イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2019年8月20日、英国の送金会社「Xendpay」がRippleNet(リップルネット)に参加し、送金対応地域を拡大していることを発表しました。XendpayはRippleNetを通じて、バングラデシュ・マレーシア・フィリピン・ベトナム・インドネシア・タイなどへのリアルタイム送金サービスを提供しています。

こちらから読む:金融大手がXRPによる寄付金を受け入れ「Ripple/XRP」関連ニュース

送金時間を大幅短縮|3〜4日を「1時間以内」に

RippleNet(リップルネット)に参加している「Xendpay」はイギリスの有名な国際送金会社であり、日本円に対応している、比較的手数料が安いなどの理由から日本人にも愛用されていました。Xendpayの顧客の大半は、家賃や住宅ローン・公共料金・医療費・教育費などを支払うために母国へと送金を行なっている移民の人々だと伝えられています。

XendpayはRippleNetに加盟することによって、送金できる地域を「フィリピン・バングラデシュ・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイ」などへと拡大し、送金時間を大幅に短縮することができると説明されています。

Xendpayの製品イノベーション責任者であるBhavin Vaghela氏は次のように語っています。

タイバーツを送金した時、支払いが処理されるまでには3〜4日がかかっていました。RippleNetのおかげで、ドイツの顧客は日曜日の午前3時にプラットフォームにログインして、タイの受取人の銀行口座に1時間以内に入金することができます。RippleNetを介したタイに送金された最近の支払いは、90%以上が10分以内に送金されています。

各国法定通貨のサポートもよりスムーズに

Ripple社の発表によると、RippleNetはXendpayがこれまでサポートしていなかったマレーシアの「リンギット(MYR)」やバングラデッシュの「タカ(BDT)」などの通貨にも対応していると説明されています。

これまではこれらの通貨をサポートするためにはそれぞれのパートナー企業と提携を結び、ビジネスケースを作成する必要があったものの、RippleNetに参加することによってそのような無駄を省き、シンプルに送金サービスを提供することができると説明されています。

RippleNetに参加する金融機関は2019年1月時点で200社を超えていることが報告されており、平均すると毎週2〜3社ほどの金融機関がRippleNetに参加していると伝えられていました。グローバル化が進む現代社会において、国際送金を素早く安く行うことは非常に重要なことの一つでもあるため、今後はさらに多くの企業がRippleNetに参加していくことになると予想されます。

2019年8月23日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月15日に27円まで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2019年8月23日時点では「1XRP=28.82円」で取引されています。

2019年7月24日〜2019年8月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月24日〜2019年8月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitMEX:Blockstream社の「ビットコイン衛星システム」をテスト

BitMEX:Blockstream社の「ビットコイン衛星システム」をテスト

エルサルバドルの「ビットコイン債権」今週中にもリリースか

エルサルバドルの「ビットコイン債権」今週中にもリリースか

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

Bakktのアダム・ホワイト社長「来週でバックトを離れる」と報告

Bakktのアダム・ホワイト社長「来週でバックトを離れる」と報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

NIKE × RTFKT:最新技術搭載Web3スニーカー「Cryptokicks iRL」を発表

NIKE × RTFKT:最新技術搭載Web3スニーカー「Cryptokicks iRL」を発表

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

OasysのOASトークン:暗号資産取引所「OKX・Kucoin・Bybit・Gate・Huobi」上場へ

OasysのOASトークン:暗号資産取引所「OKX・Kucoin・Bybit・Gate・Huobi」上場へ

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す