FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

by BITTIMES

仮想通貨は瞬く間に正当な資産クラスの地位を獲得し、有名な起業家やビジネス界の大物達が資金をつぎ込んでいます。シリコンバレーから東南アジアのスタートアップまで次から次へと仮想通貨業界に参入が相次いでいます。
https://www.coindesk.com/development-group-southeast-asian-consumers-too-bullish-on-crypto

仮想通貨市場は様々な課題に直面しながらも、成功を収めており、今後もその傾向は続くでしょう。その中で我々の調査により、最近、FX市場から仮想通貨市場へと移行しているトレーダーが増えてきていることが判明しました。

なぜ彼らは長い間確立されてきたFX市場から新興の仮想通貨市場への参加が相次いでいるのでしょうか?仮想通貨が誕生してからのこの約10年の間で仮想通貨が人々を引き込んだ魅力は何なのでしょうか?

FXトレーダーが仮想通貨に参入する理由

分散型の概念や単なる金儲けなど、仮想通貨が投資家を魅了する理由は数多くあります。投資家が仮想通貨投資を選択した理由は一つだけでは有りませんが、仮想通貨が持つそれぞれの魅力について解説していきます。

儲かる可能性

Overbit-PR-20210505-001

多くのトレーダーが仮想通貨に移行しているのは、成長の余地が非常に大きい、初期の市場だからです。ほとんどの人は、ビットコインが誕生した当時の投資には乗れていませんが、たった10年前に誕生した市場ということで、今後10年20年はまだまだ成長し続けるでしょう。

ビットコイン誕生からのはじめの10年の成長には及ばないものの、今後の10年でその半分の成長であれば充分に優れた投資対象であるといえます。現在ビットコインを正当な資産と考えている投資家達は、あの驚異的なリターンが再び得られる可能性に備えて資産の一部を仮想通貨に充てています。

若い市場であることで、アービトラージ(裁定取引)のチャンスもあり、今この瞬間も、多くのトレーダーが取引所で安く買って別の取引所で高く売っています。

資金の逃避先

Overbit-PR-20210505-002

また、仮想通貨市場は他の市場との相関性が低いため、世界的に何らかの壊滅的な崩壊が起きた場合の資金逃避先の有力な候補となっています。このことはニュースで何度も取り上げられ、大物投資家からも指摘されることが増えてきました。

パンデミックは現代経済の多くの弱点を浮き彫りにしました。膨大な数の景気刺激策がインフレへの不安をあおり、グレートリセットへの懸念もはらんでいます。

ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれ、過去何度も経済危機において価値の保存に成功しています。このような状況の中で、投資家はビットコインに注目しています。

「安全資産としての価値はない」との意見も一部ありますが「価値の保存や安全資産としての役割はある」というのが大方の意見です。

ブロックチェーン技術の非中央集権的(分散型)な考え方

Overbit-PR-20210505-003

大手ハイテク企業や政府が持つビッグデータ・寡占的なプラットフォームによるプライバシー侵害に多くの人々が不満を持っています。それに対し、ビットコインは、銀行をはじめとする中央集権的な権力者が行う不公平に対抗するために考案されました。

現在では、既得権益を持つ中央管理者の承認を必要とせずに価値を交換できる技術が存在しています。(お金ではなく、価値と言っていることに注意してください。)ブロックチェーン技術は、お金でも不動産でも、あらゆる種類の価値の交換に利用できます。

価値の交換時に人間が介在せず、プログラムによってのみ決定されると言う事実は、多くの人が仮想通貨の使用を検討し始める強いきっかけとなります。ビットコインの論文が発表された2008年当時、不況の影響を直接受けた人や、データ漏洩により被害を受けた人々は、この非中央集権的技術に飛びつきました。

このことはFXトレーダーが仮想通貨トレードへ移行している理由として、より現実的な理由の一つとなり得ます。

仮想通貨によるコストと時間の節約

銀行をはじめとする金融機関は、仮想通貨の導入に抵抗したり、独自の関連ソリューションを構築したりしていますが、それは単に銀行の仕事をする上で、仮想通貨のほうが遙かに効率的だからです。satoshi nakamotoはビットコインを考案した際真っ先に金融機関を非難しました。

銀行がこの仮想通貨に抵抗するために多くのリソースを投入したことは、価値の保存や交換手段としてのビットコインの有効性を証明しています。

ビットコインは分散型であるため、口座間の送金(およびそれに付随するすべてのプロセス)に手数料を取る第三者を排除します。これには、特に国際的な取引や大規模な取引の場合、莫大な費用がかかります。また、後者の取引には多くの時間がかかり、時には数週間かかることもあります。

ほとんどの人は、国際送金などはしないため、口座間の送金に関しては気にすることは無いかもしれません。しかし、国際的な寄付や、資金の移動が人の生死を左右するような場面ではどうでしょうか?旧来の送金フローは正しいとは言えません。

クロスボーダーでの送金では、仮想通貨は完璧なユースケースとして注目されています。事実、海外への出稼ぎ労働者は多額の資金を節約し、家族を助けることができています。

結局のところ、ビットコインおよびブロックチェーン技術は、グローバルな金融システムにアクセスできない、口座をも持たない貧困に苦しむ労働者を助けるための物なのです。

結論

これらの要素はFXトレーダーだけで無く、すべての人々が仮想通貨取引を検討するきっかけとなります。マネーロンダリングや違法資金の送金などのための手段と考えられていた時代は終わりました。それらの違法行為のほとんどはハードキャッシュで行われています。

OverbitはFXも仮想通貨もトレードが可能なクロスマーケットプラットフォームを提供しており、あらゆるニーズに応えています。

スマートデバイス、スマートシティ、ボーダレス経済の時代に向かうにつれ、他の資産クラスから仮想通貨に集まるトレーダーが増えることが予想されます。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁:コインチェックを仮想通貨交換業者として「正式登録」か

金融庁:コインチェックを仮想通貨交換業者として「正式登録」か

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

仮想通貨決済対応の米映画館AMC「シバイヌ(SHIB)」もサポートへ

仮想通貨決済対応の米映画館AMC「シバイヌ(SHIB)」もサポートへ

イケハヤ氏「XANALIA NFTART AWARDS 2021」のアンバサダーに就任

イケハヤ氏「XANALIA NFTART AWARDS 2021」のアンバサダーに就任

Symbol(XYM)ハードフォーク「Cyprus」の実施予定日時が決定

Symbol(XYM)ハードフォーク「Cyprus」の実施予定日時が決定

クオン:The Sandboxのメタバースに「Quan LAND」開設|キャラクターNFTも販売

クオン:The Sandboxのメタバースに「Quan LAND」開設|キャラクターNFTも販売

Chiliz Exchange:リーズ・ユナイテッドFCの「$LUFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:リーズ・ユナイテッドFCの「$LUFCファントークン」本日取引開始

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

ビットポイント:3,000円相当のジャスミー(JMY)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:3,000円相当のジャスミー(JMY)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

SKE48のNFTトレカ「Palette」で発行・配布へ|Hashpalette・coinbookが業務提携

SKE48のNFTトレカ「Palette」で発行・配布へ|Hashpalette・coinbookが業務提携

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

BitPay:仮想通貨決済割引を提供する「ブラックフライデーイベント」開催へ

BitPay:仮想通貨決済割引を提供する「ブラックフライデーイベント」開催へ

Fidelity:カナダ初の「機関投資家向けビットコインカストディサービス」提供へ

Fidelity:カナダ初の「機関投資家向けビットコインカストディサービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す