BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

by BITTIMES

ガーナ共和国に本拠地を構えるクロスボーダー送金のスタートアップ企業「Bit Sika」は、仮想通貨に焦点を当てた投資会社「Linova Capital」と提携して、BinanceChain(バイナンスチェーン)を用いたアフリカ初のステーブルコイン「Africa Stablecoin(ABCD)」を発行します。

こちらから読む:クロアチアの郵便局が交換サービスを展開「仮想通貨」関連ニュース

ステーブルコイン「Africa Stablecoin/ABCD」

「Bit Sika」と「Linova Capital」が共同で発行する「アフリカステーブルコイン(Africa Stablecoin/ABCD)」は、ナイジェリアの法定通貨ナイラ(NGN)の価値に連動したステーブルコインとなっています。

このステーブルコインは、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の独自ブロックチェーンである「BinanceChain(バイナンスチェーン)」を用いて構築されており、アフリカで初めて発行されるステーブルコインだと伝えられています。

ABCDは「Bit Sika」と「Linova Capital」が率いている「ABCD Collective」によって発行されており、コインの信頼性を保証するために団体の資金は毎月末に独立した公認会計士によって監査されるとのことです。

このコインは「Busha」や「Bitmama」などを含む9つの取引所でサポートされる予定となっており、BitSikaのアプリなどで利用できるようにすることによって、採用を促進していくとされています。

将来的には「アフリカ各国の法定通貨」にも対応

Bitcoの創設者兼CEOであるAtsu Davo氏は、このステーブルコインがナイジェリアの法定通貨に基づいて開発された理由として「ナイジェリアでビットコインの需要が急速に高まっていること」を挙げています。

同氏によると、ナイジェリアは現在アフリカで最も活発に仮想通貨取引が行われている場所の1つであるため、最初はナイジェリアの法定通貨に連動したステーブルコインを発行し、将来的にその他の国の法定通貨を追加していくことになったと説明されています。

アフリカ大陸では仮想通貨関連の規制が明確に定められている訳ではありませんが、Google検索で「ビットコイン」を調べている量に関しては世界的に見てもアフリカが特に多いことが報告されています。

今後アフリカの様々な国の法定通貨に連動したステーブルコインが発行されることになれば、仮想通貨市場がさらに活発化し、ビットコインなどの流動性も高まることになると期待されます。

>>「ABCD」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産取引システムで「過去最大級のアップグレード」を完了

BINANCE:暗号資産取引システムで「過去最大級のアップグレード」を完了

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す