マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

by BITTIMES   

Intel(インテル)は、ビットコインマイニングハードウェアの利用スペースや消費電力削減することができる「最適化されたメッセージダイジェストとメッセージスケジューラのデータパスを備えたBITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」とされる特許を出願していることが明らかになりました。

Intel(インテル)が作成した「最適化されたメッセージダイジェストとメッセージスケジューラのデータパスを備えたBITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」に関する書類は、2016年9月に米国特許商標庁(USPTO)に提出され、3月29日に公開されました。

BITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR

「ビットコインマイニングハードウェアアクセラレータ」といわれるこのアプリケーションは、Bitcoinの採掘用ハードウェアによって利用される空間および電力消費を削減することによって、Bitcoinマイニング動作を最適化することができるとされています。

マイニングプロセスのコストを削減

公開された書類には、ビットコイン(BTC)などのマイニングプロセスを増強し、消費電力などの様々なコストを削減できることが書かれており、汎用プロセッサと比較して消費電力を最大35%削減できる可能性があるとされています。

Bitcoinマイニングで利用されるソフトウェアとハードウェアは、ブルートフォースを使用してSHA-256の機能を繰り返し実行し、無限に実行するため、Bitcoinマイニングのプロセスは非常に電力を消費し、大量のハードウェア空間を使用する可能性があります。 Bitcoinマイニングハードウェアが利用するスペースと消費電力を削減することができます。

様々なデバイスに適用可能

またこのほかにも、特定用途向け集積回路(ASIC)だけでなく他のタイプの集積回路およびプログラマブルロジックデバイスにも適用可能であることも記されています。つまりこの「Accelerator(アクセラレータ/加速装置)」は一連のマイニング設備に適用することができるということになります。

適用できるものとしては、
携帯電話/インターネットプロトコルデバイス/デジタルカメラ/パーソナルデジタルアシスタント(PDA)/タブレット/その他の薄型ノートブック/SoC(System on Chip)などのデバイスや

マイクロコントローラ/DSP/システムオンチップ/ネットワークコンピュータ(NetPC)/セットトップボックス/ネットワークハブ/ワイドエリアネットワーク(WAN)スイッチといった組み込みアプリケーションでも使用できるとのことです。

マイニングは身近な存在になる?

現時点の日本では、個人がマイニングで利益を得ることは難しいという現状があります。
しかしこの技術が今後更に改良されれば、電気代の問題を解決するだけでなく、新たな方面からのアプローチが可能になるのかもしれません。

2月には、世界一の半導体メーカーとなったSAMSUNG(サムスン)がASICを開発していることが話題となり、関連商品の価格が安価になるのではないか?と期待されています。

SAMSUNG(サムスン)がマイナーを救う?

一部の報道によると、中国の大手マイニング企業であるBITMAINは、イーサリアム用のASICマシンを開発している可能性があるとも噂されていることなどから、マイニング市場の今後にも注目があつまります。

公開された特許の内容はこちら
>>米国特許商標庁(USPTO)

仮想通貨をかしこく保有するならZaifの定期購入がおすすめ
仮想通貨取引所 Zaif の画像定期購入ができる仮想通貨取引所Zaifはこちら

Zaifの定期購入サービスの解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)価格が22万円を下回らない「5つの理由」アナリストが解説

ビットコイン(BTC)価格が22万円を下回らない「5つの理由」アナリストが解説

Elon Musk:ビットコインの仕組みを賞賛「紙幣よりも優れた価値移転手段」

Elon Musk:ビットコインの仕組みを賞賛「紙幣よりも優れた価値移転手段」

サムスンがスマホをビットコイン採掘マシン化に成功

サムスンがスマホをビットコイン採掘マシン化に成功

ビットコインSVの「半減期」到来|BSV価格への影響は?

ビットコインSVの「半減期」到来|BSV価格への影響は?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコイン採掘の難易度調整「+8.45%」で完了|半減期前後の動きにも注目

ビットコイン採掘の難易度調整「+8.45%」で完了|半減期前後の動きにも注目

注目度の高い仮想通貨ニュース

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

SBI VC Trade「新規口座開設キャンペーン」開催へ|もれなく50XRPプレゼント

SBI VC Trade「新規口座開設キャンペーン」開催へ|もれなく50XRPプレゼント

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

ダッパーラボ:新作ブロックチェーンゲーム「NBA TopShot」のベータ版公開

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

BINANCE:分離マージン取引に「ADA・EOS・LINK」など5銘柄を追加

BINANCE:分離マージン取引に「ADA・EOS・LINK」など5銘柄を追加

ビットコイン:半減期前最後の「難易度調整」を完了|3回連続で上昇

ビットコイン:半減期前最後の「難易度調整」を完了|3回連続で上昇

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

ベネズエラ20,000店舗以上で「仮想通貨決済」導入へ|CryptobuyerとMega Softが提携

ベネズエラ20,000店舗以上で「仮想通貨決済」導入へ|CryptobuyerとMega Softが提携

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す