日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)で取引できる古物市場などを展開している「日本暗号資産市場株式会社」は、2020年6月30日の発表で無担保型のステーブルコインである「ICHIBAコイン(ICB)」を発行予定であることを明らかにしました。

こちらから読む:SBI VC Trade、スマホ向けアプリ"VCTRADE SP"公開「国内ニュース」

ICHIBAコイン(ICB)とは?

(画像:日本暗号資産市場株式会社)(画像:日本暗号資産市場株式会社)

日本暗号資産市場株式会社が発行を予定している「ICHIBAコイン(ICB)」は、イーサリアムのブロックチェーン技術を基盤とした「ERC20トークン」として発行される"無担保型のステーブルコイン"であり、法律的には『事業者用自家型前払式支払手段(資金決済法4条7項の適用除外)で通貨建資産にあたるため、暗号資産には該当しない』と説明されています。

2019年11月に創業された「日本暗号資産市場株式会社」は、2020年2月に東京都公安委員会から"古物商許可"を所得、2020年3月には"古物市場主許可"を取得、2020年5月にはオンラインかんたん買取サービス「オクリマ」のテストマーケティングを開始していましたが、今後はステーブルコイン「ICB」の発行することによって「モノ×トークン」の領域でより良い循環を生み出していくとされています。

ICHIBAコイン(ICB)は、同社が運営している古物市場の売買代金支払いに使用できるほか、古物商などの事業者が同社から仕入れを行う際に「1ICB=1円」として使用することができるとのことです。

「1ICB=1円」の"だいたい安定通貨"目指す

ICBは、ERC20トークン同士を誰もが自由に取引することができる非中央集権的前払式支払手段取引所「Uniswap(ユニスワップ)」で取引できるようになる予定であり、取引開始後は1ICB=1円以下になった場合には0.99円まで、1ICB=1円よりも大幅に高くなった場合には同社が1ICB=1円で販売することによって、「1ICB=1円」で価値が安定することを目指すとされています。

これまでの前払式支払手段は資金決済法によって払い戻しが原則禁止となっていたため、ステーブルコインとして使用する際には価値を維持することが困難であり、"だいたい安定通貨"として成功した前払式支払い手段はなかったものの、ICBは"資金決済法の適用除外"にあたる前払式支払手段であるため「発行体による買い戻し」が可能だと説明されています。そのため、発行体が『0.99円までの買い戻し』を宣言することによってだいたい安定通貨として機能すると考えているとのことです。

ICHIBAコイン(ICB)は2020年中に発行される予定となっていますが、正確な公開日などについては関係省庁との協議を進めた上で改めて報告すると説明されています。また、ICHIBAコイン保有者の利便性向上に向けて「市場でICBを使用して古物を売買した際に別のERC20トークンを無償ポイントとして付与すること」なども計画していると伝えられています。

>>「日本暗号資産市場株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

米財務省:暗号資産ミキシングサービス「Tornado Cash」に制裁措置

米財務省:暗号資産ミキシングサービス「Tornado Cash」に制裁措置

イーサリアムウォレットアプリ「MetaMask Mobile」Android・iOS向けに正式リリース

イーサリアムウォレットアプリ「MetaMask Mobile」Android・iOS向けに正式リリース

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

イーロン・マスク氏:契約違反で「OpenAI」を提訴|ワールドコインの価格下落にも影響?

イーロン・マスク氏:契約違反で「OpenAI」を提訴|ワールドコインの価格下落にも影響?

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

Astar zkEVM:2月下旬にメインネット公開|ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催

Astar zkEVM:2月下旬にメインネット公開|ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す