流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)から不正に流出した約580億円分のネム(NEM/XEM)は、ほぼ全額がほかの仮想通貨に交換されたことを複数の報道機関が専門家の話として伝えています。報道によると、北朝鮮による犯行の可能性は低いと見られている他、捜査本部が通信記録を解析した結果、流出の数時間前まで欧米のサーバーからの不審な通信記録が確認されてはいるものの、発信元の特定には至っていないとのことです。

全額が資金洗浄されるまでの経緯

今回の事件の一連の流れを分析している情報セキュリティーの専門家は、3月22日頃には犯人側のマネーロンダリング(資金洗浄)が完了したとみています。

情報セキュリティー会社エルプラスの杉浦隆幸社長が、ネット上に公開されたNEMの取引記録などから交換状況を分析した結果によると、流出後のネムは次のような経緯を辿ったとみられます。

1月26日
・流出直後にNEMの一部が無関係とみられる第三者のウォレットに送られる

2月7日頃
・匿名性の高い闇サイトであるダークウェブ上で残りのNEMの交換が開始

3月中旬
・流出したネム全体の約半分が交換される

3月20日
・NEM財団が追跡を停止したと発表した辺りから交換の動きが加速

3月22日
・午後7時頃には闇サイト上のNEMの残高がゼロになりほぼ全額の資金洗浄が完了

交換された仮想通貨の追跡は困難であるため、流出したNEMの回収は事実上不可能となりました。

捜査の進行状況

以前は北朝鮮による犯行であることが疑われていましたが、残高がゼロとなった後の闇サイトでは金正恩氏のコラージュ写真に「Thank you!!!」の文字が添えられた画面に切り替わっていたことなどから「北朝鮮による犯行はありえない」との見方が強まっています。

闇サイトに掲載されたコラージュ写真闇サイトに掲載されたコラージュ写真

捜査関係者によると、交換されたビットコインは複数のウォレットに数億円分ずつ保管されているとのことです。
警視庁は、2月下旬に捜査本部を設置し捜査員を約100人動員しており、コインチェックのシステム通信記録(ログ)を解析するなどを行い、流出の経緯を調べています。

現時点では、ネムが流出する数時間前に欧米のサーバーが不審な通信をしていたことが確認されており、流出に関与した人物が不正にアクセスしてNEMの移動に必要な「秘密鍵(プライべーキー)」を盗んだ疑いがあるとみられていますが、発信元の特定には至っていないとのことです。

捜査本部は、取引に応じた人物から事情を聴きビットコインなどの取引状況を引き続き調査しています。

現在のNEMの価格は?

2018年3月24日現在のネムの価格は、1XEMあたり約29円となっています。今年1月には一時200円を超えたNEMはその後急激に暴落しましたが、現在は30円前後で横ばいの状態となっています。

NEMの今後はどうなる?

今回の流出事件の後、NEMに対してネガティブなイメージを抱いた方もいるようです。しかし今回の事件で問題があったのは、NEMではなくコインチェック社のセキュリティです。

NEM自体に問題が無いだけでなく、事件直後に迅速な対応を行なった「NEM財団」や「善意で捜査に協力した関係者」には、多くの賞賛の声が集まっています。

2016年12月に中国のCERT(中国の非営利サイバーセキュリティセンター)が行なった、ビットコイン/イーサリアム/リップルなどを含む、25種類の仮想通貨のセキュリティ調査では、NEMは最も安全なプロジェクトであると報告されています。

また、NEMは今年中に「カタパルト」が行われる予定でもあり、1秒間に4000件の取引を処理できるようになるとされています。
今回の騒動が落ち着くのと同時に、NEMに対する純粋な評価が価格に反映されることになるでしょう。

NEMを購入できる取引所

bitbankでは、NEMを取り扱っているだけでなく、6月末まで取引手数料が無料となっています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像6月末まで取引手数料が無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

Zaifは、NEMとの関わりも強いため今回の捜査にも大きく貢献しています。ZaifではNEMの取引だけでなく「Zaifコイン積立」を利用してネムを積み立てることもできます。

仮想通貨取引所 Zaif の画像NEMの積み立てもできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック記者会見の内容まとめ|3月8日

コインチェック記者会見の内容まとめ|3月8日

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

G20サミットに先立ち「暗号資産リスク」に関する報告書を公開:金融安定理事会(FSB)

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

ビットコイン価格「220万円」まで急上昇の可能性も|100万円から一気に最高値更新か?

ビットコイン価格「220万円」まで急上昇の可能性も|100万円から一気に最高値更新か?

仮想通貨取引所「TAOTAO」サービス開始予定日を発表|新規口座開設も再開へ

仮想通貨取引所「TAOTAO」サービス開始予定日を発表|新規口座開設も再開へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

仮想通貨取引所コインチェック:セキュリティ強化に向け「Sumo Logic」を採用

仮想通貨取引所コインチェック:セキュリティ強化に向け「Sumo Logic」を採用

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す