注目を浴びる積立投資(ドルコスト平均法)のメリットとは

by BITTIMES   

ビットコインバブルの影響を受け、ビットコイン(BTC)投資への興味を持ち始める人口が増えている現在。手軽にビットコイン(BTC)投資を始められる「積立投資(ドルコスト平均法)」が注目を集めています。

ドルコスト平均法とは

「積立投資」とも呼ばれるドルコスト平均法。一言でいうと「毎月決められた予算で、決まった銘柄を買い続ける」投資方法です。この手法は投資手法の中でも定番と言え、素人でも結果が出せることで知られている方法です。

「一気に投資して、ハイリスクハイリターンを狙う」というよりは「コツコツ溜めて確実に増やしていきたい」「常に張り付くよりも"放置対応"で投資したい」という投資初心者に向いている手法です。

足元のビットコイン(BTC)の価格

最近のビットコイン(BTC)・バブルを受け、さらに注目を浴びているビットコイン。一度は急降下を見せたものの、今は再度回復し、2021年4月中旬現在では約55,000ドルと、未だ高い水準を保っています。

加速する企業の仮想通貨サービス導入

価格高騰の裏には企業の仮想通貨導入があります。

最近ではPaypalの支払いアプリVenmoでビットコインを含む仮想通貨での支払いが可能になった、という報道もあり、さらにWeWorkも同様の報道をしています。生活へ一層ビットコイン(BTC)が近づいたことが、相場の下げ止まりに寄与していると考えられます。

ゴールドマンサックスがBTCサービス導入を名言

ビットコイン(BTC)に参画する企業の中でも、注目を集めているのはゴールドマンサックスCEOのデビット・ソロモン氏の発言。ソロモン氏は『ビットコイン(BTC)と今後の金融機関との有り方に大きな進化がある』とし、その発言は世界的に注目されています。

金融機関のビジネスを考えると、顧客の需要に寄りそうことは必須。同社は2021年前半に、富裕層向けのビットコイン(BTC)を始めとした投資サービスの提供を開始予定です。

最近はクライアントの中でも仮想通貨への需要が高まり、通貨のデジタル化を迫られている、といった発言内容が、世間的に仮想通貨に対する考え方を変える後押しになっています。

今後も米企業を始めとした一般企業による仮想通貨参画は進むと見られ、ビットコイン(BTC)価格へ貢献する要因となりそうです。ビットコインのドルコスト平均法(積立投資)は大手「bitFlyer」や、キャンペーンやボーナスを頻繁に行っている「FBS(ボーナスページ)」にて行うことができます。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

開始わずか1時間で2億5千万円を調達した驚異の仮想通貨がPreICOを継続中!

開始わずか1時間で2億5千万円を調達した驚異の仮想通貨がPreICOを継続中!

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

無期限契約、先物、契約、、難解な用語ばかりで混乱していますか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

Zaif Exchange「シンボル(Symbol/XYM)の順次付与」を開始|国内取引所で初

Zaif Exchange「シンボル(Symbol/XYM)の順次付与」を開始|国内取引所で初

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Kraken:円建て暗号資産取引手数料を無料化「Fee Holiday」キャンペーン開始

Kraken:円建て暗号資産取引手数料を無料化「Fee Holiday」キャンペーン開始

PlanB氏:ビットコイン急落は「一時的な調整」2013年・2017年との比較画像で説明

PlanB氏:ビットコイン急落は「一時的な調整」2013年・2017年との比較画像で説明

米金融大手シティバンク「仮想通貨関連サービスの提供」を検討=報道

米金融大手シティバンク「仮想通貨関連サービスの提供」を検討=報道

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

決済処理大手Simplex「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」をサポート

決済処理大手Simplex「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」をサポート

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す