仮想通貨を「金融商品」として認めるガイドライン公開:ドイツ規制当局

by BITTIMES

ドイツの金融規制当局である「ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)」は、2020年3月2日に仮想通貨を「金融商品」として分類した新たなガイドラインを公開しました。これまでドイツではセキュリティトークンのみがデジタル資産として金融商品に分類されていましたが、新しいガイドラインでは仮想通貨を含めたすべてのデジタル資産が金融商品に分類されています。

こちらから読む:コインチェック、"毎日つみたてプラン"提供開始「仮想通貨」関連ニュース

ドイツ連邦金融監督庁「仮想通貨の定義」を明確化

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が新たに公開したガイドラインでは、仮想通貨の定義について『中央銀行や公的機関によって発行・保証されていないデジタル化された価値の表現』だと記されており、『法律で規定された通貨とも繋がっておらず、通貨・お金としての法的地位を有していないが、自然人または法人の交換媒体として受け入れられており、電子的に送信・保存・取引することができる』と説明されています。

今回公開されたガイドラインは、資金洗浄やテロ資金供与への国際的な対策を協議する政府間機関である「金融活動作業部会(FATF)」のガイドラインに準拠したものであると伝えられているため、マネーロンダリングなどを防止するための国際的な基準に則った形で仮想通貨関連サービスを展開していく目的があると見られています。

ドイツは2020年1月に資金洗浄を防止するための新しい法律も施行されており、仮想通貨取引所などといった顧客の仮想通貨を保管する「カストディサービス」を提供する企業に対して"ライセンスの申請"を求める制度も導入しています。

地元メディアに報道によると、仮想通貨カストディのライセンスには同国の銀行も強い関心を示しており、すでに40行以上の銀行がライセンスの申請を行なっていると報告されています。

ドイツはこれまで仮想通貨に対する具体的な法的定義を定めていませんでしたが、ここ最近で仮想通貨関連の法律が整備され、今回のガイドラインで定義が定められたことによって、仮想通貨業界の環境が整い、機関投資家などの参入にも繋がると期待されています。

>>「ドイツ連邦金融監督庁」が公開したガイドラインはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

FXcoin株式会社「仮想通貨交換業者」のライセンス取得

FXcoin株式会社「仮想通貨交換業者」のライセンス取得

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

Solana基盤ミームコイン「Dogwifhat」200円まで価格高騰|Robinhood Europeで取扱開始

Solana基盤ミームコイン「Dogwifhat」200円まで価格高騰|Robinhood Europeで取扱開始

Trezor:ビットコイン取引を追跡困難にする「CoinJoin」の機能追加

Trezor:ビットコイン取引を追跡困難にする「CoinJoin」の機能追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す