高性能ブロックチェーン「miyabi」のクラウドサービス提供開始:bitFlyer Blockchain

by BITTIMES

bitFlyer Blockchain(ビットフライヤー・ブロックチェーン)は2020年4月8日に、同社オリジナルのエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi(ミヤビ)」のクラウドサービスの提供を開始したと発表しました。

こちらから読む:国税庁、確定申告期限をさらに延長「国内ニュース」

「miyabi」のクラウドサービス提供開始

bitFlyer Blockchain(ビットフライヤー・ブロックチェーン)は2020年4月8日に、約4年間の運用実績を持つ同社オリジナルのエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi(ミヤビ)」の"クラウドサービス"の提供を開始したと発表しました。

これまで「miyabi」はライセンス型の販売モデルを採用していたものの、ユーザーから『利用用途や目的にあわせた規模でより早く、ブロックチェーンを導入・構築したい』といった要望があったため、BaaS(PaaS)モデルでの提供を開始したとのことです。

BaaS(PaaS)モデルを使用することによって、導入・構築が難しいと言われるブロックチェーン技術をより簡単に利用することができるようになり、ブロックチェーン導入・構築にかかる作業量・コスト負担を軽減することができるとされています。

秒間4,000トランザクションを余裕で実現

(画像:miyabi公式サイト)(画像:miyabi公式サイト)

自社開発のコンセンサスアルゴリズム「BFK2」を実装している「miyabi(ミヤビ)」は、1秒あたり4,000件のトランザクションを処理できる高性能なブロックチェーンとなっていますが、同社の代表取締役である加納裕三氏は『秒間4,000トランザクションは余裕で、秒間7,000でも条件によって出せている』と報告しています。

「4つのBaaS(PaaS)エディション」を提供

「bitFlyer Blockchain」は、ユーザーの利用用途や目的にあわせて環境を選択できるようにするために
・Economy(スモールビジネス)
・Standard(汎用的な用途)
・Enterprise(大規模な用途)
・Extreme(ハイトランザクション用途)
という4種類のBaaS(PaaS)エディションを提供しています。

「具体的にどのエディションを選択すれば良いか」や「料金メニュー」などに関しては、同社の経験豊富なコンサルタントからアドバイスを受けることができるため、ブロックチェーン導入を検討している企業にとって最適なサービスとなっています。

幅広い事業での活用に期待

miyabiのユースケースとしては「STO(セキュリティ・トークン・オファリング)、サプライチェーンでのトレーサビリティ、NFT(非代替性トークン)」などが挙げられており、「住友商事・三井住友海上・Microsoft・デロイトトーマツ」などいった大手企業でも活用されていると報告されているため、小規模ビジネスから国際的な大企業まで幅広く活用していくことができると期待されます。

(画像:miyabi公式サイト)(画像:miyabi公式サイト)

bitFlyer Blockchainは「miyabi」のクラウドサービス提供開始にあわせて、「miyabiのブランドサイト」も公開しているため、同サービスの詳細は以下のブランドサイトをご確認ください。
>>「miyabiのブランドサイト」はこちら
>>「bitFlyer Blockchain」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

マインクラフトとブロックチェーンを繋ぐプラグイン「EnjinCraft」公開

SQUARE ENIX:ブロックチェーン技術応用に関心示す「新サービス開発」の可能性も

SQUARE ENIX:ブロックチェーン技術応用に関心示す「新サービス開発」の可能性も

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」がDecentralandと協力|仮想不動産も管理可能に

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」がDecentralandと協力|仮想不動産も管理可能に

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

スイス金融市場監督局:B2B向け銀行の「仮想通貨関連業務」を初認可

スイス金融市場監督局:B2B向け銀行の「仮想通貨関連業務」を初認可

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

MP3音楽配信老舗「eMusic」独自仮想通貨eMUトークンを公開

MP3音楽配信老舗「eMusic」独自仮想通貨eMUトークンを公開

仮想通貨が使えるCtoCマッチングサービス「Avacus」暗号資産交換業者への届出を完了

仮想通貨が使えるCtoCマッチングサービス「Avacus」暗号資産交換業者への届出を完了

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

ブロックチェーン分析企業「TokenAnalyst」サービス終了を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す