【Cardano/ADA】新機能を追加した「Daedalus 3.3.0」公開|残高の日本円表示も可能に

by BITTIMES   

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2021年2月17日に、ADAを安全に保管することができる公式デスクトップウォレット「Daedalus(ダイダロス)」の最新版となる『Daedalus 3.3.0』をリリースしました。最新版ウォレットでは「ウォレット残高を好きな法定通貨・仮想通貨換算で表示できる機能」や「Project Catalystの有権者登録機能」などといった複数の重要な機能が追加されています。

こちらから読む:カナダで2例目の"ビットコインETF"承認「暗号資産」関連ニュース

新機能を搭載した「Daedalus 3.3.0」リリース

IOHKは2021年2月17日に、ADAをより安全に保管することができる公式デスクトップウォレット「Daedalus(ダイダロス)」の最新版となる『Daedalus 3.3.0』をリリースしました。

ダイダロスウォレットではADAを保管することができるだけでなく、ステーキングに参加してADA報酬を獲得したり、Trezor(トレザー)Ledger(レジャー)などのハードウェアウォレットをペアリングしてADAをまとめて管理したりすることができましたが、「Daedalus 3.3.0」では以下のような複数の新機能が追加されています。

  • Project Catalystの有権者登録
  • ウォレット残高を好きな法定通貨や暗号通貨に換算して表示
  • SMASHサーバーの設定機能
  • トランザクションの詳細へのメタデータ
  • 手数料プロセス
  • ADAデポジットの追加
  • 旧Daedalusバージョンの「secret.key」ファイルを使用したウォレットのインポート
  • セカンダリーPINで設定したLedgerデバイスのサポート

「Project Catalyst」の有権者登録

画面左側の投票ボタンからProject Catalystの有権者登録が可能(画像:IOHK)画面左側の投票ボタンからProject Catalystの有権者登録が可能(画像:IOHK)

Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)とは、カルダノブロックチェーンの価値を高めるためのアイデアを募集して、ADA保有者からの投票で実際に資金提供を行うアイデアを決定し、投票に参加したADA保有者にADA報酬を付与する実験的プログラムであり、この仕組みによってADA保有者がCardanoプロジェクトの方向性に影響を与えながら報酬を得ることができるようになっています。

プロジェクト・カタリストでは、投票を行うためのiOS・Android向け投票アプリである「Catalyst Voting」が提供されているため、ADA保有者はこのアプリを利用してアイデアに投票することによって、提案されたアイデアに優先順位をつけることができます。

「Project Catalyst」ではすでに数多くのアイデアが提案されており、実施にコミュニティ投票も実施されていましたが、今回の新機能が追加されたことによって、必要最低額「2,950ADA以上」を保有しているADA保有者は、投票に使用するウォレットを1つ選択して有権者登録を行うことができるようになりました。

プロジェクト・カタリストは一連のファンドリリースに分割されていますが、第3回目の資金提供プログラムとなる「Fund3」の有権者登録は日本時間2021年2月18日午前4時00分に開始されることになっています。

ウォレット残高を「法定通貨・仮想通貨換算」で表示

「設定」画面の「ウォレット」タブから『ADA残高を表示する通貨』を選択することが可能「設定」画面の「ウォレット」タブから『ADA残高を表示する通貨』を選択することが可能

「Daedalus 3.3.0」では「ウォレットに保管されているADA残高を好きな法定通貨・仮想通貨に換算して表示させる機能」も追加されています。

変換可能な通貨の中には「BTC・ETH・LTC・BCH・XRP・BNB・LINK・EOS・XLM・DOT・YFI」などの仮想通貨や各国法定通貨に加えて「日本円」も含まれているため『現在のレート換算で何円分のADAを保有しているか』を一目で確認することも可能です。

換金レートは仮想通貨関連の様々な情報を発信している「CoinGecko(コインゲッコー)」によって保証なしで提供されているとのことで、換金後の残高はCoinGeckoが追跡したアクティブな暗号通貨取引所における現在の世界的なADA平均価格を反映していると説明されています。

Ledgerデバイスの「セカンダリーPIN」サポート

「LedgerデバイスのセカンドPINサポート」によって、これまでとは異なる方法でADAを保護することができるようになりました。

従来のウォレットでは管理画面上に全てのADA保有額が表示されるため、犯罪者などと対面した状態で『ウォレットの残高を全て送金しろ』と脅された場合には、全てのADAを送金したことを犯罪者が確認することができましたが、セカンダリーPINで設定したADA残高はセカンダリーPINを入力しないと表示されないため、自分の保有残高の一部を隠すことが可能となります。

大量のADAを保有している場合は『資産の80%をセカンダリーPINを活用して保管して、残りの20%を通常の方法で保管する』といった方法をとることによって、脅された場合などの被害を20%に抑えることができると期待されます。

ただし、この機能を利用してセカンダリーPINを紛失してしまった場合などには自分自身が資産にアクセスできなくなってしまう可能性があるため、操作面・知識面・管理面で自信がない場合には利用しない方が良いと考えられます。

「Daedalus 3.3.0」で追加されたその他の新機能の詳細や設定方法などは、以下の「IOHK公式発表ページ」で日本語で解説されています。

>>「IOHK」の公式発表はこちら
>>「Daedalusのダウンロード」はこちら

2021年2月18日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は2021年1月初頭から順調に回復し続けており、今月12日には102円まで回復しました。その後はやや下落したものの、現在は再び回復してきており、2021年2月18日時点では「1ADA=99.53円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年1月19日〜2021年2月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月19日〜2021年2月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

COMSAがICO歴代7位に「それでも抱える問題点」

COMSAがICO歴代7位に「それでも抱える問題点」

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

Cardano(ADA)が「Ledger Nano S」で保管可能に|限定ウォレットプレゼント企画開催中

Cardano(ADA)が「Ledger Nano S」で保管可能に|限定ウォレットプレゼント企画開催中

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

注目度の高い仮想通貨ニュース

スマートアプリ:イーサリアムのGAS代高騰問題解決に向け「Polygon」と提携

スマートアプリ:イーサリアムのGAS代高騰問題解決に向け「Polygon」と提携

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

ロシア政府「公務員の暗号資産保有」を禁止|2021年4月1日までの処分求める

ロシア政府「公務員の暗号資産保有」を禁止|2021年4月1日までの処分求める

Twitter最高財務責任者「ビットコインの採用を検討中」と明かす|給与払い・投資など

Twitter最高財務責任者「ビットコインの採用を検討中」と明かす|給与払い・投資など

Moonstakeウォレット「セントラリティ(CENNZ)のステーキング」まもなく対応へ

Moonstakeウォレット「セントラリティ(CENNZ)のステーキング」まもなく対応へ

【国内初】暗号資産を対象とする「個人向け証券化商品」提供へ:eワラント証券株式会社

【国内初】暗号資産を対象とする「個人向け証券化商品」提供へ:eワラント証券株式会社

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

FXcoin:暗号資産現物取引で「最大10万円がもらえるキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す