PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

by BITTIMES   

暗号資産を含めた様々な金融商品を取引することができる証拠金取引プラットフォーム「PrimeXBT」は、クライアント中心の取引プラットフォームとして、プラットフォームの利便性・設計・取引全体での体験などを改善するための新しい方法を常に模索しています。最近、新たに複数の通貨をサポートした同社は「受賞歴のあるビットコインベースの証拠金プラットフォーム」としての枠を飛び越えています。

受賞歴を持つ取引プラットフォームである「PrimeXBT」は、証拠金口座の対応通貨をETH・USDC・ USDTに拡張したため、『BTCを持っているが他の通貨でも証拠金取引を行いたい』または『資本戦略の一部としてステーブルコインなどの他の通貨を使用したい』と考えているトレーダーは、全く新しい「取引所機能」を使用して、その場で素早く簡単にコインを交換できるようになりました。

PrimeXBTでアカウントの通貨を交換する理由

PrimeXBTは、最初にデビューした受賞歴のある証拠金取引プラットフォームであり、ビットコインベースのCFD(差金決済取引)のみを提供しています。これはビットコイン(BTC)で決済される外国為替・株式指数・商品などの契約取引を指します。

PrimeXBTは「1つの通貨の口座」からサービス提供を始めることによって『ユーザーの取引体験を完成させ、革新的な取引ツールを開発すること』に重点を置いていましたが、仮想通貨エコシステムが成長するにつれて『他の暗号資産を使用したい』という需要が増加しました。

PrimeXBTは、自社のインフラをETH・USDC・USDT(ERC-20)に対応した「バージョン2.0」へとアップグレードすることによって、それらの需要に答えています。追加されたこれらの暗号資産は、プラットフォーム上の証拠金取引口座の資金として使用することができます。

リスクを嫌うトレーダーの人々は『通貨自体が損益に与える影響が少ない』という理由から、証拠金口座の預入金としてステーブルコインを使用することを好みます。

具体的な例を挙げると、BTCを証拠金にしてショート(売り)で利益を出したとしても、ビットコイン価格が下落した場合には合計値で損失となる可能性があります。しかし、ステーブルコインを証拠金として使用した場合には、ショート分の利益のみを得ることができます。

逆に、ビットコインが上昇トレンドの場合は「ロング(買い)ポジションからの利益」と「ビットコイン価格上昇による利益」を共に得ることができるため、この場合にBTCを証拠金として使用するメリットは明らかです。

PrimeXBTでは現在「BTC・ETH・USDC・USDT」を証拠金として使い分けることができるため、各通貨の利点をうまく使い分けてより効率的に利益を狙うことが可能となっています。

新たな通貨両替機能を利用する方法

PrimeXBTではあらゆる種類の高度な取引ツールが取り揃えられていますが、そのプラットフォームは驚くほど簡単に使用できるように設計されています。利便性は取引プラットフォームへの支持とリピーターを構築する上での重要な要素であり、これが「通貨を別の通貨に交換する機能の導入」が簡単ではなかった理由です。

PrimeXBT バージョン2.0」では、メインダッシュボードページに新しく「Exchange」ボタンが追加されました。このボタンをクリックすると、各暗号資産と金額などを入力するためのポップアップウィンドウが表示されます。

ユーザーが表示された暗号資産の中から希望する通貨を選択して金額を入力すると、モジュールは最新のレートに基づいて交換時に取得できる暗号資産の数量を導き出します。なお、この数量は最新のレートに基づくために15秒ごとに更新されます。ユーザーが交換を承認すると、指定した金額がユーザーのウォレットから自動的に差し引かれ、交換された暗号資産は即座に対象アカウントへと入金されます。

交換内容はレポートセクションの転送の項目に含まれます。これは「複数通貨のサポート」および「v2.0へのアップデート」と共に追加された新たなエリアです。交換サービスは「PrimeXBTの紹介プログラム」を通じて獲得した暗号資産を別の取引所に移動させることなく交換できる簡単な方法も提供します。これは、PrimeXBTが『世界中のトレーダーのための究極のワンストップサービス』となるための新たなステップです。


免責事項:この記事は「PrimeXBT」から寄稿された記事の翻訳記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

ドローン用いた「荷物盗難防止」にブロックチェーン活用|IBMが特許を取得

ドローン用いた「荷物盗難防止」にブロックチェーン活用|IBMが特許を取得

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

仮想通貨決済処理のBitfinex Pay「MetaMask(メタマスク)」との連携開始

仮想通貨決済処理のBitfinex Pay「MetaMask(メタマスク)」との連携開始

VRNFTアート制作アプリ「SnowCanvas」ベータ版公開

VRNFTアート制作アプリ「SnowCanvas」ベータ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す