仮想通貨ペトロ(PTR)は違法である|ベネズエラ国会

by BITTIMES

ベネズエラの国会は、同国独自の仮想通貨ペトロ(PTR)の発行が国内法の下では違法であると判断しました。この発表によりペトロに関する実際の問題や批判の内容が明らかになっています。

暗号通貨を非難するグループのメンバーは「ペトロは単にベネズエラで進行している政治危機の症状である」と主張しており、すでに7億3500万ドルを調達したと言われている売却行為に対して激怒しました。

ベネズエラの予算/公的信用/金融/通貨および為替政策を担当する、経済財政委員会の委員長を務めるラファエル・グズマン氏は、労働者に貯蓄銀行を通じてペトロを買収させるという政府の主張に対して「ベネズエラ人にPTRの強制的な要求を実施しようとしている」と批判しました。

また「食品や医薬品がベネズエラ人に返還されることはペトロと正確には一致しない」とも述べています。

Francisco Sucre副議長は、ペトロを発行する作業に疑問を呈しており「回収された7億3500万ドルがボリバル州の生態系に投資されるべきである」と警告しています。
その他にも「国家資産を担保とするペトロのようなメカニズムは保証できない」とも語っています。

彼はペトロが絶対的に詐欺であると考えており、この仕組みの公募を無効とすることを主張しています。Francisco氏は以下のようにコメントしています。

油田は国産品であり、担保として提供することはできません

「国の状況はより危険にさらされており、誰も投資家の起源を知っているわけではなく、石油のような自由落下した商品でドルを保証された機器に投資することはできません。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TokenStars(トークンスターズ)とは「未来のスター選手」を育成する仮想通貨

TokenStars(トークンスターズ)とは「未来のスター選手」を育成する仮想通貨

ICO(Initial coin offering・クラウドセール)とは?

ICO(Initial coin offering・クラウドセール)とは?

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

ベネズエラ独自の仮想通貨ペトロ(PTR)に厳しい意見相次ぐ

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ICO規制の可能性「中国中央銀行の新たな判断とは」

ICO規制の可能性「中国中央銀行の新たな判断とは」

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す