【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

by BITTIMES   

仮想通貨市場全体で下落・低迷が続く中で「カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)」の価格が大幅な上昇を続けています。2021年2月27日時点のADA価格は2018年1月頃に記録した過去最高値ライン(133円〜150円)に到達しており、時価総額ランキングでは「3位」を獲得しています。

こちらから読む:XRPキャッシュバック機能付"XRP Card"発行へ「暗号資産」関連ニュース

ADA:過去最高値到達で「時価総額ランキング3位」獲得

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の価格は仮想通貨市場全体で大幅な下落・上昇が繰り返される中で2020年12月末頃から大幅上昇を続けており、2021年2月27日には過去最高値ラインとなる「1ADA=140円」に到達、時価総額ランキングでは「3位」を獲得しました。

ADAの過去最高値は暗号資産取引所によって多少の違いがあるものの、仮想通貨関連の総合的なデータを配信している「CoinGecko」のデータでは、ADAの過去最高値は2018年1月4日に記録した「1ADA=133円」とされているため、今回の価格上昇でADAは過去最高値を更新したことになります。

2017年10月18日〜2021年2月27日 ADAの価格チャート(画像:CoinGecko)2017年10月18日〜2021年2月27日 ADAの価格チャート(画像:CoinGecko

CoinMarketCapにおける2021年2月27日時点の時価総額ランキングTOP4(画像:CoinMarketCap)CoinMarketCapにおける2021年2月27日時点の時価総額ランキングTOP4(画像:CoinMarketCap

Cardano(ADA)長期的な価格上昇の原因は?

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)は技術開発が特に活発に行われているブロックチェーンプロジェクトとして知られていましたが、最近では「Cardanoブロックチェーン上でのトークン発行」や「マルチアセット対応機能」などが導入される大型アップデート『Mary(メアリー)』の実施日が日本時間2021年3月2日午前6時44分51秒(エポック251)に確定したことが発表されているため、この発表がADA価格上昇に拍車をかけていると考えられます。

また、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるコンセンサスメカニズムを採用しているCardano(ADA)ではステーキングに参加することによってADA報酬を獲得することができるようになっていますが、ステーキング関連のデータを公開している「Staking Rewards」のデータではADAのトータルステーク量は記事執筆時点で「74.04%」とされているため『ADA保有者の大半がADAを売却せずにステーキングし続けている』ということも長期的な価格上昇を支える要因の1つになっていると考えられます。

Cardano(ADA)のトータルステーク量は74.04%(画像:Staking Rewards)Cardano(ADA)のトータルステーク量は74.04%(画像:Staking Rewards

今月19日には、世界的に有名なアメリカのハードロックバンド「KISS(キッス)」のベーシスト・ヴォーカリストであるGene Simmons(ジーン・シモンズ)氏が約3,000万円相当のADAを購入したことが注目を集めていましたが、先日25日にはドバイを本拠地とする仮想通貨投資ファンド「FD7 Ventures」が『ADA・DOTの保有量を増やすために約800億円相当のBTCを売却する』ということも発表しているため、このような状況を踏まえて考えると、今後もADAへの投資活動はさらに活発化していくことになると予想されます。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

ブロックチェーン技術は今後「最も重要なイノベーション」機関投資家の40%が回答

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

OpenSea(オープンシー)の「登録・初期設定方法」画像付きでわかりやすく解説

OpenSea(オープンシー)の「登録・初期設定方法」画像付きでわかりやすく解説

Liquid:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

Liquid:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

Cardano基盤の分散型取引所「SundaeSwap DEX」21日公開へ|ISO詳細も

Cardano基盤の分散型取引所「SundaeSwap DEX」21日公開へ|ISO詳細も

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す