公共交通機関への「ビットコイン決済導入」を再検討:ウクライナの首都キエフ

by BITTIMES   

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)は、世界各国の公共交通機関で徐々に受け入れられ始めています。ウクライナの首都キエフでは、昨年の時点で一度却下されていたビットコイン決済の導入が再び再検討されていると伝えられています。

こちらから読む:Coincheck、大口顧客向けサービスを開始「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン決済導入の「メリット」を調査

キエフ市国家局(KCSA)は、現在キエフ市の公共交通機関でビットコイン決済を採用することを再検討していると報じられています。これはキエフの公共交通機関のインフラを改善するための取り組みの一環であり、現在は実際にビットコイン決済を採用した際には「どのようなメリットが得られるか?」についての話し合いが行われていると伝えられています。

「キエフ市の公共交通機関でビットコインを受け入れる」というアイデアは、2018年の時点から提案されていましたが、当時はビットコインを実用化するにはコストが高すぎるという問題があったため、それらのアイデアは一時的に放棄されていました。しかし現在はビットコイン価格も下落し、導入する際のコストも安く抑えることができるため、再検討が行われていると報じられています。

公共交通機関におけるビットコイン決済の導入は、2019年2月に発売された「キエフスマートカード」と呼ばれるプリペイドカードを通じて行われると伝えられています。このカードは市内のあらゆる公共交通機関にアクセスすることができるとされており、「地下鉄/バス/路面電車/タクシー/電車」などで使用できると説明されています。

「プリペイドカード」と「ビットコイン」の融合

世界各国の都市では、通勤のプロセスを簡素化するためにプリペイドカードを使用するのが一般的になりつつあり、一部の地域ではそれらのプリペイドカードにビットコイン(BTC)を組み合わせる取り組みが進められています。

アルゼンチンの都市では「SUBEトラベルカード」と呼ばれるカードでビットコインが受け入れられているということが今年の2月に報告されています。また先日は、日本でもJR東日本が発行している電子マネー「Suica(スイカ)」のチャージでビットコインを使用できるようにする計画があることが明らかになり話題となりました。

報道によると、キエフでは公共交通機関のすべてで単一の「ビットコインチケット」を導入する計画もあると伝えられています。これらの計画が承認され、実際に導入が始まれば、ウクライナにおけるビットコインと仮想通貨の評判は大きく高まると期待されます。

2019年4月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は順調に回復を続けており、現在は最近の最高値である46万円にまで上昇しています。2019年4月2日時点では「1BTC=465,982円」に達しているため、今後は大きな価格上昇が起こる可能性もあると考えられます。

2019年2月1日〜2019年4月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月1日〜2019年4月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC「Krakenのステーキングサービスは証券法違反」と指摘|対象事業者に登録求める

米SEC「Krakenのステーキングサービスは証券法違反」と指摘|対象事業者に登録求める

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

Kraken:UAEアブダビのオフィス閉鎖|AEDのサポートも停止

Kraken:UAEアブダビのオフィス閉鎖|AEDのサポートも停止

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

ソラナDEXのJupiter:WEN取引増加で「取引高ランキング1位」に|Uniswapを超える

ソラナDEXのJupiter:WEN取引増加で「取引高ランキング1位」に|Uniswapを超える

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す