マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

by BITTIMES   

Intel(インテル)は、ビットコインマイニングハードウェアの利用スペースや消費電力削減することができる「最適化されたメッセージダイジェストとメッセージスケジューラのデータパスを備えたBITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」とされる特許を出願していることが明らかになりました。

Intel(インテル)が作成した「最適化されたメッセージダイジェストとメッセージスケジューラのデータパスを備えたBITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR」に関する書類は、2016年9月に米国特許商標庁(USPTO)に提出され、3月29日に公開されました。

BITCOIN MINING HARDWARE ACCELERATOR

「ビットコインマイニングハードウェアアクセラレータ」といわれるこのアプリケーションは、Bitcoinの採掘用ハードウェアによって利用される空間および電力消費を削減することによって、Bitcoinマイニング動作を最適化することができるとされています。

マイニングプロセスのコストを削減

公開された書類には、ビットコイン(BTC)などのマイニングプロセスを増強し、消費電力などの様々なコストを削減できることが書かれており、汎用プロセッサと比較して消費電力を最大35%削減できる可能性があるとされています。

Bitcoinマイニングで利用されるソフトウェアとハードウェアは、ブルートフォースを使用してSHA-256の機能を繰り返し実行し、無限に実行するため、Bitcoinマイニングのプロセスは非常に電力を消費し、大量のハードウェア空間を使用する可能性があります。 Bitcoinマイニングハードウェアが利用するスペースと消費電力を削減することができます。

様々なデバイスに適用可能

またこのほかにも、特定用途向け集積回路(ASIC)だけでなく他のタイプの集積回路およびプログラマブルロジックデバイスにも適用可能であることも記されています。つまりこの「Accelerator(アクセラレータ/加速装置)」は一連のマイニング設備に適用することができるということになります。

適用できるものとしては、
携帯電話/インターネットプロトコルデバイス/デジタルカメラ/パーソナルデジタルアシスタント(PDA)/タブレット/その他の薄型ノートブック/SoC(System on Chip)などのデバイスや

マイクロコントローラ/DSP/システムオンチップ/ネットワークコンピュータ(NetPC)/セットトップボックス/ネットワークハブ/ワイドエリアネットワーク(WAN)スイッチといった組み込みアプリケーションでも使用できるとのことです。

マイニングは身近な存在になる?

現時点の日本では、個人がマイニングで利益を得ることは難しいという現状があります。
しかしこの技術が今後更に改良されれば、電気代の問題を解決するだけでなく、新たな方面からのアプローチが可能になるのかもしれません。

2月には、世界一の半導体メーカーとなったSAMSUNG(サムスン)がASICを開発していることが話題となり、関連商品の価格が安価になるのではないか?と期待されています。

SAMSUNG(サムスン)がマイナーを救う?

一部の報道によると、中国の大手マイニング企業であるBITMAINは、イーサリアム用のASICマシンを開発している可能性があるとも噂されていることなどから、マイニング市場の今後にも注目があつまります。

公開された特許の内容はこちら
>>米国特許商標庁(USPTO)

仮想通貨をかしこく保有するならZaifの定期購入がおすすめ
仮想通貨取引所 Zaif の画像定期購入ができる仮想通貨取引所Zaifはこちら

Zaifの定期購入サービスの解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

ファイルコイン:暗号資産FILが貰える「テストネットインセンティブプログラム」を発表

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月2日〜8日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月2日〜8日

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月20日〜26日

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す