ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想では「さらなる下落」を警戒する意見が多数出ており、今後数日間の動きには注目が集まっていますが、著名アナリストである「PLanB氏」と「Willy Woo氏」は楽観的な意見を語っており、"現在の価格帯は購入するのにちょうどいい価格である"との考えを示しています。

こちらから読む:ペット用品大手が"BTC還元サービス"導入「ビットコイン」関連ニュース

RSIチャートから見る現在のビットコイン

ビットコイン価格は現在100万円付近での停滞を続けており、今後は一時的に80万〜90万円台まで下落する可能性もあると言われていますが、一部の著名な仮想通貨アナリストは「現在のBTCチャートは、BTC価格が220万円まで上昇する前のチャートに似ている」と語っています。

Twitterで3万人のフォロワーを持つPlanB氏は、2019年8月29日のツイートでビットコインの相対強度指数(RSI)の画像を投稿し「現在のビットコインは2016年半ば頃と同じような動きをしているように見える」と語っています。

ビットコインはまだ強いように見えます。2016年半ばのような気分です。

PlanB氏は、RSIチャートの50未満〜90未満への動きは長期的なトレンドを示すものであり、簡単には壊れない傾向があると説明しています。この画像で見ると、2016年半ば頃にも現在のような一時的な下落が見られているものの、その後は大きく回復しており2017年末にピークに達していることが示されています。

この歴史が繰り返されるのであれば、現在のビットコイン市場はまだ上昇トレンドの初期段階であり、今後も数カ月間に渡って上昇が続くことになると予想されます。

128MA接触は「ビットコイン購入の良い機会」

独自の指標などに基づいて仮想通貨市場を分析していることで知られる著名アナリストのWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は「ビットコインが成長する際には一定の後退が必要である」と語っており、日足チャートで128日移動平均線(128MA)に軽く接触したことは非常にポジティブな兆候であると説明しています。

同氏は「ビットコインの強気相場では"128日移動平均線"に接触することが何度もある」と語っており、その時がビットコイン購入のタイミングだと述べています。

128d MAに接するのは非常に良い兆候です。これまでは過熱していました。BTCの歴史に見られる特徴に精通している人々は「地盤を維持するためには強気相場で128dラインに何度も触れる必要があること」を知っています。それらは良い購入の機会を提供します。

実際に先日29日に日足チャートで128日移動平均線に接触したビットコインは、現在反発してやや回復してきているため、今後短期的には一定の価格帯まで回復することになると予想されます。

現時点では下落傾向が続いており、主要なレジスタンスライン(抵抗線)を超え切れていない状態でもあるため、今後はそのラインを突破できるかが重要となりますが、PlanB氏とWilly Woo氏はこれまでにも予想を当ててきた実績のあるアナリストでもあるため、今回の両者の発言も注目する価値があると言えるでしょう。

2019年8月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日29日に100万円付近まで下落しましたがその後やや回復しており、2019年8月30日時点では「1BTC=1,019,333円」で取引されています。

2019年8月23日〜2019年8月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月23日〜2019年8月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

ウォレットを超えたXRP Ledger銀行アプリ「Xumm」を紹介:リップル投資部門

注目度の高い仮想通貨ニュース

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

トランプ氏の仮想通貨保有額が「1,000万ドル」に到達|ミームコインの価格高騰が影響

AI関連仮想通貨「FET・OCEAN・AGIX」の合併日が確定|ASIへの移行スケジュールと交換レート

AI関連仮想通貨「FET・OCEAN・AGIX」の合併日が確定|ASIへの移行スケジュールと交換レート

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

コインチェック「10万円分のBRILが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「10万円分のBRILが当たるキャンペーン」開始

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

Baseブロックチェーン上で誕生した最新ミームコイン「Base Dawgz」プレセール開始後、20万ドル以上の資金調達に成功

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

BlackRock:イーサリアム現物ETFの「更新版S-1書類」提出|6月末ローンチの可能性も?

BlackRock:イーサリアム現物ETFの「更新版S-1書類」提出|6月末ローンチの可能性も?

Bitget:本人確認(KYC認証)未完了ユーザーに「出金制限」実施へ

Bitget:本人確認(KYC認証)未完了ユーザーに「出金制限」実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す