ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

by BITTIMES

銀行による仮想通貨管理サービスの提供が認められたドイツで、合計40行の銀行が「仮想通貨管理サービス」に関するライセンスを申請していることが現地の経済紙「Handelsblatt」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:仮想通貨格付け"2020年2月版"公開「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨管理サービス「銀行40行」がライセンス申請

ドイツでは2020年1月1日に新たなマネーロンダリング防止法が施行されたため、銀行が株式や債券などの証券に加えて"仮想通貨の管理サービス"を提供することができるようになりました。この法律には仮想通貨管理サービスに関する規制が含まれているため、ドイツの銀行や企業は「ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)」からこのライセンスを取得することによって、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
などの仮想通貨のカストディ(保管)サービスを提供できるようになっています。

このライセンスは仮想通貨管理サービスを提供する「仮想通貨取引所」などの企業が取得する必要があるものですが、このライセンスにはドイツの銀行も強い関心を示していると伝えられており、ドイツの経済紙「Handelsblatt」の報道によると、ドイツではすでに40行の認可銀行がドイツ連邦金融監督庁(BaFin)に対してビットコインなどの仮想通貨を管理するためのライセンスを申請しているとされています。

具体的に「どのような銀行がライセンスを申請しているか」についての情報は明らかにされていませんが、これらの銀行の中には仮想通貨関連サービスを提供するために「Solaris Digital Assets」を設立したことで知られる「SolarisBank(ソラリス銀行)」が含まれていると報じられています。ソラリス銀行はライセンスを取得することによって、顧客の代わりに仮想通貨を保管するサービスを提供したいと考えているとのことです。

仮想通貨市場の成長が加速するドイツ

ドイツ連邦議会議員であるFrank Schäffler氏は『仮想通貨管理サービスのライセンス取得に対する関心の高さは企業がブロックチェーン技術を採用していることを示している』と述べており、『市場は連邦財務省が予想したよりも早く成長している』と語っています。

連邦財務省が予測したよりも速く市場は成長しています。仮想通貨管理サービスのライセンスに対する高い需要は、企業が続々とブロックチェーン技術を採用していることを示しています。これは新しい法律の結果でもあります。

ドイツの新しい法律は「ドイツ在住者向けにサービスを提供している事業者」に適用されるため、国外からドイツ在住者向けに仮想通貨管理サービスを提供している事業者もライセンスを取得する必要があります。

2020年1月1日時点ですでにサービスを提供していた事業者に関しては「2020年3月31日までにライセンスを申請する意向を表明し、2020年11月30日までにライセンス申請の書類を提出すること」が求められていますが、2020年1月1日までにサービスを提供していなかった企業はライセンスを取得するまではドイツ市場に進出することができないことになっています。

ヨーロッパ最大の経済大国であるドイツは、新たなマネーロンダリング防止法を施行し仮想通貨関連の規制を明確化したことによって、"ヨーロッパにおける仮想通貨の中心地"になる可能性があるとして注目されています。

>>「Handelsblatt」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

Facebookの独自通貨プロジェクト「提携企業28社」が判明|100社まで拡大の可能性も

Facebookの独自通貨プロジェクト「提携企業28社」が判明|100社まで拡大の可能性も

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

Bybitが主催する世界最大の仮想通貨トレードバトル「WSOT」登録受付開始!

Bybitが主催する世界最大の仮想通貨トレードバトル「WSOT」登録受付開始!

注目度の高い仮想通貨ニュース

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

ビットバンク「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始|手数料無料キャンペーンも開催

ビットバンク「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始|手数料無料キャンペーンも開催

【日本セキュリティトークン協会】大手総合建設コンサルタント会社「長大」が入会

【日本セキュリティトークン協会】大手総合建設コンサルタント会社「長大」が入会

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す