ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

by BITTIMES   

仮想通貨を活用してゲーム業界が抱える問題を解決することを目指す「Pocketful of Quarters」の最高経営責任者(CEO)は、なんとまだ11歳です。普通通り学校に通うCEOであるGeorge Weiksner氏は、わずか11歳でイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を開始しています。

11歳のCEOがこなす1日のスケジュールは?

海外の大手メディアであるMarketwachによると、オンラインゲームの仮想通貨を開発している「Pocketful of Quarters」のCEOであるGeorge Weiksner氏は、時間通りに学校や宿題を管理し、健康な睡眠スケジュールを立てているとのことです。

彼は6時頃に起きて、7時30分に学校に行きます。
学校で4時まで過ごした後はバスに乗って5時頃には家に帰ります。
家に帰ると宿題に取り掛かる彼は6時には宿題を終えます。
夕食を食べた後に、彼は暗号通貨の価格をチェックするとのことです。

彼は、就寝時間が午後8時であることから、Pocketful of Quartersでは僅か2時間しか働かないとのことです。

11歳のCEOはゲーマーが課金した「使わないコイン」を救う

Weiksner氏は取材に対して、課金制のゲームを利用する多くの人々が抱えていた問題を解決することを目指していると語っています。

現在の課金型ゲームは、課金したユーザーが飽きてしまった場合などには、購入したゲーム独自の通貨は無駄になってしまうことがほとんどです。
彼は、そのようなゲームに課金した「使わないコイン」を救うことができるプラットフォームの設計を目指しています。

Pocketful of Quartersは、既にICOで発行されるコインをこれらのプラットフォームで使用できるよう、多くのゲームプロバイダーとチームを組んでいます。このチームに参加する企業のゲームは、統一された仮想通貨を使用することができます。

これにより、プロジェクトに参加している企業はすでに利用されているゲーム通貨を簡単に自社のゲームに導入することができ、実際にゲームを利用するユーザーも単一の仮想通貨で複数の異なるゲームやプラットフォームにアクセスできます。

11歳のCEOが語る大きな目標

Weiksner氏は、Pocketful of Quarters社がICOで、約1,000〜2,000相当のイーサリアム(Ethereum/ETH)を調達することを目標としていると語っています。これは現在の価格で計算すると、約4,000〜8,100万円の価値となります。

まだ11歳である彼は、海外メディアで度々紹介されています。
数年後には、彼や彼のプロジェクトは世界的な大手企業となっているのかもしれません。

イーサリアムの価格は?

イーサリアムの価格は2018年4月1日の時点で1ETH=約40,000円となっています。

小学生でも活用できるイーサリアムは今後も幅広い需要がありそうです。

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

Chiliz:ブラジルの「S.C. Corinthians Paulista」と提携|$SCCPファントークン発行へ

Chiliz:ブラジルの「S.C. Corinthians Paulista」と提携|$SCCPファントークン発行へ

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す