イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2019年8月20日、英国の送金会社「Xendpay」がRippleNet(リップルネット)に参加し、送金対応地域を拡大していることを発表しました。XendpayはRippleNetを通じて、バングラデシュ・マレーシア・フィリピン・ベトナム・インドネシア・タイなどへのリアルタイム送金サービスを提供しています。

こちらから読む:金融大手がXRPによる寄付金を受け入れ「Ripple/XRP」関連ニュース

送金時間を大幅短縮|3〜4日を「1時間以内」に

RippleNet(リップルネット)に参加している「Xendpay」はイギリスの有名な国際送金会社であり、日本円に対応している、比較的手数料が安いなどの理由から日本人にも愛用されていました。Xendpayの顧客の大半は、家賃や住宅ローン・公共料金・医療費・教育費などを支払うために母国へと送金を行なっている移民の人々だと伝えられています。

XendpayはRippleNetに加盟することによって、送金できる地域を「フィリピン・バングラデシュ・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイ」などへと拡大し、送金時間を大幅に短縮することができると説明されています。

Xendpayの製品イノベーション責任者であるBhavin Vaghela氏は次のように語っています。

タイバーツを送金した時、支払いが処理されるまでには3〜4日がかかっていました。RippleNetのおかげで、ドイツの顧客は日曜日の午前3時にプラットフォームにログインして、タイの受取人の銀行口座に1時間以内に入金することができます。RippleNetを介したタイに送金された最近の支払いは、90%以上が10分以内に送金されています。

各国法定通貨のサポートもよりスムーズに

Ripple社の発表によると、RippleNetはXendpayがこれまでサポートしていなかったマレーシアの「リンギット(MYR)」やバングラデッシュの「タカ(BDT)」などの通貨にも対応していると説明されています。

これまではこれらの通貨をサポートするためにはそれぞれのパートナー企業と提携を結び、ビジネスケースを作成する必要があったものの、RippleNetに参加することによってそのような無駄を省き、シンプルに送金サービスを提供することができると説明されています。

RippleNetに参加する金融機関は2019年1月時点で200社を超えていることが報告されており、平均すると毎週2〜3社ほどの金融機関がRippleNetに参加していると伝えられていました。グローバル化が進む現代社会において、国際送金を素早く安く行うことは非常に重要なことの一つでもあるため、今後はさらに多くの企業がRippleNetに参加していくことになると予想されます。

2019年8月23日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月15日に27円まで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2019年8月23日時点では「1XRP=28.82円」で取引されています。

2019年7月24日〜2019年8月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月24日〜2019年8月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

郵便局で「仮想通貨の購入」が可能に|今後はXRPなども販売予定:リヒテンシュタイン

郵便局で「仮想通貨の購入」が可能に|今後はXRPなども販売予定:リヒテンシュタイン

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月29日〜6月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月29日〜6月4日

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

Octagon Networks「バランスシート全体をビットコインに変換」サイバーセキュリティ企業初

Octagon Networks「バランスシート全体をビットコインに変換」サイバーセキュリティ企業初

STEPN(ステップン)中国居住者向けサービス停止を発表|GMT・GST価格は下落

STEPN(ステップン)中国居住者向けサービス停止を発表|GMT・GST価格は下落

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

FTX Japan「STEPNの招待コード・スニーカーNFTが当たるキャンペーン」開始

FTX Japan「STEPNの招待コード・スニーカーNFTが当たるキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す