仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

by BITTIMES

強気とは何かという質問に対して、正確に答えられる初心者トレーダー少ないかもしれません。一般的に「強気(Bull)」とは、トレーダーがある資産の価格上昇を期待していることを意味します。5月にビットコインが半値になった後、機関投資家の買いによってさらに上昇し、現在も強気で推移していることを見てきました。しかし、強気という言葉は、デイトレードから数年先の経済全体まで、さまざまな範囲で使われています。

異なる文脈での強気の意味とは?

1989年にニューヨークのマンハッタンに建立されたCharging Bull(チャージングブル)の彫刻を見たことがあるでしょうか?「Wall Street Bull」とも呼ばれるこの彫刻は、苦難に打ち勝つ起業家精神を象徴しています。
この彫刻が設置される2年前には、株式市場が20%も暴落しました。いわゆる、「ブラックマンデー」と呼ばれる出来事です。一転して市場が回復した後、そのチャージング・ブルは一般に公開され、楽観的な新時代の到来を意味するようになったのです。

Overbit-PR

文化的な意味でのブル(Bull)は、このように成功のために新たな高みに向かって突進すること・強気相場を意味します。他方、ベア(Bear)とはパフォーマンスの低下、警戒心、資産価格の下落・弱気相場を意味します。
その上で、あるトレンドの結果、値動きがプラスになるかマイナスになるかを言いたいときには、フラッグを使います。

ブル・フラッグ vs ベア・フラッグ

短期的にも長期的にも、市場には容易に判別できる傾向があります。トレーダーはチャート上で、ベアフラッグまたはブルフラッグをマークし、その傾向を判断します。

  • ブル・フラッグ- 価格が上昇を続ける可能性が高く、強気の市場を形成している場合。
  • ベア・フラッグ- 価格が上昇を続ける可能性が高く、弱気の市場を形成している場合。

もし強気のポジションを取りたいなら、チャートの上向きに準じて、ビットコイン、株式、デリバティブなど、更に多くの資産を購入すると良いでしょう。一方で、弱気の状況を示す指標を見つけたら、さらなる損失を避けるために、すぐに資産を売却するでしょう。

Overbit-PR

ブル・フラッグを表した上のチャートを見ると、フラッグは2つの要素で構成されていることが見て取れます。

強い先行トレンド  ― Pole(ポール)。…保ち合い状態(フラッグ状態)になる直前の強い上昇
より緩やかなカウンタートレンドライン(トレンドと反対方向に引くライン)-Frag(フラッグ)
これらは、F1レースなどで使われるフラッグに形状が似ていることからこのように表現されます。

ローソク足の胴体が伸びてきたら、ブレイクアウトの合図です。ビットコインは、今年に入って何度も抵抗線を突破し、ブレイクアウトを実現しています。
もちろんこのパターンは、ときに価格がフラッグの境界線を突破しても、すぐにチャートが引っ込んでしまう、偽のブレイクアウトとして現れることもあります。

また同様に、ベア・フラッグはブル・フラッグを反転させたものに過ぎません。しかし、このような違いは、両者の区別に関する側面の一部に過ぎません。例えば『強気の市場と弱気の市場の違いは、完全に時間枠に依存する』ということが挙げられます。2020年1月にはビットコインの価値は7,000ドルを上回る程度でしたが、2020年12月には26,000ドル以上に上昇しました。この事象だけを切り取れば、強気相場と言えますが、それでも2020年3月にはビットコインは5,000ドルまで急落することもありました。

このことから、ビットコインの市場は長期的には強気であると結論づけられますが、3月の2週間で弱気になったように、強気の見通しに準じて取引に入っても、短期的な仮想通貨取引においては弱気になることもしばしばあります。

Overbit-PR

短期的な強気 vs 長期的な強気

デイトレーダーは、市場に対する弱気な見方と強気な見方を常に切り替えています。デイトレーダーは、市場の指標やチャートを読み、価格の動きを把握します。そして、強気か弱気のどちらかに賭けて、利益を得るのです。

特に株式では、売られすぎていると判断した場合、市場が反転するタイミングを見計らって株を買うことが多いです。つまり短期的な利益を得ようとするトレーダーは、企業や資産が長い目で見て強気であるということを信じて弱気の市場を俯瞰しているところで、今がチャンスと株を購入し利益を出そうと試みているのです。

一方で、長期的に強気のトレーダーは、その資産が1年以上、はたまた数年以上をかけて価格が上昇することを信じて、週や月のスランプを無視します。

仮想通貨の領域では、ホドラー(Hodler:ビットコインを取引せずに保有し、ボラティリティに関係なく買い増しをする人たち)にこの傾向が見られます。彼らはビットコインのシステム全体にわたる特徴を投資価値として、長期間保有します。

近年、トレーダー・投資家は、米連邦準備制度理事会(FRB)が通貨供給量を大幅に増やすことによる米ドルのインフレ化を警戒しています。これは、多くの機関投資家がビットコインをデジタルゴールドの一形態として注目した理由でもあるのです。彼らは、ハイパーインフレの可能性に対して、分散型のビットコインに期待しています。これが大量のビットコインの購入につながり、強気の市場を作り出しているのです。

同様に、マクロ経済の懸念は株式市場にも適用できます。例えば、2008年の金融危機からの回復を受けて、2009年から2015年の期間は強気の相場と考えられていました。

最後の注意事項

多くの場合、ベアフラッグとブルフラッグはトレーダーにとって非常に有用です。しかし、ブレイクアウトが強い出来高に裏打ちされていない場合、これらの値動きに賭けるのは注意が必要です。多くの場合、出来高の少なさは偽のブレイクアウトを意味しており、取引のパフォーマンスを低下させる可能性があります。

そのため、RSI(相対力指数)を活用しましょう。RSIは、過去一定期間の資産の価格変動を示すモメンタム(相場の勢い)指標です。RSIは、真のブレイクアウトかどうかをより正確に判断するのに役立ちます。損失を回避するために「Overbit」の無料デモアカウントを使って、仮想通貨取引のスキルを試すことをおすすめします。


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange「アライアンス」「シント=トロイデンVV」のファントークン取扱いへ

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

ブレイブ:プライバシー重視の独自検索エンジン「Brave Search」ベータ版公開

ブレイブ:プライバシー重視の独自検索エンジン「Brave Search」ベータ版公開

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

下落中のビットコイン「一時反発」次に注目すべき価格帯は?

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

エルサルバドルの人権団体「政府のビットコイン購入・ATM設置」についての調査を依頼

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

Socios.com:カリブ海地域のプロクリケットリーグ「Caribbean Premier League」提携

Socios.com:カリブ海地域のプロクリケットリーグ「Caribbean Premier League」提携

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す