Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

by BITTIMES

デリバティブ取引所「Bitget(ビットゲット)」が開催した第1回のKCGIは成功と共に終了しました。公式発表によると、世界中から合計7,467人のトレーダーが大会に参加し、賞金と賞品を競い合いました。その中で、5,351人が個人戦に参加し、67チームがチーム戦に参加しました。

その結果、個人戦では、英語部門のChrwinが、卓越した取引能力と運用スキルにより、「スーパーヒーローズ試合」のチャンピオンに選ばれ、総収益は467,614.2USDTとなりました。一方、Oneirosは、2,703.97%という超高収益率(PNL%)で他を上回り、「スーパーリーダー試合」の勝者になりました。

チーム戦では、BMosterチームは51,130.31USDTの総収益で1位になり、2位と10,000ドル以上差をつけております。DW LABチームとAK-Tradeチームが2位と3位に続き、それぞれ33,657.94USDTと20,804.54USDTの収益を上げました。

今年の個人戦の優勝者のChrwin氏は、下記のように述べました。

KCGIに参加できてとてもうれしいです。たくさんの優秀な仲間と競争するのはとても楽しいです。Bitgetが提供するこの素晴らしい機会に本当に感謝しています。以前にもたくさんの大会に参加したことがありますが、この大会の経験は素晴らしいです。来年のKCGIを楽しみにしています!

ユベントス史上初の腕章スポンサーであり、PGLの公式パートナーであるBitgetによって開催されたKCGIは、世界中の暗号資産愛好家だけでなく、スポーツやゲーム業界のユーザー様からも注目を集めており、ソーシャルメディアで活発な議論が行われています。Bitgetはまた、膨大なトラフィックと注目を集めています。

KCGIのフルネームである「King's Cup Global Invitational」は、Bitgetが毎年開催するイベントであり、現在、暗号資産デリバティブの分野で最大のトレーディング大会の1つです。この大会には、韓国語、日本語、英語、ロシア語の4つの地域があり、世界中の50を超える国と地域をカバーしています。

Bitgetは、世界に5番目に大きなデリバティブ取引プラットフォームとして、世界中の180万人のユーザー登録者に対して暗号資産取引サービスを提供しています。業界トップのトレーディング大会を開催し、公正な取引に取り組むことは、Bitgetの顧客第一、透明性、開放性の価値観とも一致しています。

Bitgetのグローバル戦略責任者であるJames Lee氏は、次のように述べています。

グローバル取引所として、Bitgetは活発なトレーダーと通常のトレーダーに技術の交換と公正な競争の舞台を提供できることを嬉しく思います。彼らの才能と熱意はデジタル取引の発展に大きな力を与えると信じています。将来的にはKCGIを毎年恒例のイベントにし、より多くのユーザー様が参加できるようにし、暗号資産デリバティブ取引の影響力を拡大します。

>>「Bitget公式ウェブサイト」はこちら
>>「Bitget公式Telegram」はこちら
>>「Bitget公式Twitter」はこちら
>>「Bitget公式Instagram」はこちら
>>「Bitget公式YouTubeチャンネル」はこちら
>>「Bitget公式LINEアカウント」はこちら
>>「Bitget」の会員登録はこちら


免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

カルダノ財団:スイスのフィンテック企業「Lykke Corp」と提携へ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

コインチェック:Amazonギフト券が当たる「テレビCM放送記念キャンペーン」開催

ビットバンク:Android向けアプリで「ウィジェット機能」提供開始

ビットバンク:Android向けアプリで「ウィジェット機能」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタバース対応NFTトレーディングカードゲーム「NFT DUEL」を発表:NOBORDER.z

メタバース対応NFTトレーディングカードゲーム「NFT DUEL」を発表:NOBORDER.z

Chiliz「2021年第3四半期分のバーン完了」を報告|新たに7,536,284CHZを処分

Chiliz「2021年第3四半期分のバーン完了」を報告|新たに7,536,284CHZを処分

ビットポイント「チェーンリンク(Chainlink/LNK)の現物取引サービス」提供へ

ビットポイント「チェーンリンク(Chainlink/LNK)の現物取引サービス」提供へ

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

手塚プロダクション初の「公式NFTプロジェクト」始動|鉄腕アトムの原稿アートNFT発行へ

手塚プロダクション初の「公式NFTプロジェクト」始動|鉄腕アトムの原稿アートNFT発行へ

NFTの売買・保管をより簡単に「Blockchain.com NFT」β版公開へ|事前登録受付も開始

NFTの売買・保管をより簡単に「Blockchain.com NFT」β版公開へ|事前登録受付も開始

マッチングアプリ「Tinder」メタバース参入やアプリ内通貨発行を検討

マッチングアプリ「Tinder」メタバース参入やアプリ内通貨発行を検討

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年11月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年11月21日〜27日

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米映画館チェーンAMC「SHIB決済」正式対応へ|BitPayにシバイヌサポートを依頼

米映画館チェーンAMC「SHIB決済」正式対応へ|BitPayにシバイヌサポートを依頼

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す