日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーン業界の発展に向けた取り組みを進めている業界団体である「日本ブロックチェーン協会(JBA)」と「日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)」は2020年9月1日に、暗号資産・セキュリティトークンオファリング(STO)・ステーブルコイン・ブロックチェーンなどの業界発展を目的として、連携・協働していくことを発表しました。

こちらから読む:コインチェック、暗号資産"IOST"取り扱いへ「国内ニュース」

日本の「暗号資産・ブロックチェーン業界団体」が連携

日本ブロックチェーン協会(JBA)と日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は2020年9月1日に、暗号資産・ブロックチェーン・セキュリティトークンオファリング(STO)ステーブルコインなどの業界発展を目的とした連携・協働に関する協定を締結したことを発表しました。

日本ブロックチェーン協会(JBA)とは

日本ブロックチェーン協会(JBA)はブロックチェーン技術の健全な普及・発展に貢献するために2014年に設立された業界団体であり、日本のブロックチェーン業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ・大企業・地方自治体などといった、様々なメンバーが会員として参加しています。

日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)とは

日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は銀行・証券会社・金融商品取引業者などが日本国内で暗号資産ビジネスをはじめる際に、テクノロジー・会計・規制・商慣行などの面から、必要な情報の調査研究、知見の集約、意見交換などを積極的に行い、業界の健全な発展を目指すために設立された業界団体であり、「暗号資産交換業者・金融機関・銀行等代理業者・外国銀行代理銀行・金融商品取引業者等・仮想通貨関連ビジネスに携わる法人」などが会員として参加しています。

連携を強化し「情報発信・普及啓発活動」を加速

JBAとJCBAの両団体は、それぞれが仮想通貨・ブロックチェーン技術に関わる会員企業と知見を共有しながら、テーマごとの分科会活動などを通じて技術の普及啓蒙活動に取り組んでいますが、今回の発表の中では『暗号資産に対する誤解は未だに多く、国内では暗号資産・ブロックチェーン技術の社会実装がなかなか進まないという課題を抱えている』『ステーブルコインや中央銀行デジタル通貨などには注目が集まっているものの、ビジネスを行う上では更なる論定整理が必要である』と説明されています。

このようなことを踏まえた両団体は『今回の協定を通じてより連携を深め、幅広い業界の企業や社会全体に対して情報発信と普及啓発活動を行なっていく』としており、具体的には以下のようなことに取り組んでいくと説明されています。

  • 業界の発展を目的とした普及啓蒙のための共催イベントの実施
  • ステーブルコイン・中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)をはじめ、各団体で共同研究が適切と思われるテーマについての活動の連携
  • 共同研究に関する提言等

JBAとJCBAは日本で暗号資産・ブロックチェーン業界の発展に向けた取り組みを進めている代表的な業界団体であるため、両団体が協力することによって、日本国内で暗号資産・ブロックチェーンに関する理解が深まり、業界全体の健全な発展につながると期待されます。

>>「JBA・JCBA」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月15日〜21日

ブロックチェーンでバッテリー用電池に使う「レアメタル」を追跡:フォルクスワーゲン×IBM

ブロックチェーンでバッテリー用電池に使う「レアメタル」を追跡:フォルクスワーゲン×IBM

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す