ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

by BITTIMES   

ブロックチェーンゲームなどの開発を行っている「Animoca Brands(アニモカ・ブランド)」は2020年3月20日の発表で、仮想空間プラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の開発資金として「Square Enix(スクウェア・エニックス)」などをはじめとする複数の企業から仮想通貨や現金で201万ドル(約2億2000万円)の資金を調達したことを明らかにしました。

こちらから読む:老舗ゲームメーカー、独自仮想通貨の先行販売開始「ゲーム」関連ニュース

The Sandboxの開発資金「約2億円」を調達

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は同社子会社である「TSB Gaming」が開発しているブロックチェーンゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の開発資金を集めるために実施した2019年第3四半期の資金調達で現金と仮想通貨を合わせて合計201万ドル(約2億2000万円)の資金を調達したことを発表しました。

同社に出資した企業の中には、
Square Enix(スクウェア・エニックス)
・B Cryptos(Bクリプトス)
・True Global Ventures(トゥルー・グローバル・ベンチャーズ)
などの企業が含まれており、出資された現金と仮想通貨の割合は「現金が83%、BTC・USDTが17%」だと報告されています。

「Square Enix」はファイナルファンタジー・ドラゴンクエストなどといった世界的に有名なゲームを開発していることで知られる日本の大手ゲーム開発企業であり、「B Cryptos」はブロックチェーンスタートアップや仮想通貨を専門とする日本の投資ファンド、「True Global Ventures」はシンガポールを拠点するファンドです。

Square Enixも出資する「ザ・サンドボックス」とは

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン上に構築された分散型の仮想世界プラットフォームであり、仮想空間上の土地を購入して新しいサービスを構築したり、マップ上の様々なゲームをプレイしたり、所有権を証明することができる土地・アイテム・キャラクターなどを売買したりすることができるゲームとなっています。

プレイヤーはThe Sandbox上でキャラクターやゲームを作成したり、それらを販売することによって収益化を図ることもできるようになっているため、単純にゲームをプレイするだけでなく、クリエイターとしてゲームを楽しむこともできます。

「LAND」として取引されている仮想空間上の土地には新たなサービスを構築することができるようになっているため、現時点でも多数の土地が有名なブロックチェーンゲーム開発会社を含めた複数の企業によって購入されています。先日行われた第2回目のLANDプレセールでは850ETH相当の土地が売却されたと報告されています。

The Sandboxマップ上の7.5%がすでに売却済(画像:Animoca Brands)The Sandboxマップ上の7.5%がすでに売却済(画像:Animoca Brands)

The Sandboxは続々とパートナー企業を増やしており、2020年後半には正式に立ち上げられる予定だと報告されているため、今後の新たなパートナー企業などにも注目です。

>>「Animoca Brands」の公式発表はこちら
>>「The Sandbox」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

「Satoshi Nakamoto」の正体を追え!ロシアで捜索プロジェクトが発足

「Satoshi Nakamoto」の正体を追え!ロシアで捜索プロジェクトが発足

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

米証券取引委員会:どの仮想通貨が有価証券か?判断基準となる「ガイダンス提供」計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

カルダノ財団メンバー:Folding@Homeで「新型コロナウイルス研究」を支援

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す