ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月末に80万円台まで急落し、現在も下落傾向が続いていますが、「ストック・フロー比率」に基づいて価格予想を行なっていることで知られる著名アナリスト「PlanB」氏は、2019年10月3日のツイートで「ビットコインは新しい上昇フェーズに突入した」と語っています。

こちらから読む:仮想通貨関連の特殊詐欺事件で初摘発「ビットコイン」関連ニュース

今後6〜12ヶ月で「大幅上昇」の可能性

ビットコイン(BTC)の価格を予測する際に、現在の流通量(ストック)とこれから新たに発行される採掘量(フロー)に基づいて適正価格を導き出す「ストック・フロー比率」を利用していることで知られる著名アナリスト「PlanB」氏は、2019年10月3日のツイートで『ビットコインは新しい段階に突入した』と語りました。

現時点のビットコイン価格を見ると強気相場に突入しているようには見えませんが、同氏は今後6〜12ヶ月の間に力強い回復が見られる可能性があると予想しています。

ビットコインのフラクタル次元(べき乗則関数「y=a*x^b」のパラメーターb)は、新しいフェーズに入っていることを示しています:オレンジ/赤。現時点ではそれほどオレンジ/強気ではありませんが、次の6〜12ヶ月は非常に楽しみです。

フラクタルとは、無限に繰り返されるパターンのことであり、「全体から切り取ったある部分」が「全体」と相似しているような図形のことを指します。

これは自然界に存在する様々な場面で見られるものであり、コンピュータグラフィックスなどでも用いられていますが、それと同時に"株価の動向"などといった社会的な現象もフラクタルな性質を持っていると言われており、ビットコインに当てはめているアナリストも複数存在します。

PlanB氏が以前に予測した内容では、ビットコイン価格2021年頃に100,000ドル(約1,068万円)ほどにまで上昇するとされていますが、最近ではドイツの「バイエルン州立銀行(BayernLB)」もストック・フロー比率に基づいてビットコイン価格は半減期後に9万ドル(約970万円)になるとの予想を記したレポートを公開しています。

ビットコイン価格に関しては、その他多くの投資家やアナリストたちが今後数ヶ月間での価格上昇を予想しているため、今後の動きには注目です。

2019年10月4日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月末に83万円近くまで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年10月4日時点では「1BTC=873,991円」で取引されています。

2019年9月20日〜2019年10月4日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月20日〜2019年10月4日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ビットコインクジラは順調に資産を増やす|2ヶ月間の下落相場で「15万BTC」買い貯め

ビットコインクジラは順調に資産を増やす|2ヶ月間の下落相場で「15万BTC」買い貯め

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

シンボル(Symbol/XYM)ハードフォーク「キプロス」を完了

シンボル(Symbol/XYM)ハードフォーク「キプロス」を完了

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

露最大手銀行Sberbank「ロシア初のブロックチェーンETF」をローンチ

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

カルダノ基盤トークンを売買できる分散型取引所「SundaeSwap」ベータ版公開

カルダノ基盤トークンを売買できる分散型取引所「SundaeSwap」ベータ版公開

Moonstake Wallet「Everscale(EVER)のステーキング」対応へ

Moonstake Wallet「Everscale(EVER)のステーキング」対応へ

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す