日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)で取引できる古物市場などを展開している「日本暗号資産市場株式会社」は、2020年6月30日の発表で無担保型のステーブルコインである「ICHIBAコイン(ICB)」を発行予定であることを明らかにしました。

こちらから読む:SBI VC Trade、スマホ向けアプリ"VCTRADE SP"公開「国内ニュース」

ICHIBAコイン(ICB)とは?

(画像:日本暗号資産市場株式会社)(画像:日本暗号資産市場株式会社)

日本暗号資産市場株式会社が発行を予定している「ICHIBAコイン(ICB)」は、イーサリアムのブロックチェーン技術を基盤とした「ERC20トークン」として発行される"無担保型のステーブルコイン"であり、法律的には『事業者用自家型前払式支払手段(資金決済法4条7項の適用除外)で通貨建資産にあたるため、暗号資産には該当しない』と説明されています。

2019年11月に創業された「日本暗号資産市場株式会社」は、2020年2月に東京都公安委員会から"古物商許可"を所得、2020年3月には"古物市場主許可"を取得、2020年5月にはオンラインかんたん買取サービス「オクリマ」のテストマーケティングを開始していましたが、今後はステーブルコイン「ICB」の発行することによって「モノ×トークン」の領域でより良い循環を生み出していくとされています。

ICHIBAコイン(ICB)は、同社が運営している古物市場の売買代金支払いに使用できるほか、古物商などの事業者が同社から仕入れを行う際に「1ICB=1円」として使用することができるとのことです。

「1ICB=1円」の"だいたい安定通貨"目指す

ICBは、ERC20トークン同士を誰もが自由に取引することができる非中央集権的前払式支払手段取引所「Uniswap(ユニスワップ)」で取引できるようになる予定であり、取引開始後は1ICB=1円以下になった場合には0.99円まで、1ICB=1円よりも大幅に高くなった場合には同社が1ICB=1円で販売することによって、「1ICB=1円」で価値が安定することを目指すとされています。

これまでの前払式支払手段は資金決済法によって払い戻しが原則禁止となっていたため、ステーブルコインとして使用する際には価値を維持することが困難であり、"だいたい安定通貨"として成功した前払式支払い手段はなかったものの、ICBは"資金決済法の適用除外"にあたる前払式支払手段であるため「発行体による買い戻し」が可能だと説明されています。そのため、発行体が『0.99円までの買い戻し』を宣言することによってだいたい安定通貨として機能すると考えているとのことです。

ICHIBAコイン(ICB)は2020年中に発行される予定となっていますが、正確な公開日などについては関係省庁との協議を進めた上で改めて報告すると説明されています。また、ICHIBAコイン保有者の利便性向上に向けて「市場でICBを使用して古物を売買した際に別のERC20トークンを無償ポイントとして付与すること」なども計画していると伝えられています。

>>「日本暗号資産市場株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:アーヴェ(Aave/LEND)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アーヴェ(Aave/LEND)の「永久先物取引」提供へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

SONY:ブロックチェーン活用の「MaaS向け共通データベース」を開発

SONY:ブロックチェーン活用の「MaaS向け共通データベース」を開発

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

Cardano(ADA)強気のサイン?カルダノ関連の「偽アカウント・詐欺師」が増加

Cardano(ADA)強気のサイン?カルダノ関連の「偽アカウント・詐欺師」が増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

英NatWest銀行:暗号資産受け入れ企業へのサービス提供「拒否」する可能性

英NatWest銀行:暗号資産受け入れ企業へのサービス提供「拒否」する可能性

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す