ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

by BITTIMES

ドイツの「バイエルン州立銀行(BayernLB)」は、最近公開したレポートの中で「2020年5月に控えている半減期を考慮して考えると、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は9万ドル(約970万円)になるはずだ」との考えを示しています。

こちらから読む:仮想通貨要求する脅迫メールに要注意「ビットコイン」関連ニュース

ストック・フロー比率に基づいて算出

ドイツのバイエルン州立銀行(BayernLB)は、「現在の流通量(ストック)」と「これから新たに発行される採掘量(フロー)」に基づいて適正価格を導き出す「ストック・フロー比率」の重要性を強調しており、2020年5月頃に予定されている半減期を考慮して考えると、ビットコインの価格は9万ドル(約970万円)になるはずだと説明しています。

(画像:bayernlb.com)(画像:bayernlb.com)

「ストック・フロー比率」の考え方は一般的にゴールド(金)の価格を算出する際に用いられていますが、バイエルン州立銀行は「ビットコインも金と同様に限られた量しか採掘することができないため、このメカニズムはビットコインにも適用することができる」と説明しています。

金とビットコインに共通点があると考えているバイエルン州立銀行は、ビットコインは次の半減期である2020年5月にストック・フロー比率で金とほぼ同じになり、その後は金を超えていくことになると予測しています。

ビットコインが半減期を迎えると、マイニング(採掘)で得られる報酬量が半分になるため、ストック・フロー比率に大きな影響を与え、価格上昇につながると考えられています。特にビットコインは初めから最大供給量が2,100万BTCに決められており、半減期の時期もおよそ4年に1回となっているため、ストック・フロー比率に基づいて価格予想を立てているアナリストが複数存在します。

Twitterで人気の仮想通貨アナリストである「PlanB」氏も以前からストック・フローモデルに基づいてビットコイン価格予想を語っており、2021年には1BTCの価格が10万ドル(約1,078万円)に達すると予想しています。

現在のビットコイン価格は、約8,200ドル(約884,000円)となっていますが、ストック・フローモデルに基づいた現在の適正価格は9,232ドル(約995,000円)となっているため、このモデルに基づいて考えると現在のビットコインは比較的安値であると判断することができます。

>>「独バイエルン州立銀行」が公開したレポートはこちら

2019年10月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月末に83万円近くまで下落して以降はやや回復してきており、2019年10月2日時点では「1BTC=892,075円」で取引されています。

2019年9月18日〜2019年10月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月18日〜2019年10月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

Socios.com:NBA所属チーム「Sacramento Kings」とマーケティング提携

Socios.com:NBA所属チーム「Sacramento Kings」とマーケティング提携

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

Oasys:戦略的投資ラウンドを完了「Galaxy Interactive・MZ Web3ファンド」などが参加

Oasys:戦略的投資ラウンドを完了「Galaxy Interactive・MZ Web3ファンド」などが参加

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

UST・LUNA市場操作の疑いで「FTX創業者」を捜査|Do Kwon氏もコメント

UST・LUNA市場操作の疑いで「FTX創業者」を捜査|Do Kwon氏もコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す