税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

by BITTIMES

ウクライナ政府が"仮想通貨の合法化"を検討していることが地元のメディア「LigaMedia」の報道で明らかになりました。現時点でも仮想通貨は違法とはされていないものの、正式に合法化することによって"税金面"で恩恵を受けることができると考えられてます。

こちらから読む:ビットポイント、送金サービスを本日再開「仮想通貨」関連ニュース

ウクライナのデジタル変革担当副大臣であるAlexander Bornyakov(アレクサンダー・ボルニャコフ)氏は、最近行われた発表会の中で、デジタル情報省の大臣であるMikhail Fedorov(ミハイル・フェドロフ)氏が「仮想通貨の合法化」を近いうちに実施すると明かしました。

ウクライナで仮想通貨は違法ではないものの、明確に合法とされていたわけでもないため、仮想通貨関連のビジネスはこれまでグレーゾーンとなっていました。

ボルニャコフ氏は『これまでグレーゾーンで仮想通貨に関わっていた人々は、税金の支払いを行うべきだ』と指摘しており、"仮想通貨の合法化"を明確にすることによってウクライナ政府が税金面で恩恵を受けることができると説明しています。

デジタル情報省は仮想通貨を合法化することによって、仮想通貨業界と政府の交流をスムーズに運べるようにすることを目指しており、そのために利便性を向上させる必要があるとも語っています。また取り組みの一環として、登録書類などをブロックチェーンに移行することも計画していると伝えられています。

ウクライナでは2018年から「仮想都市計画」なども進められており、今年4月には「公共交通機関でビットコイン決済を導入すること」も再検討されています。「仮想通貨の合法化」が正式に決定すれば、同国の仮想通貨関連の取り組みもさらに活発化すると期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説