イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2019年8月20日、英国の送金会社「Xendpay」がRippleNet(リップルネット)に参加し、送金対応地域を拡大していることを発表しました。XendpayはRippleNetを通じて、バングラデシュ・マレーシア・フィリピン・ベトナム・インドネシア・タイなどへのリアルタイム送金サービスを提供しています。

こちらから読む:金融大手がXRPによる寄付金を受け入れ「Ripple/XRP」関連ニュース

送金時間を大幅短縮|3〜4日を「1時間以内」に

RippleNet(リップルネット)に参加している「Xendpay」はイギリスの有名な国際送金会社であり、日本円に対応している、比較的手数料が安いなどの理由から日本人にも愛用されていました。Xendpayの顧客の大半は、家賃や住宅ローン・公共料金・医療費・教育費などを支払うために母国へと送金を行なっている移民の人々だと伝えられています。

XendpayはRippleNetに加盟することによって、送金できる地域を「フィリピン・バングラデシュ・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイ」などへと拡大し、送金時間を大幅に短縮することができると説明されています。

Xendpayの製品イノベーション責任者であるBhavin Vaghela氏は次のように語っています。

タイバーツを送金した時、支払いが処理されるまでには3〜4日がかかっていました。RippleNetのおかげで、ドイツの顧客は日曜日の午前3時にプラットフォームにログインして、タイの受取人の銀行口座に1時間以内に入金することができます。RippleNetを介したタイに送金された最近の支払いは、90%以上が10分以内に送金されています。

各国法定通貨のサポートもよりスムーズに

Ripple社の発表によると、RippleNetはXendpayがこれまでサポートしていなかったマレーシアの「リンギット(MYR)」やバングラデッシュの「タカ(BDT)」などの通貨にも対応していると説明されています。

これまではこれらの通貨をサポートするためにはそれぞれのパートナー企業と提携を結び、ビジネスケースを作成する必要があったものの、RippleNetに参加することによってそのような無駄を省き、シンプルに送金サービスを提供することができると説明されています。

RippleNetに参加する金融機関は2019年1月時点で200社を超えていることが報告されており、平均すると毎週2〜3社ほどの金融機関がRippleNetに参加していると伝えられていました。グローバル化が進む現代社会において、国際送金を素早く安く行うことは非常に重要なことの一つでもあるため、今後はさらに多くの企業がRippleNetに参加していくことになると予想されます。

2019年8月23日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月15日に27円まで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2019年8月23日時点では「1XRP=28.82円」で取引されています。

2019年7月24日〜2019年8月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月24日〜2019年8月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す