikigai Asset Management」の創設者であるTravis Kling(トラビス・クリング)氏は、現在のビットコイン市場を見た上で『ビットコインは小規模なリスクに対しては強いものの、大規模なリスクに対応するほどの力はないようだ』との見解を語り、具体的に恐怖指数(VIX)が12〜17である時は"安全資産"として機能する可能性はあるものの、恐怖指数が17を超えると"リスク"になる可能性があると語っています(記事執筆時点のVIXは22)。

現在のBTCはプールで泳ぐのには強いものの、海で泳ぐにはまだ早いようです。

BTCは、VIXが12〜17になったときには"安全な避難場所"として機能する可能性がありますが、17を超えるとリスクになります。

おそらく、BTCは米中貿易戦争による関税の引き上げに対してはゴールドと相関して上昇するものの、国際的に景気が後退している場合はそのように上昇の勢いを保つことはできないようです。

また、ビットコイン懐疑派としても知られる投資家のPeter Schiff(ピーター・シフ)氏は、今回ビットコイン価格が下落している一方で、金は上昇を続けていることをあげ、『ビットコインが安全資産ではないことが証明された』と語っています。

70万円台突入の可能性も?BTCの今後に対する見解

ここ最近で語られている「ビットコインの今後」に対する予想としては、
・7,500ドル〜8,500ドル(約79万〜90万円)まで下落する
・9,000ドル〜12,000ドル(約95万〜127万円)付近での蓄積が続く
・下落はすぐに終わり、近いうちに13,500ドル(約143万円)まで回復する
・短期的な蓄積期間の後に10万ドル(約1,060万円)まで高騰する
といったものがあります。

前回の100万円からの反発で2019年の最高値に到達できなかったことを考えると、100万円以下に下落する可能性は高いと予想されますが、長期的な予想としては依然として強気な意見が多く「今後も複数の要因によってビットコインに資金が流入することになる」といった意見も多数見られています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:分離マージン取引に「ADA・EOS・LINK」など5銘柄を追加

BINANCE:分離マージン取引に「ADA・EOS・LINK」など5銘柄を追加

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

ビットコイン「価格上昇に一連の規則性」歴史が繰り返す5段階の動き

ビットコイン「価格上昇に一連の規則性」歴史が繰り返す5段階の動き

「Picassoアート」をブロックチェーンでトークン化|ジョン・マカフィー氏も協力

「Picassoアート」をブロックチェーンでトークン化|ジョン・マカフィー氏も協力

BINANCE:仮想通貨販売所で「15種類の法定通貨」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「15種類の法定通貨」をサポート

ブロックチェーン企業「Power Ledger」リチャード・ブランソン卿のコンテストで優勝

ブロックチェーン企業「Power Ledger」リチャード・ブランソン卿のコンテストで優勝

注目度の高い仮想通貨ニュース

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す