暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

by BITTIMES

暗号資産デリバティブ取引所「FTX」は2020年12月22日に、IPO(新規株式公開)を計画している米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」のIPOに関連したデリバティブ商品である「Coinbase Pre-IPO Shares(CBSE)」の取引を開始したことを発表しました。

こちらから読む:米SEC、Ripple社を正式に起訴「暗号資産」関連ニュース

「Coinbase Pre-IPO Shares(CBSE)」取引開始

暗号資産取引所「FTX」のCEOであるSam Bankman-Fried氏は、米国の大手暗号資産取引所である「Coinbase(コインベース)」がIPO(新規株式公開)に向けた申請手続きを行なったことを受けて"Coinbase先物市場の立ち上げ"を計画していることを明かしていましたが、2020年12月22日にはIPO前のコインベース株に関連したデリバティブ商品である「Coinbase Pre-IPO Shares(CBSE)」の取引が正式に開始されたことが発表されました。

Coinbase Pre-IPO Shares(CBSE)は「コインベース株上場初日の証券取引所における時価総額終値と連動する先物契約」となっており、CBSEの価格はコインベースの時価総額を2,500万で割った値を示し、保有するCBSE残高はコインベース上場初日の終了時に「コインベースのトークン化された株式(フラクショナル・ストック)」と同額に換算されると伝えられています。

FTXは今月初めに大手宿泊予約プラットフォーム「Airbnb(エアビーアンドビー)」のIPOに先立って「ABNB」の取引サービスを提供していましたが、今回新たに追加された「CBSE」も「ABNB」と同様のものだと説明されており、コインベースが2022年6月1日までに上場しなかった場合にはCBSE残高は失効となり、一般評価額の80億ドル(約8,000億円)を基準として価格は32ドル(約3,200円)になると伝えられています。

なお、FTXは『トークン化された株は米国では売買できない』ということも強調しており、『トークンは知識を有していて、損失を負担することができる投資家向けの商品である』と説明しています。CBSEの取引は"5倍以下のスポット証拠金取引"も可能となっています。

CBSE価格:取引開始直後に「3倍近く」まで急騰

CBSEの価格は取引開始時点で「1CBSE=120ドル(約12,000円)」となっていたものの、取引開始直後には一時的に「1CBSE=300ドル(約30,000円)」付近まで急騰しました。しかしその後はやや下落しており記事執筆時点では「1CBSE=約230ドル(2万3,000円)」で取引されています。

2020年12月22日〜2020年12月23日 CBSE/USDの5分足チャート(画像:FTX)2020年12月22日〜2020年12月23日 CBSE/USDの5分足チャート(画像:FTX)

コインベースのIPOには大きな注目が集まっており、一部では『IPO後のコインベースの価値は280億ドル(約2兆8,000億円)になる可能性がある』といった予想も出ているため、FTXで提供が開始された「Coinbase Pre-IPO Shares(CBSE)」が今後どのような動きを見せるかにも注目が集まっています。

>>「FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tether社:2023年Q2の営業利益で「約65億円相当のビットコイン」を購入

Tether社:2023年Q2の営業利益で「約65億円相当のビットコイン」を購入

ビットコインの価格とニュースで振り返る「仮想通貨元年」

ビットコインの価格とニュースで振り返る「仮想通貨元年」

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

BTCBOX:ドージコイン(DOGE)取扱開始「上場記念キャンペーン」も開催

BTCBOX:ドージコイン(DOGE)取扱開始「上場記念キャンペーン」も開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す