ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

by BITTIMES   

2020年3月15日〜21日にかけて紹介した仮想通貨・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2020年3月「ブロックチェーン・仮想通貨」ニュース一覧

GMOコイン:暗号資産「BAT」の取扱い開始

GMOcoin-BAT

GMOコインは2020年3月18日に、暗号資産「ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)」の取り扱いを開始したことを発表しました。

日本国内の暗号資産取引所で「BAT」を取り扱うのはGMOコインが初となります。

スタバアプリに「仮想通貨決済機能」追加

Starbucks-BakktCash

Bakkt(バックト)のAdam White(アダム・ホワイト)社長は2020年3月16日に、Starbucks(スターバックス)のアプリに仮想通貨決済オプション機能である「Bakkt Cash(バックト・キャッシュ)」が追加されたことを発表しました。

Bakktの決済サービスが小売店に直接統合されるのは今回が初であり、同サービスを統合することによって店舗側は決済コストを削減することができると期待されています。

Bakktは「3億ドルの資金調達」も完了

TOYOTA:ブロックチェーン活用に向け企業連携を加速

TOYOTA-BLOCKCHAIN-LAB

「トヨタ自動車株式会社」と「トヨタファイナンシャルサービス株式会社」が2019年4月立ち上げたグループ横断型のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ(TOYOTA BLOCKCHAIN LAB)」は、2020年3月16日にブロックチェーン技術の活用に向けて外部パートナー企業との連携を加速していくことを発表しました。

TOYOTA(トヨタ)が実施しているブロックチェーン関連の実証実験に関してはすでに複数の企業から報告が行われており、16日には「株式会社BUIDL」と「株式会社Datachain」などからもプレスリリースが公開されています。

Square Enix:ブロックチェーンゲームに出資

TheSandbox-SquareEnix

ブロックチェーンゲームなどの開発を行っている「Animoca Brands(アニモカ・ブランド)」は2020年3月20日に、仮想空間プラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の開発資金として「Square Enix(スクウェア・エニックス)」などをはじめとする複数の企業から仮想通貨や現金で201万ドル(約2億2000万円)の資金を調達したことを発表しました。

「The Sandbox」は続々とパートナー企業を増やしている話題のブロックチェーンゲームであり、2020年後半には正式に立ち上げられる予定だと報告されています。

CoinMarketCap「評価・データ分析結果」など配信開始

CoinMarketCap-Data

仮想通貨関連の様々な情報を配信している「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は2020年3月17日に、複数企業とのパートナーシップを通じて「仮想通貨の評価」や「オンチェーンデータの分析結果」などに関する情報提供を開始したと発表しました。

これによって「CoinMarketCap」の利用者は各種仮想通貨のページに移動して「評価タブ」や「On-Chain Analysisタブ」をクリックすることによって様々な情報を確認することができるようになりました。

ビットコイン暴落後も著名人は強気姿勢

BTC-1000-CharlesHoskinson

ビットコイン(BTC)の価格は先日13日に40万円台まで暴落したものの、仮想通貨業界の著名人たちは依然として強気姿勢を維持しています。

カルダノ(Cardano/ADA)の創設者でありながら天才数学者としても知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、BTC価格が将来1,000万円に到達する可能性は「100%」だと述べており、著名アナリストであるWilly Woo(ウィリー・ウー)氏も常識的な範囲で考えると135,000ドル(1450万円)前後、強気相場がより長く続くのであれば250,000ドル(約2,700万円)も可能だという考えを語っています。

著名アナリストは「さらなる下落」を警告

Bitcoin-2020-0321

著名人たちはビットコインの将来に対して強気な意見を語っていますが、Twitterで5万人以上のフォロワーを持つ人気のアナリストBenjamin Blunts(@SmartContracter)氏は『BTC価格はここからさらに下落する可能性がある』と語っています。

同氏はビットコインがまだ60万円台のサポートラインを維持していた2018年6月時点で『ビットコインは3,200ドル(約35万円)前後で底打ちする』と予想していた人物でもあるため、今回の発言には注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月29日〜4月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年7月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年7月23日〜29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月11日〜17日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

日本円ステーブルコイン発行のJPYC「エンジェル税制適用企業」として認可

日本円ステーブルコイン発行のJPYC「エンジェル税制適用企業」として認可

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixがプレセールで1000万ドルを達成

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixがプレセールで1000万ドルを達成

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す