流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)から不正に流出した約580億円分のネム(NEM/XEM)は、ほぼ全額がほかの仮想通貨に交換されたことを複数の報道機関が専門家の話として伝えています。報道によると、北朝鮮による犯行の可能性は低いと見られている他、捜査本部が通信記録を解析した結果、流出の数時間前まで欧米のサーバーからの不審な通信記録が確認されてはいるものの、発信元の特定には至っていないとのことです。

全額が資金洗浄されるまでの経緯

今回の事件の一連の流れを分析している情報セキュリティーの専門家は、3月22日頃には犯人側のマネーロンダリング(資金洗浄)が完了したとみています。

情報セキュリティー会社エルプラスの杉浦隆幸社長が、ネット上に公開されたNEMの取引記録などから交換状況を分析した結果によると、流出後のネムは次のような経緯を辿ったとみられます。

1月26日
・流出直後にNEMの一部が無関係とみられる第三者のウォレットに送られる

2月7日頃
・匿名性の高い闇サイトであるダークウェブ上で残りのNEMの交換が開始

3月中旬
・流出したネム全体の約半分が交換される

3月20日
・NEM財団が追跡を停止したと発表した辺りから交換の動きが加速

3月22日
・午後7時頃には闇サイト上のNEMの残高がゼロになりほぼ全額の資金洗浄が完了

交換された仮想通貨の追跡は困難であるため、流出したNEMの回収は事実上不可能となりました。

捜査の進行状況

以前は北朝鮮による犯行であることが疑われていましたが、残高がゼロとなった後の闇サイトでは金正恩氏のコラージュ写真に「Thank you!!!」の文字が添えられた画面に切り替わっていたことなどから「北朝鮮による犯行はありえない」との見方が強まっています。

闇サイトに掲載されたコラージュ写真闇サイトに掲載されたコラージュ写真

捜査関係者によると、交換されたビットコインは複数のウォレットに数億円分ずつ保管されているとのことです。
警視庁は、2月下旬に捜査本部を設置し捜査員を約100人動員しており、コインチェックのシステム通信記録(ログ)を解析するなどを行い、流出の経緯を調べています。

現時点では、ネムが流出する数時間前に欧米のサーバーが不審な通信をしていたことが確認されており、流出に関与した人物が不正にアクセスしてNEMの移動に必要な「秘密鍵(プライべーキー)」を盗んだ疑いがあるとみられていますが、発信元の特定には至っていないとのことです。

捜査本部は、取引に応じた人物から事情を聴きビットコインなどの取引状況を引き続き調査しています。

現在のNEMの価格は?

2018年3月24日現在のネムの価格は、1XEMあたり約29円となっています。今年1月には一時200円を超えたNEMはその後急激に暴落しましたが、現在は30円前後で横ばいの状態となっています。

NEMの今後はどうなる?

今回の流出事件の後、NEMに対してネガティブなイメージを抱いた方もいるようです。しかし今回の事件で問題があったのは、NEMではなくコインチェック社のセキュリティです。

NEM自体に問題が無いだけでなく、事件直後に迅速な対応を行なった「NEM財団」や「善意で捜査に協力した関係者」には、多くの賞賛の声が集まっています。

2016年12月に中国のCERT(中国の非営利サイバーセキュリティセンター)が行なった、ビットコイン/イーサリアム/リップルなどを含む、25種類の仮想通貨のセキュリティ調査では、NEMは最も安全なプロジェクトであると報告されています。

また、NEMは今年中に「カタパルト」が行われる予定でもあり、1秒間に4000件の取引を処理できるようになるとされています。
今回の騒動が落ち着くのと同時に、NEMに対する純粋な評価が価格に反映されることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック「NFTマーケットプレイス」立ち上げを計画|参加企業の募集も開始

コインチェック「NFTマーケットプレイス」立ち上げを計画|参加企業の募集も開始

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

コロプラ:ブロックチェーンゲーム子会社「Brilliantcrypto」を設立

コロプラ:ブロックチェーンゲーム子会社「Brilliantcrypto」を設立

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す