カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

by BITTIMES   

カザフスタンの中央銀行は、仮想通貨に対して非常に慎重な姿勢を取っており厳しい規制を望んでいます。同銀行の議長は、全ての仮想通貨取引だけでなく、あらゆる暗号通貨のマイニングも禁止するべきであると考えています。

カザフスタン中央銀行のDaniyar Akishev議長は、仮想通貨は多くの問題を引き起こしており、そのほとんどがユーザーの権利の保護に対する脅威であると主張しています。

現時点では重大な問題には発展していないそれらの脅威は、今後国際的に市場が拡大した場合には大きな問題となる可能性もあります。

Akishev議長は、そのような場合に対応するために必要な、十分な手段を備えていないことに大きな懸念を抱いています。

このようなことなどから、彼はロシア政府のニュースサイトに対して仮想通貨に対する厳しい規制の必要性を語っています。

「国内市場に関連するリスクは最小限に抑えられているが、中央銀行はグローバルな仮想通貨市場をコントロールするための手段を備えているわけではない。」

「デジタル通貨はマネーロンダリングと脱税の理想的な手段だ」

このように仮想通貨の主要なリスクの1つが、不正行為を行うために使用されていることであると語ったAkishev氏は、銀行やその他大勢の政府機関も同様の考えを示していることを付け加えました。

「中央銀行の仮想通貨に対する厳しい姿勢は、カザフスタンの大半の国家によって支持されている。」

このような訴えも虚しく、現時点ではカザフスタンにおける仮想通貨の使用を抑制することを目的とした規制や法律、法案は存在しないように見えるといわれています。

また国際的な仮想通貨市場においても明確な規制の枠組みは定められておらず、仮想通貨の規制も適用されていません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

ウクライナ「暗号資産・仮想通貨を合法化」ゼレンスキー大統領が法案に署名

ウクライナ「暗号資産・仮想通貨を合法化」ゼレンスキー大統領が法案に署名

アメリカ・マイアミ市長「次の給料は100%ビットコインで受け取る予定」

アメリカ・マイアミ市長「次の給料は100%ビットコインで受け取る予定」

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説