アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

by BITTIMES

マルウェアやメール詐欺などといったサイバー攻撃に対抗するためのソリューションを提供している「Cofense(コフェンス)」は、騙し取ったヌード写真などのプライベート画像を脅迫に用いて金品の支払いなどを要求する「セクストーション」で請求される仮想通貨がビットコイン(Bitcoin/BTC)からライトコイン(Litecoin/LTC)のようなアルトコインへと移行してきていることを報告しました。

こちらから読む:URLの直打ちは危険「詐欺」関連ニュース

セクストーションとは?

セクストーションとは「sex(性的な)」と「extortion(ゆすり、恐喝)」という言葉を組み合わせた造語であり、何らかの方法で騙し取ったヌード写真などのプライベード画像などを用いて、金品の支払いを要求する脅迫行為のことを指します。

典型的なセクストーション詐欺では、メールを受信したターゲットとなる人物のデバイスにマルウェアをインストールすることによって、アダルトサイトの閲覧履歴やWEBカメラの映像を取得したと主張する手口が用いられます。犯人は「これらのデータを友人・家族・同僚などに送信されたくなければ金品を支払え」と要求します。

また、被害者のメールアドレスを「パスワード漏洩リスト」から入手し、漏洩したパスワードを被害者に提示することによって自らの主張の信憑性を高めようとする手法が取られることもあります。

「簡単に入手可能なアルトコイン」が新たな支払い手段に

セクストーションスパムの被害者が犯人に要求される仮想通貨はこれまでビットコイン(BTC)が主流であったものの、Cofense(コフェンス)が今回公開したレポートでは「要求される仮想通貨がライトコイン(LTC)のような"アルトコイン"に移行しつつある」ということが報告されています。

Cofenseの報告によると、要求する仮想通貨アルトコインへと移行している背景には「電子メールのフィルタリングによる検出を回避しようとする意図がある」とされています。攻撃者たちはこれまでにもセキュリティ企業が詐欺行為への対策をとった際に「テキストを画像データに置き換える」などの方法をとることによって検出されるのを逃れてきたものの、企業側がビットコインアドレスのチェックなどを始めたことによって、その他の仮想通貨へと移行せざるを得ない状況になってきているとのことです。

なお、要求される仮想通貨はアルトコインに移行してきてはいるものの、攻撃者としては「被害者が簡単に購入できる仮想通貨」でなければ支払いがスムーズに行われない可能性があるため、ライトコインなどのような比較的簡単に入手することができる仮想通貨が"新たな仮想通貨"として選ばれているとのことです。

詐欺に巻き込まれないようにするためには?

Cofenseは、そのような類の詐欺行為に巻き込まれないようにするための対策として、
・不審なメールが届いた際には開封せずに無視すること
・「haveibeenpwned.com」などを使用して個人情報漏洩リスクを確認すること
などを推奨しています。

「haveibeenpwned.com」は、自分自身のメールアドレスを入力するだけで簡単に「自分のパスワードが過去の漏洩データに載った危険なものであるかどうか」を確認することができるサービスであり、このサイトを使用することによってユーザーは自分のメールアドレスがターゲットになる可能性があるかどうかを知ることができます。

これらの詐欺に関するより詳しい説明や対策などについては、以下の公式発表をご覧ください。
>>「Cofense」の公式発表はこちら
>>「haveibeenpwned.com」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本初!仮想通貨を

日本初!仮想通貨を"差し押さえ"られた駐車金違反の男性

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月30日〜9月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月30日〜9月5日

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す