ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想では「さらなる下落」を警戒する意見が多数出ており、今後数日間の動きには注目が集まっていますが、著名アナリストである「PLanB氏」と「Willy Woo氏」は楽観的な意見を語っており、"現在の価格帯は購入するのにちょうどいい価格である"との考えを示しています。

こちらから読む:ペット用品大手が"BTC還元サービス"導入「ビットコイン」関連ニュース

RSIチャートから見る現在のビットコイン

ビットコイン価格は現在100万円付近での停滞を続けており、今後は一時的に80万〜90万円台まで下落する可能性もあると言われていますが、一部の著名な仮想通貨アナリストは「現在のBTCチャートは、BTC価格が220万円まで上昇する前のチャートに似ている」と語っています。

Twitterで3万人のフォロワーを持つPlanB氏は、2019年8月29日のツイートでビットコインの相対強度指数(RSI)の画像を投稿し「現在のビットコインは2016年半ば頃と同じような動きをしているように見える」と語っています。

ビットコインはまだ強いように見えます。2016年半ばのような気分です。

PlanB氏は、RSIチャートの50未満〜90未満への動きは長期的なトレンドを示すものであり、簡単には壊れない傾向があると説明しています。この画像で見ると、2016年半ば頃にも現在のような一時的な下落が見られているものの、その後は大きく回復しており2017年末にピークに達していることが示されています。

この歴史が繰り返されるのであれば、現在のビットコイン市場はまだ上昇トレンドの初期段階であり、今後も数カ月間に渡って上昇が続くことになると予想されます。

128MA接触は「ビットコイン購入の良い機会」

独自の指標などに基づいて仮想通貨市場を分析していることで知られる著名アナリストのWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は「ビットコインが成長する際には一定の後退が必要である」と語っており、日足チャートで128日移動平均線(128MA)に軽く接触したことは非常にポジティブな兆候であると説明しています。

同氏は「ビットコインの強気相場では"128日移動平均線"に接触することが何度もある」と語っており、その時がビットコイン購入のタイミングだと述べています。

128d MAに接するのは非常に良い兆候です。これまでは過熱していました。BTCの歴史に見られる特徴に精通している人々は「地盤を維持するためには強気相場で128dラインに何度も触れる必要があること」を知っています。それらは良い購入の機会を提供します。

実際に先日29日に日足チャートで128日移動平均線に接触したビットコインは、現在反発してやや回復してきているため、今後短期的には一定の価格帯まで回復することになると予想されます。

現時点では下落傾向が続いており、主要なレジスタンスライン(抵抗線)を超え切れていない状態でもあるため、今後はそのラインを突破できるかが重要となりますが、PlanB氏とWilly Woo氏はこれまでにも予想を当ててきた実績のあるアナリストでもあるため、今回の両者の発言も注目する価値があると言えるでしょう。

2019年8月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日29日に100万円付近まで下落しましたがその後やや回復しており、2019年8月30日時点では「1BTC=1,019,333円」で取引されています。

2019年8月23日〜2019年8月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月23日〜2019年8月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

楽天ウォレット:楽天ポイントと暗号資産の交換で「10%還元」キャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す