マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

by BITTIMES   

Intel(インテル)は、ビットコインマイニングハードウェアの利用スペースや消費電力削減することができる「最適化されたメッセージダイジェストとメッセージスケジューラのデータパスを備えたBITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」とされる特許を出願していることが明らかになりました。

Intel(インテル)が作成した「最適化されたメッセージダイジェストとメッセージスケジューラのデータパスを備えたBITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」に関する書類は、2016年9月に米国特許商標庁(USPTO)に提出され、3月29日に公開されました。

BITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR

「ビットコインマイニングハードウェアアクセラレータ」といわれるこのアプリケーションは、Bitcoinの採掘用ハードウェアによって利用される空間および電力消費を削減することによって、Bitcoinマイニング動作を最適化することができるとされています。

マイニングプロセスのコストを削減

公開された書類には、ビットコイン(BTC)などのマイニングプロセスを増強し、消費電力などの様々なコストを削減できることが書かれており、汎用プロセッサと比較して消費電力を最大35%削減できる可能性があるとされています。

Bitcoinマイニングで利用されるソフトウェアとハードウェアは、ブルートフォースを使用してSHA-256の機能を繰り返し実行し、無限に実行するため、Bitcoinマイニングのプロセスは非常に電力を消費し、大量のハードウェア空間を使用する可能性があります。 Bitcoinマイニングハードウェアが利用するスペースと消費電力を削減することができます。

様々なデバイスに適用可能

またこのほかにも、特定用途向け集積回路(ASIC)だけでなく他のタイプの集積回路およびプログラマブルロジックデバイスにも適用可能であることも記されています。つまりこの「Accelerator(アクセラレータ/加速装置)」は一連のマイニング設備に適用することができるということになります。

適用できるものとしては、
携帯電話/インターネットプロトコルデバイス/デジタルカメラ/パーソナルデジタルアシスタント(PDA)/タブレット/その他の薄型ノートブック/SoC(System on Chip)などのデバイスや

マイクロコントローラ/DSP/システムオンチップ/ネットワークコンピュータ(NetPC)/セットトップボックス/ネットワークハブ/ワイドエリアネットワーク(WAN)スイッチといった組み込みアプリケーションでも使用できるとのことです。

マイニングは身近な存在になる?

現時点の日本では、個人がマイニングで利益を得ることは難しいという現状があります。
しかしこの技術が今後更に改良されれば、電気代の問題を解決するだけでなく、新たな方面からのアプローチが可能になるのかもしれません。

2月には、世界一の半導体メーカーとなったSAMSUNG(サムスン)がASICを開発していることが話題となり、関連商品の価格が安価になるのではないか?と期待されています。

SAMSUNG(サムスン)がマイナーを救う?

一部の報道によると、中国の大手マイニング企業であるBITMAINは、イーサリアム用のASICマシンを開発している可能性があるとも噂されていることなどから、マイニング市場の今後にも注目があつまります。

公開された特許の内容はこちら
>>米国特許商標庁(USPTO)

仮想通貨をかしこく保有するならZaifの定期購入がおすすめ
仮想通貨取引所 Zaif の画像定期購入ができる仮想通貨取引所Zaifはこちら

Zaifの定期購入サービスの解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

仮想通貨マイニングを行うNBAバスケットチーム|Sacramento Kings

仮想通貨マイニングを行うNBAバスケットチーム|Sacramento Kings

Wikipedia「暗号資産寄付の受け入れ」停止へ|複数の問題点を指摘

Wikipedia「暗号資産寄付の受け入れ」停止へ|複数の問題点を指摘

【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「DEPがもらえる!STEP UP口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「DEPがもらえる!STEP UP口座開設キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

ビットバンク:Solana基盤のオラクル「Pyth Network」と提携

ビットバンク:Solana基盤のオラクル「Pyth Network」と提携

GameStopのNFTマーケットプレイス、公開後2日間で「3,000ETH以上の取引量」を記録

GameStopのNFTマーケットプレイス、公開後2日間で「3,000ETH以上の取引量」を記録

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す