Coinbase:IPO(株式公開)に向けて「米国証券取引委員会」に書類提出

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」は2020年12月17日に、新規株式公開(IPO)に向けた申請書類を「米国証券取引委員会(SEC)」に提出したことを発表しました。この申請が正式に承認された場合には、"米国の仮想通貨取引所が上場企業になる初の事例"となります。

こちらから読む:ビットコイン価格"240万円"に到達「暗号資産」関連ニュース

承認されれば「米国初の暗号資産取引所上場」

Coinbase(コインベース)は2020年12月17日に、新規株式公開(IPO)に向けて新規株式を取引所に上場させるための証券登録届出書であるS-1の登録申請書を「米証券取引委員会(SEC)」に非公開で提出したことを発表しました。

現在この書類はSECの審査を待っている状態であるものの、正式に申請が承認された場合には米国を拠点とする暗号資産取引所が初めて上場することになるため、今回の発表には注目が集まっています。

コインベースは"米国最大の暗号資産取引所"としても知られており、2019年10月時点におけるコインベースの評価額は80億ドル(8,000億円)規模にのぼるとも報告されています。また、米国の規制に基づいて仮想通貨関連サービスを展開しているコインベースは米国の規制当局とも良好な関係を築いているため『CoinbaseはIPOに最も近い』として期待されています。

その他の大手企業が続く可能性も

米国ではすでに中国を拠点とする大手マイニング機器メーカー「Canaan Creative(カナン・クリエイティブ)」や「Ebang(エバン)」などが上場しているものの、コインベースは世界的に有名な大手暗号資産取引所であるため、同社のIPOが実現すれば金融業界に大きなインパクトがもたらされることになると予想されています。

なお、コインベースの申請書類は現時点で"審査待ち"の状態となっていますが、「ロイター」の報道によると『IPOが承認されなかった場合には、上場時に資金調達を行わない"直接上場"を行うことも検討されている』と報じられています。

仮想通貨関連企業のIPOには以前から注目が集まっており、今年1月にはRipple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏も『今後12ヶ月間で仮想通貨・ブロックチェーン関連企業のIPOが増加するだろう』との考えを語った上で、"そうなった場合にはRipple社が株式を公開する可能性もある"ということを示唆しているため、今後はその他の有名企業から同様の発表が行われる可能性もあると予想されます。

>>「Coinbase」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ShibaInuレイヤー2「Shibarium」テストネット参加者が急増|接続ウォレット数20万突破

ShibaInuレイヤー2「Shibarium」テストネット参加者が急増|接続ウォレット数20万突破

今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

今のビットコインは「1999年のインターネット株」のよう:伝説の投資家Paul Tudor Jones

Bitfinexハッキング事件の容疑者2人を逮捕「36億ドル相当の暗号資産」を押収

Bitfinexハッキング事件の容疑者2人を逮捕「36億ドル相当の暗号資産」を押収

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン「40,000ドル」に到達|価格上昇の主な要因・専門家の意見を簡単に

ビットコイン「40,000ドル」に到達|価格上昇の主な要因・専門家の意見を簡単に

Ripple社:オープンメタバース手掛ける「Futureverse」に出資|XRPLなどを統合

Ripple社:オープンメタバース手掛ける「Futureverse」に出資|XRPLなどを統合

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す