ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

by BITTIMES

仮想通貨のカストディサービスを手掛けるスタートアップ企業「Casa」のCEOであるJeremy Welch(ジェレミー・ウェルチ)氏は、先日ラトビアのリガで開催された「Baltic Honeybadger Conference」の中で、ブラウザ拡張機能には仮想通貨盗難の危険性が潜んでいることを警告しました。

こちらから読む:流出したBTC、1年で20カ国以上に分散「仮想通貨」関連ニュース

詐欺師に悪用される「ブラウザ拡張機能」

ブラウザ拡張機能は仮想通貨業界でも数多くリリースされており、分散型アプリケーション(DApps)などを利用する際などにも頻繁に利用されていますが、「Casa」のCEOであるJeremy Welch(ジェレミー・ウェルチ)氏は、詐欺師たちは様々なブラウザ拡張機能を利用してビットコインを盗み取ろうとしていると警告しています。

ウェルチ氏は「ブロックチェーンは不可逆的な性質を持っているため、そのような攻撃を受けた場合、盗まれたビットコインを取り戻すのは困難である」と説明した上で、ブラウザ拡張機能の使用に注意を促しています。

同氏はプレゼンテーションの中で「詐欺師が仮想通貨を盗み出す際に利用する方法」として、
・フィッシング
・マルウェア
・SIMカードの乗っ取り
・物理的な強要
・ネットワークアタック
・サプライチェーンアタック
・内部サービスプロバイダーアタック
・プラットフォーム/ホスティングアタック
・コード依存型の攻撃
などといった様々な手法をあげており、ビットコインや仮想通貨を保有している投資家は警戒し続けておく必要があると説明しています。

ウェルチ氏が挙げた仮想通貨の盗難方法ウェルチ氏が挙げた仮想通貨の盗難方法

ブラウザ拡張機能は、特にWebアプリの場合に大きなリスクをもたらしますが、現時点では「ブラウザ拡張機能に関連するリスク」についての議論は十分に行われていません。

履歴データから「情報漏洩」の可能性も

開発者はブラウザ拡張機能を使用して大量のデータを収集することができますが、それらのデータは漏洩・盗難などの危険に晒されています。収集されるデータの具体的な例の1つとしては「ブラウザの履歴データ」がありますが、これは仮想通貨関連サイトへのアクセスなどといった、ユーザーがオンライン上で普段行なっている行動を確認し、関連情報を抜き取ることに悪用される可能性があります。

一部の拡張機能には「ユーザーの本人確認情報(KYC)」を使用するものも含まれていますが、これらのデータも盗み取られた上で詐欺師に漏洩してしまう可能性があるため注意が必要です。

実際にウェルチ氏は、壁紙などといった様々なコンテンツを提供する拡張機能が、本人確認情報の入力フォームで実際にデータを盗み取る方法を示しています。このようなケースでは、運転免許証などの画像データが漏洩してしまう危険性がありますが、これらの作業はバックグラウンドで行われるため、ユーザーはデータを盗まれていることに気付かない可能性があります。

ウェルチ氏は「Casa」が将来的により多くのセキュリティ調査に関する情報を公開する予定であることを語っており、ビットコインの開発者や起業家に対して「セキュリティ問題への対処法・懸念点・アイデア」などを共有することを推奨しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

ザイフ:仮想通貨決済サービス「Zaif Payment」再開へ|BTC・MONAに対応

ザイフ:仮想通貨決済サービス「Zaif Payment」再開へ|BTC・MONAに対応

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

ビットコインキャッシュ(BCH)の処理速度をVISAレベルに|開発チームの挑戦

ビットコインキャッシュ(BCH)の処理速度をVISAレベルに|開発チームの挑戦

Animoca Brands × Hedera Hashgraph「NFT活用したサッカーゲーム」開発へ

Animoca Brands × Hedera Hashgraph「NFT活用したサッカーゲーム」開発へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

ビットコイン価格:FOMC後に「23,000ドル」付近まで回復|トレンド転換なるか

ビットコイン価格:FOMC後に「23,000ドル」付近まで回復|トレンド転換なるか

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

Tesla(テスラ)保有するビットコインの「約75%」を売却

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

カルダノ基盤メタバース「Pavia」リブランディングに向けた大幅アップデートを予定

カルダノ基盤メタバース「Pavia」リブランディングに向けた大幅アップデートを予定

OKCoinJapan:P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEOを実施検討

OKCoinJapan:P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEOを実施検討

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Reddit:Polygon基盤の限定アバター「Collectible Avatars」販売へ

Reddit:Polygon基盤の限定アバター「Collectible Avatars」販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す