スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

by BITTIMES

アメリカのテネシー州知事は3月22日に、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを電子取引に使用する法的権限を認める法案に署名しました。この法案には「ブロックチェーン技術によって確保された特定の情報の所有権を守る」という規定も含まれています。

この法案は、今年1月18日に導入されてから3ヵ月後にテネシー州のBill Haslam(ビル・ハスラム)知事から署名を受け、反対票なしで上院と下院を通過しており、共和党上院議員のスティーブン・ディッカーソン氏とリチャード・ブリッグス氏や、民主党の上院議員のリー・ハリス氏とジェフ・ヤルブロ氏が後援しています。

法案のテキストでは次のように説明されています。

「ブロックチェーン技術とスマートコントラクトを使用して電子取引を行う法的権限を認め、ブロックチェーンテクノロジーによって保護された特定の情報の所有権を保護します。」

法律では、スマートコントラクトは法的効力を有するものとして認識されており「契約には賢明な契約期間が含まれているため、法的効力、妥当性、または執行可能性が否定されることはない」と述べられています。

(引用元:coindesk

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号通貨とAmazon

暗号通貨とAmazon

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?NEW

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンがTwitter・facebookの代わりになる日

ブロックチェーンがTwitter・facebookの代わりになる日

分散型検索エンジン「BitClave」ってなに?

分散型検索エンジン「BitClave」ってなに?

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

暗号通貨の授業をオーストラリアの小学校が実践「世界中で話題に」

暗号通貨の授業をオーストラリアの小学校が実践「世界中で話題に」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

Tip botを活用しよう|ビットコインキャッシュ(BCH)

Tip botを活用しよう|ビットコインキャッシュ(BCH)

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す