ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

by BITTIMES

仮想通貨のカストディサービスを手掛けるスタートアップ企業「Casa」のCEOであるJeremy Welch(ジェレミー・ウェルチ)氏は、先日ラトビアのリガで開催された「Baltic Honeybadger Conference」の中で、ブラウザ拡張機能には仮想通貨盗難の危険性が潜んでいることを警告しました。

こちらから読む:流出したBTC、1年で20カ国以上に分散「仮想通貨」関連ニュース

詐欺師に悪用される「ブラウザ拡張機能」

ブラウザ拡張機能は仮想通貨業界でも数多くリリースされており、分散型アプリケーション(DApps)などを利用する際などにも頻繁に利用されていますが、「Casa」のCEOであるJeremy Welch(ジェレミー・ウェルチ)氏は、詐欺師たちは様々なブラウザ拡張機能を利用してビットコインを盗み取ろうとしていると警告しています。

ウェルチ氏は「ブロックチェーンは不可逆的な性質を持っているため、そのような攻撃を受けた場合、盗まれたビットコインを取り戻すのは困難である」と説明した上で、ブラウザ拡張機能の使用に注意を促しています。

同氏はプレゼンテーションの中で「詐欺師が仮想通貨を盗み出す際に利用する方法」として、
・フィッシング
・マルウェア
・SIMカードの乗っ取り
・物理的な強要
・ネットワークアタック
・サプライチェーンアタック
・内部サービスプロバイダーアタック
・プラットフォーム/ホスティングアタック
・コード依存型の攻撃
などといった様々な手法をあげており、ビットコインや仮想通貨を保有している投資家は警戒し続けておく必要があると説明しています。

ウェルチ氏が挙げた仮想通貨の盗難方法ウェルチ氏が挙げた仮想通貨の盗難方法

ブラウザ拡張機能は、特にWebアプリの場合に大きなリスクをもたらしますが、現時点では「ブラウザ拡張機能に関連するリスク」についての議論は十分に行われていません。

履歴データから「情報漏洩」の可能性も

開発者はブラウザ拡張機能を使用して大量のデータを収集することができますが、それらのデータは漏洩・盗難などの危険に晒されています。収集されるデータの具体的な例の1つとしては「ブラウザの履歴データ」がありますが、これは仮想通貨関連サイトへのアクセスなどといった、ユーザーがオンライン上で普段行なっている行動を確認し、関連情報を抜き取ることに悪用される可能性があります。

一部の拡張機能には「ユーザーの本人確認情報(KYC)」を使用するものも含まれていますが、これらのデータも盗み取られた上で詐欺師に漏洩してしまう可能性があるため注意が必要です。

実際にウェルチ氏は、壁紙などといった様々なコンテンツを提供する拡張機能が、本人確認情報の入力フォームで実際にデータを盗み取る方法を示しています。このようなケースでは、運転免許証などの画像データが漏洩してしまう危険性がありますが、これらの作業はバックグラウンドで行われるため、ユーザーはデータを盗まれていることに気付かない可能性があります。

ウェルチ氏は「Casa」が将来的により多くのセキュリティ調査に関する情報を公開する予定であることを語っており、ビットコインの開発者や起業家に対して「セキュリティ問題への対処法・懸念点・アイデア」などを共有することを推奨しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

注目度の高い仮想通貨ニュース

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

COINCOME:8,000円相当の仮想通貨がもらえる「限定キャンペーン」を実施

COINCOME:8,000円相当の仮想通貨がもらえる「限定キャンペーン」を実施

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

BINANCE「日本円対応」の可能性も?決済処理会社「Simplex」日本円・カナダドルに対応

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す