ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

by BITTIMES

ドイツの「バイエルン州立銀行(BayernLB)」は、最近公開したレポートの中で「2020年5月に控えている半減期を考慮して考えると、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は9万ドル(約970万円)になるはずだ」との考えを示しています。

こちらから読む:仮想通貨要求する脅迫メールに要注意「ビットコイン」関連ニュース

ストック・フロー比率に基づいて算出

ドイツのバイエルン州立銀行(BayernLB)は、「現在の流通量(ストック)」と「これから新たに発行される採掘量(フロー)」に基づいて適正価格を導き出す「ストック・フロー比率」の重要性を強調しており、2020年5月頃に予定されている半減期を考慮して考えると、ビットコインの価格は9万ドル(約970万円)になるはずだと説明しています。

(画像:bayernlb.com)(画像:bayernlb.com)

「ストック・フロー比率」の考え方は一般的にゴールド(金)の価格を算出する際に用いられていますが、バイエルン州立銀行は「ビットコインも金と同様に限られた量しか採掘することができないため、このメカニズムはビットコインにも適用することができる」と説明しています。

金とビットコインに共通点があると考えているバイエルン州立銀行は、ビットコインは次の半減期である2020年5月にストック・フロー比率で金とほぼ同じになり、その後は金を超えていくことになると予測しています。

ビットコインが半減期を迎えると、マイニング(採掘)で得られる報酬量が半分になるため、ストック・フロー比率に大きな影響を与え、価格上昇につながると考えられています。特にビットコインは初めから最大供給量が2,100万BTCに決められており、半減期の時期もおよそ4年に1回となっているため、ストック・フロー比率に基づいて価格予想を立てているアナリストが複数存在します。

Twitterで人気の仮想通貨アナリストである「PlanB」氏も以前からストック・フローモデルに基づいてビットコイン価格予想を語っており、2021年には1BTCの価格が10万ドル(約1,078万円)に達すると予想しています。

現在のビットコイン価格は、約8,200ドル(約884,000円)となっていますが、ストック・フローモデルに基づいた現在の適正価格は9,232ドル(約995,000円)となっているため、このモデルに基づいて考えると現在のビットコインは比較的安値であると判断することができます。

>>「独バイエルン州立銀行」が公開したレポートはこちら

2019年10月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月末に83万円近くまで下落して以降はやや回復してきており、2019年10月2日時点では「1BTC=892,075円」で取引されています。

2019年9月18日〜2019年10月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月18日〜2019年10月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT:Otherside取扱開始「最大30万円相当のETHがもらえるキャンペーン」開催

Coincheck NFT:Otherside取扱開始「最大30万円相当のETHがもらえるキャンペーン」開催

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

Huobi Japan:IOST上場記念「2つのキャンペーン」開始|最大10万円相当プレゼント

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

Terraエコシステム復興プラン2(修正版)が可決|暗号資産取引所の対応表明も続々と

Terraエコシステム復興プラン2(修正版)が可決|暗号資産取引所の対応表明も続々と

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

イーロン・マスク氏:訴訟後も「ドージコイン」を強く支持|DOGE価格も反応

イーロン・マスク氏:訴訟後も「ドージコイン」を強く支持|DOGE価格も反応

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

Coincheckつみたて:BTCが必ずもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:BTCが必ずもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す