BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

by BITTIMES

ガーナ共和国に本拠地を構えるクロスボーダー送金のスタートアップ企業「Bit Sika」は、仮想通貨に焦点を当てた投資会社「Linova Capital」と提携して、BinanceChain(バイナンスチェーン)を用いたアフリカ初のステーブルコイン「Africa Stablecoin(ABCD)」を発行します。

こちらから読む:クロアチアの郵便局が交換サービスを展開「仮想通貨」関連ニュース

ステーブルコイン「Africa Stablecoin/ABCD」

「Bit Sika」と「Linova Capital」が共同で発行する「アフリカステーブルコイン(Africa Stablecoin/ABCD)」は、ナイジェリアの法定通貨ナイラ(NGN)の価値に連動したステーブルコインとなっています。

このステーブルコインは、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の独自ブロックチェーンである「BinanceChain(バイナンスチェーン)」を用いて構築されており、アフリカで初めて発行されるステーブルコインだと伝えられています。

ABCDは「Bit Sika」と「Linova Capital」が率いている「ABCD Collective」によって発行されており、コインの信頼性を保証するために団体の資金は毎月末に独立した公認会計士によって監査されるとのことです。

このコインは「Busha」や「Bitmama」などを含む9つの取引所でサポートされる予定となっており、BitSikaのアプリなどで利用できるようにすることによって、採用を促進していくとされています。

将来的には「アフリカ各国の法定通貨」にも対応

Bitcoの創設者兼CEOであるAtsu Davo氏は、このステーブルコインがナイジェリアの法定通貨に基づいて開発された理由として「ナイジェリアでビットコインの需要が急速に高まっていること」を挙げています。

同氏によると、ナイジェリアは現在アフリカで最も活発に仮想通貨取引が行われている場所の1つであるため、最初はナイジェリアの法定通貨に連動したステーブルコインを発行し、将来的にその他の国の法定通貨を追加していくことになったと説明されています。

アフリカ大陸では仮想通貨関連の規制が明確に定められている訳ではありませんが、Google検索で「ビットコイン」を調べている量に関しては世界的に見てもアフリカが特に多いことが報告されています。

今後アフリカの様々な国の法定通貨に連動したステーブルコインが発行されることになれば、仮想通貨市場がさらに活発化し、ビットコインなどの流動性も高まることになると期待されます。

>>「ABCD」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

仮想通貨投資で200%の利益を出すPantera Capital CEOの戦略とは?

仮想通貨投資で200%の利益を出すPantera Capital CEOの戦略とは?

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す