コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)に関する様々な情報を公開している「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は2020年3月17日に、複数企業とのパートナーシップを通じて「仮想通貨の評価」や「オンチェーンデータの分析結果」などに関する情報の提供を開始したと発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、BATの取扱い開始「仮想通貨」関連ニュース

提携企業を拡大し「仮想通貨関連情報」を配信

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)は、
・Crypto Briefing
・TokenInsight
・IntoTheBlock
とのパートナーシップを通じて「各種仮想通貨の評価」や「オンチェーンデータの分析結果」などに関するデータ配信を開始しました。

これによって「CoinMarketCap」の利用者は各種仮想通貨のページに移動して「評価タブ」や「On-Chain Analysisタブ」をクリックすることによって様々な情報を確認することができるようになりました。

Crypto Briefing

仮想通貨メディア「Crypto Briefing」が提供しているリサーチツール「SIMETRI」では、各種仮想通貨の可能性や収益性を判断するための基本的なデータが掲載されており、「仮想通貨の特徴・総合評価・各種項目につけられた点数」などを一目で確認できるようになっています。

(画像:CoinMarketCap)(画像:CoinMarketCap)

TokenInsight

大手仮想通貨格付けサイトである「TokenInsight」のデータ掲載欄では、各種仮想通貨の評価に加えて「チーム・プロジェクト・エコシステムの評価」や「仮想通貨のパフォーマンス」などを直感的に確認できるようになっています。

(画像:CoinMarketCap)(画像:CoinMarketCap)

IntoTheBlock

仮想通貨市場のデータ分析を行っている「IntoTheBlock」のデータは"On-Chain Analysis"のタブで確認することができるようになっており、「仮想通貨が一部投資家に集中化しているかどうか」や「長期保有者の割合」などの情報に加えて「現在の市場にどのような傾向が見られるか」なども確認できるようになっています。

(画像:CoinMarketCap)(画像:CoinMarketCap)

今後1年で提携企業をさらに拡大

CoinMarketCapは今回の新機能を追加することによって『ユーザーに仮想通貨市場を全体的な視点で観察できる環境を提供し、価格・取引量・流動性の枠を超えたより多くの情報に基づいて投資判断を行えるようにしたい』と語っています。

同社はすでに「5,000種類を超える仮想通貨」と「300社を超える仮想通貨取引所」のデータを公開していますが、今後1年でさらに多くの企業とパートナーシップを結び、提供できる情報の幅を広げていく予定だと説明しているため、CoinMarketCapの利便性はさらに高まっていくと期待されます。

>>「CoinMarketCap」の公式発表はこちら
>>「CoinMarketCap」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Blockstream×Block「太陽光発電のビットコインマイニング施設」建設へ|Tesla製品も活用

Blockstream×Block「太陽光発電のビットコインマイニング施設」建設へ|Tesla製品も活用

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

Venmo:キャッシュバックで仮想通貨を自動購入「Cash Back to Crypto」提供開始

Venmo:キャッシュバックで仮想通貨を自動購入「Cash Back to Crypto」提供開始

豪大手銀行「Commonwealth Bank」暗号資産関連サービスを一時停止=報道

豪大手銀行「Commonwealth Bank」暗号資産関連サービスを一時停止=報道

Chiliz&Socios:ラ・リーガの強豪「レアル・ソシエダ」と提携|$RSOファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ラ・リーガの強豪「レアル・ソシエダ」と提携|$RSOファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す