IOTAが支えるIoTの未来と可能性

by BITTIMES

世界中でIoT機器が大きく普及し始めています。IoTとはInternet of Things
つまりモノをインターネットとつなげて全く新しい可能性を見出す最新技術です。

最近各社が競ってリリースして話題となっているスマートスピーカーもIoT機器の一つです。

IoTが抱える様々な問題

IoTは前述通り、モノがインターネットとつながって初めて機能するテクノロジーです。
モノが収集したデータをインターネットを経由してデータベースへ蓄積し、この収集したデータを使って新しい価値を見出すものです。
そして、インターネット回線を利用するには通常回線の使用料が必要となります。
一つ一つのデータ通信量はごくわずかでも、世界中に何億というIoT機器があふれ、あらゆるIoT機器がインターネットを使用するとなると そのデータ通信量は莫大な量になることは想像に難くないと思います。

このような問題を解決できる可能性を持った技術が次項で紹介するIOTAです。

IOTAとは?

iota logo

アイオータ(IOTA/MIOTA)は2015年に始まった仮想通貨プロジェクトです。
IOTAはIoT(Internet of Things)への利用に特化した仮想通貨として開発されています。
IOTAの特徴として「Tangle」という独自技術があります。
この技術によって手数料無料&高速送金という夢のような機能がIOTAにおいて実現しています。

「Tangle」は新たな仮想通貨の台帳技術構造である「Directed Acyclic Graph」(略してDAGと呼ばれます)を利用した技術で、
このDAGの構造を利用した仮想通貨は「DAG通貨」と呼ばれます。

Directed Acyclic Graph(DAG)

DAG」は従来のブロックチェーンに次ぐ新たな仮想通貨の基盤システムとして注目されており、NANOやByteballなどもDAG通貨です。
その中でも現在時価総額最も高いのがこのIOTAです。
IOTAにはマイナー(採掘者)が存在せず、トランザクションを発行するネットワーク参加者全員が認証活動に参加することで維持されています。
この理由からIOTA他のブロックチェーン技術と比べても特に非中央集権的な立ち位置を確立しています。
マイナーが存在しないため基本的に送金手数料が無料となっています。

DAGについて解説している記事はこちら

IOTAの活用事例と今後の可能性

自動車分野の変革に!フォルクスワーゲンの例

volkswagen

ドイツの自動車メーカーフォルクスワーゲンは、将来自動運転技術に切り替えていくことを目指しており、IOTAは投資をする十分な条件が揃っているといいます。
同社CDOのヨハン・ジョンワース氏はツイッターでこう述べています。

「自律的な価格設定、駐車、充電、清掃、メンテナンスなどの支払いを行う起業家としてのMaaSの自動運転車を想像してみてください。私は分散型台帳技術と分散型コンピューティング、特にタングルを大いに信じています。#IOTA」

クリーンエネルギー時代を支える

IOTA充電器に接続されたミニテスラ(blog.iota.orgから)IOTA充電器に接続されたミニテスラ(blog.iota.orgから)

オランダで実験が進められている電気自動車の充電ステーションではIOTAを使ったエンドユーザとの通信や支払いを実装しており、
Tangleに記録されたデータは信頼性が高く反芻できない管理が保証されています

現在この充電ステーションは一般向けに試験場で設置されており、子供用の電気自動車などでのテストが行われていますが、今後実用化が進めば一般的に利用されている電気自動車でも利用することができます。

IOTAが持つ、セキュアなデータ転送、無償のリアルタイム通信、高いトランザクションスループットは世界中の様々なエコシステムをサポートする
重要な位置づけとなりりつつあります。

電気自動車充電ステーションの詳細はこちら

街全体をIoT化 | 台北市が構想する未来都市「スマートシティ」

台北市とIOTA財団の覚書調印式台北市とIOTA財団の覚書調印式(IOTAから財団)

デジタル市民カードと呼ばれる不正開封防止機能を備えた画期的なシステムは、IOTAの特徴を利用して実現しています

また、気温や空気、汚染を感知する手のひらサイズのセンサー「Airbox」を街中に配置しています。
街全体を包括的な環境センサーネットワークで覆い、エアデータを絶えず収集し共有しています。
今後さらに研究開発が進めば、現在の環境問題も大きく改善できるでしょう。

スマートシティを目指す関係者からのコメントも

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

今年に入って100円近くまで下落したIOTAの価格は、その後は順調に回復し200円を超えています。
今後も様々な分野で活用されるIOTAには多くの期待が寄せられています。

IOTAはBINANCE(バイナンス)などで購入することができます。
>>Binance

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

IOTAが国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携|ブロックチェーン技術で支援

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

仮想通貨IOTA(アイオータコイン)とは?購入できる取引所と買い方

仮想通貨IOTA(アイオータコイン)とは?購入できる取引所と買い方

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月15日〜21日

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

15歳天才ハッカー「Bitfi Wallet」にゲームをインストール|John McAfeeを嘲笑う

15歳天才ハッカー「Bitfi Wallet」にゲームをインストール|John McAfeeを嘲笑う

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がOKExに上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がOKExに上場

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す